「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■優しい密室 第2巻/原作:栗本薫、漫画:まんだ林檎
《ストーリー》
名門女子高校内で突如起こった殺人事件。
女子高生・森カオルと謎の教育実習生・伊集院大介は、
現場の体育館用具室を調査する。
その後、生徒会長・高村竜子が屋上から飛び降りて――!?

《収録話》
「優しい密室」
「伊集院大介の一日」読切

《感想》
完結です。王道ミステリー漫画です。

主人公の森カオルがかなり明るいキャラなので、
終始明るい雰囲気で楽しく読ませていただきました。
殺人のトリックが題名「優しい密室」にひっかけてあって、なるほどなぁと感心。

読切「伊集院大介の一日」も楽しく読ませていただきました。
伊集院大介さんは凄腕の名探偵ですが、一歩間違えると不審者ですな。

第1巻の感想を書いた記事はこちら

点数=6点(王道ミステリー漫画。良作です。)

優しい密室 2 (2) (CR COMICS 名探偵伊集院大介)
栗本 薫 まんだ 林檎
4861763959
ジャイブ 2007-11-07
おすすめ平均 star
■探偵綺譚~石黒正数短編集~
《ストーリー》
おなじみ先輩後輩コンビが友人失踪のミステリーに挑む!
ファン待望の表題作を始めとして…石黒正数の多彩な魅力を満喫できる
全11作品+α収録の傑作短編集!!

《収録話》
「探偵綺譚」
「スイッチ」
「14歳 性の相談室」
「気の抜けたビールで」
「カラクリ」
「血の連判状」
「スペースレンジャー・ゴーファイブ」
「修学旅行」
「薄暗い穴の底から」
「南国ピクシー」
「南国番長」
あとがき&自作品解説
未発表ラクガキ集

《感想》
あれ…?あんまり面白くなかった。
前の短編集が良かったから超期待していたのに…orz
とはいえ、面白い作品もありました。
「薄暗い穴の底から」が一番のお気に入りで、
「スイッチ」「14歳 性の相談室」「カラクリ」も面白かったです。

「薄暗い穴の底から」
ファンタジー。出口のない大きな穴に落ちてしまった二人。
寄せ集めのガラクタで空飛ぶ機械を作るが電池が足りない。
なんとか電池を確保した二人だが…。

6ページという短い作品ですが、無駄な部分がなくて話に入っていけました。
オチも良い意味で裏切られ、楽しかったです。
石黒正数さんの異世界モノの作品って面白いのが多いので
もっとファンタジーとかSFをたくさん描いて欲しいなぁ。

「スイッチ」
同じ時期に学校へとやってきた転入生二人。
一人はおとなしい雰囲気で、もう一人はどう見てもヤクザな風貌の男。
おとなしい方の転入生と仲良くなった主人公。
その転入生は、自分は体に爆弾を埋め込まれた実験体だと言い、
その爆弾の起爆スイッチを主人公に託す。
一方で、ヤクザな風貌の転入生にカツアゲされる主人公。
おとなしい方の転入生も、ヤクザな奴に呼び出される。
二人が近くにいる時にスイッチを押せば、ヤクザな奴を殺せるが…。

これも良い意味で裏切られた作品。
スイッチの押すのか、押さないのか。って
主人公が高校生だったから、余計にリアルで面白かったのかも。

「14歳 性の相談室」
偶然クラスメイトの胸チラを見てしまった主人公。
ノーブラに見えたが、本当にノーブラなのか盛り上がる仲間達。
真相を本人に確認する事にしたのだが…。

くだらない。けど、そこが良い。
ノーブラなのか、本人に確認した時の主人公の表情が可愛かったです。笑。

「カラクリ」
不登校の女の子が主人公。
肉体が死んだ後もサイボーグとなって生きていたおじいちゃん。
そんなおじいちゃんが完全に死んだ後、ベッドに鍵穴を見つける。
鍵を探す主人公だが、おじいちゃんとの優しい思い出が蘇り…。

孫思いのおじいちゃんの愛情が暖かい作品。
最初読んだ時は分からなかったけど、読み返すと
おじいちゃんの愛情がひしひしと感じられて良い作品でした。

点数=6点(前の短編集はファンタジーが多かったけど、今回は現代を舞台にした作品がほとんどでした。面白い作品もいくつかありましたが、全体を通してみると普通の短編集だったかな。)

探偵綺譚~石黒正数短編集 (リュウコミックス)
石黒 正数
4199500669
徳間書店 2007-12
おすすめ平均 star
■秘メガネ男子倶楽部/河丸慎
《ストーリー》
白金高校写真部に存在する影のクラブ――
それは、(秘)メガネ男子倶楽部!!
そこでは日々、メガネの似合う男子をピックアップしては、
みんなで密かに愛でるというマニアックな営みがなされていた。
そんなメガネフェチな女子達の胸キュンLOVEをお楽しみあれ。

《収録話》
ファイル1「クール ビューティ」
ファイル2「メガネをかけたキミ」
ファイル3「彼のメガネの向こう側」
ファイル4「おっきくて、優しいメガネ」

《感想》
メガネ男子倶楽部の女の子とメガネ男子の恋愛を描くオムニバス作品です。
マニアックなタイトルですが普通の少女漫画ですよ。

メガネ男子は4タイプも登場するので、自分の好みのメガネ男子が
1人くらいはいるかもしれませんね。
ちなみに、「黒髪・理数系・クールなメガネ男子」「遊び人タイプのメガネ男子」
「生徒会長のメガネ男子」「スポーツマンのメガネ男子」の4タイプが登場します。

私は「遊び人タイプのメガネ男子」の話が一番良かったと思います。
メガネ男子の自信満々の表情がかっこよかったし、
ツンデレな女の子がメガネ男子に振り回されてて可愛かった。

あと、巻末の描き下ろし漫画「デート編」がすごく面白かったです。

点数=6点(マニアックなタイトルですが健全な普通の少女漫画です。)

秘メガネ男子倶楽部 (フラワーコミックス)
河丸 慎
4091313345
小学館 2007-11-26
■電撃デイジー 第1巻/最富キョウスケ
《ストーリー》
“何があっても君を守ってあげる――”
唯一の肉親・兄を亡くした照の心の支えは、
兄がくれた携帯電話に届くDAISYという謎の人物からのメール。
ある日、照はひょんなことから不良公務員・黒崎の下僕として働くことに。
でもこの極悪オトコ・黒崎が実は…!?

《収録話》
その1「その男、不審につき」
その2「仮にもヒーローですから!」
その3「自分、まだまだ青いっす。」
その4「その人は、近くて遠い」
「電撃デイジーEXTRA」

《感想》
主人公の心の支えになっているDAISYが、実は、
極悪オトコ・黒崎なんだけど、主人公はそれに気づかず、
また黒埼も事情があり名乗り出る事が出来ず…!!という内容。

普段は鬼畜な黒崎が、照のピンチの時は必ず助けにきてくれるという
王子様な展開が乙女向きで良いですね。
優しい時の顔が半端なく甘いし、そのギャップが良いんでしょう~。

番外編の「電撃デイジーEXTRA」はエロいかんじでノリが良くて面白かったです!
こっちのノリも結構好きだな。本編より好きかも。

最富キョウスケさんの漫画は安定して面白いのでオススメしやすいんですが、
この漫画は設定に若干無理やり感があるので、そういうのを気にしない人じゃないと
楽しく読めないかもしれません。

点数=6点(楽しい漫画)

電撃デイジー 1 (1) (フラワーコミックス)
最富 キョウスケ
409131306X
小学館 2007-10-26
おすすめ平均 star
■スイートブラック/西形まい
《ストーリー》
早桐はハルの気になる幼なじみ。
幼い外見にコンプレックスを持つハルと人気モデルの早桐。
2人の距離は近くて遠く――。ハルの想いは届くのか…?

《収録話》
「スイートブラック」第1話~第4話
「仮面のピアニスト」読切作品

《感想》
「スイートブラック」は表紙買いでしたが結構満足出来ました!

一番良かったのは、絵が丁寧で綺麗だった事ですね。
女キャラはあんまり可愛くなかったけど、男キャラが美形ばっかりで良い!
男キャラはモデルでかっこいいのに、どこか間の抜けている雰囲気があって
そのギャップが良かった!早桐とジェイ、2人とも良いキャラしてました~。

40cmの身長差カップルとの事ですが、その設定は活かしきれてなかった印象。
絵的にも、女キャラが小さく見えない場面が多々あったし、男キャラもそんなに
背が高いふうには見えませんでした。それが少し残念です。
でも、モデルという職業は上手く活かして話に盛り込まれてて
良かったんじゃないかと思います。

「仮面のピアニスト」も、男キャラが美形なんだけど間の抜けたキャラですね。
この作品は、設定を無理矢理にしすぎたかんじがあんまり好きではないです。

点数=6点(絵が綺麗で良いと思います~。)

スイートブラック (花とゆめCOMICS)
西形 まい
4592184386
白泉社 2007-10-19
おすすめ平均 star
■ふくふくふにゃ~ん NEW3/こなみかなた
《ストーリー》
おばあちゃんとマイペース猫・ふくふくの
のんびりゆったり猫日記。

《収録話》
「後の猫祭の巻」「虫の千声 猫の一声の巻」「藪をつつういてトゲを刺すの巻」
「好物に祟り有りの巻」「寝耳に紅葉の巻」「求めよさらば与えられんの巻」
「塵も積もれば猫につくの巻」「ダルマさんが起きた!の巻」「仲良き事は美しき哉の巻」
「猫に老婆心の巻」「能ある猫は耳を伏せるの巻」「敵はランドセルにありの巻」
「花あれば虫ありの巻」「猫を追うより魚をのけよの巻」「争うより割るが易しの巻」
「以心伝心 猫心の巻」「晴天は寝て待ての巻」「想えば想わるるの巻」
「備えあっても愁いありの巻」「怯える猫は犬をも掴むの巻」「立つ猫跡を濁さずの巻」
「長生きすれば喜び多しの巻」「適材適所の巻」「ダ~ルマさんがこ~ろんだ♪の巻」
コミックス初収録漫画「かわいそ山のオニ子ちゃん」

《感想》
ふくふくかわえぇぇぇぇぇぇ(*´ロ`*)
目がしばしばしているコマが一番ツボでした。

おばあちゃんと猫が中心となった漫画なので、
非常に時間の流れがゆっくり感じました。
まったりしたい時とか癒されたい時に読み返したい漫画です。

点数=6点(癒し系猫漫画)

ふくふくふにゃ~ん NEW3 (3) (KCデラックス)
こなみ かなた
4063723593
講談社 2007-10-12
おすすめ平均 star
■気がつけばいつも病み上がり 本当にあった安田の話/安田弘之
《ストーリー》
水虫で「死」を宣告!?
自己流で痔を完治!!
山ごもりでウツ病脱出…
病を笑いで吹き飛ばす闘病エッセイ!!

《収録話》
第1章「男の病編」
#1「毛ジラミ」
#2「水虫&ノロウイルス」
#3「痔」
#4「ウオノメ」
#5「水虫再発!」
#6「ちくのう」
第2章「心療内科編」
#7「ウツ」
#8「失踪」
#9「宗教入信!?」
#10「号泣ヒプノセラピー」
#11「待てない君 耐え杉君」
第3章「アニマルセラピー編」
#12「わくわくモチランド」
#13「わくわくモチランド2」
#14「わくわくオグラランド」
#15「ハゼ献上」
#16「お魚セラピー」
「あとがき」

《感想》
「男の病編」はちょっと汚い病気(←失礼)ばっかりですが、
医者のキャラが面白かったりして、楽しいかんじになってました。
水虫などの病気にどういう風に感染するのか書いてあって
勉強になるのも良かったかと思います。

「心療内科編」は、ウツ話なのにギャグぽく書かれてあるから楽しく読めましたね。
一歩間違えたら死ぬとこまでいってたけど、描写が面白かったです。

「アニマルセラピー編」は、ウサギがとにかく可愛かったーーー。
ウサ飼いには堪らないイラストばかり(*´ロ`*)!!
安田さんのウサギエッセイ漫画は、面白いからもっと読みたいです!
お魚セラピーはただのパチンコ漫画でしたw

点数=6点(身近な病気について説明も書かれてあるので勉強になったし、ウサギが可愛くて良かったです。)

気がつけばいつも病み上がり―本当にあった安田の話 (akita essay collection)
安田 弘之
4253107060
秋田書店 2007-07
■チノミ 第1巻/吉永龍太
《ストーリー》
郊外の静かな町、東八森。
そこには、日曜日に「血」の料理を食べる人々「血飲み」が暮らしていた。
ある日、一人の女が全身の血を抜かれ殺される事件が起こる。
そんなとき、しがないフリーター、ユーイチは驚くべき「血」の秘密を握る!

《収録話》
第1話「パープル・ビギニング」
第2話「ウォーキング・ザ・レッド」
第3話「シンク・ブルー」
第4話「パープル・サンデー」

《感想》
絵柄もそうだけどコマ割りなども独特な作風です。
私は、チノミを読んで最初に荒木飛呂彦さんを思い浮かべたのだけど、
人の傷口や小物まで細かく描写してあるところが荒木さんに似ていると思います。

話も結構独特ですね。
毎週日曜日に血の料理を食べるって想像しただけでも
気持ち悪いのに、そういうチノミの人達が複数暮らしている町って
絶対行きたくない!って思いました。w
チノミ達のリストを作っている「クロセビロの人」なるものも存在する
みたいで、今後どういう風に絡んでくるのかな~と楽しみ。

あと、体中キズだらけの女性は、痛々しくて見てられなかったです。
(とは言いつつちゃんと全部読みましたが)、殺され方も酷かったし
救いどころがなくてかわいそうだったなぁ。

点数=6点(独特の雰囲気に包まれた世界観。まだ始まったばかりです。)

チノミ 1 (1) (アフタヌーンKC)
吉永 龍太
4063144704
講談社 2007-09-21
■二人の騎士/黒子たいる
《ストーリー》
転校生の由奈に最初に声をかけてくれたのは
校内で大人気の超イケてる双子の陽一と太一。
仲良くなったのもつかのま、二人から別々に告白されちゃった!?
私、どちらを選んだらいいの~!?

《収録話》
「二人の騎士」
「二人の騎士Secomd」
「チェリーWE LOVE」
「迷宮心理学」
「幸せな人魚姫」
「あとがき」

《感想》
H度は普通。
表題作の「二人の騎士」は3Pモノです。
ストーリーはベタな展開ですが、双子の3Pモノが好きな人なら
満足の出来る内容だと思います。

表題作以外の読切作品は、3Pではなくて男女カップルモノです。
こちらもベタな内容ですが面白かったですよ。

点数=6点(主人公の子が小さくて萌え)

二人の騎士 (カルト・コミックス sweetセレクション)
黒子 たいる
4773096454
笠倉出版社 2007-12-15
■BLUE DRAGONラルΩグラド 第4巻/原作:鷹野常雄、漫画:小畑健
《ストーリー》
今まで見てきたものや出会った人達を守るために戦う…。
ラルはこの想いを胸に刻み、人類の存亡を懸けた闇女王との
最終決戦に臨む!現世に残りたるは光か闇か…。
ラルとグラドの一大叙事詩に幕が下りる!!

《収録話》
TALE23「Immortal」
TALE24「Fate」
TALE25「Scream」
TALE26「Strength」
TALE27「Awake」
TALE28「Run」
TALE29「Friend」
「ラルΩグラド設定資料集」
「あとがき」

《感想》
不人気のために連載打ち切り。
第4巻で終わりです。

個人的には好きな作品でした。

世界観は王道のファンタジーで良いし、
影の設定もジョジョのスタンドみたいで面白いし、
絵は小畑さんだし、キャラクターも個性的で良いし、
週刊少年ジャンプで連載してなかったら、最後まで
きっちり描かせてもらっただろうと思うぐらいの出来。

なんでこれが打ち切りに…orz
もったいない…orz

巻末に載っている「設定資料集」のラル・ダークバージョンの
デザインがかっこいいから、こっちのデザインで描いていたら
女子の人気も得て打ち切りにならなかったんではないか、とか
いろいろ考えてしまう。

あと、本編のエンディングのセリフはジャンプ編集者の助言により
書き直されたらしいのですが、書き直される前のセリフが巻末に載っています。
私は原作者の考えたセリフの方が良いと思いました。

点数=6点(王道ファンタジーで好きだったのに><)

BLUE DRAGONラルΩグラド 4 (4) (ジャンプコミックス)
鷹野 常雄 小畑 健
4088744373
集英社 2007-11-02
おすすめ平均 star
■いちごの宝石 /水沢めぐみ
《ストーリー》
転入生の柊也クンは、クールでカッコよくて女の子に大人気。
だけど彼は見かけと違って、いちごケーキが大好き。
ちょっと内気な鈴は、そんな彼に片思い…。

《収録話》
「いちごの宝石」
「8月の制服」
「12月の放課後」

《感想》
読みきり3作品収録です。
表題作「いちごの宝石」は、健気な思いが可愛くて素敵な話でしたっ!
自分の言いたい事をあんまり言えなくてクラスでも目立たない子が主役で、
その恋敵は、クラスで一番人気のサバサバしてて運動神経抜群の子という
対照的な二人が、一人の男の子を巡ってオタオタします。
主役の子が一途で可愛くて癒されました~。

「8月の制服」は、舞台となる学校には女子生徒の間でルールみたいなものがあって
そのルールっていうのが、片思いの子は赤いリボンを付けて、
両思いの子は青いリボンを付けるというもの。
主人公の子は、付き合っている彼氏がいるのに赤いリボンも青いリボンも付けていなくて、
それが原因で喧嘩になってしまって…という内容。

「12月の放課後」は「8月の制服」の続編です。
ライバルに可愛い女の子が登場して二人の邪魔します。
ライバルの子が嫌な性格をしていたので、遠慮なく嫌いになれて
読者が主人公に感情移入しやすくなってて良いなと思いました。

水沢めぐみさんの漫画はどれも幸せな話ばかりで癒されました。

点数=6点(内気な子が主役で、とても可愛らしい話になってます)

いちごの宝石 (りぼんマスコットコミックス (1351))
水沢 めぐみ
4088563514
集英社 2002-02-15
おすすめ平均 star
■レッド 第1巻/山本直樹
《ストーリー》
ごく普通の若者達が、矛盾に満ちた国家体制を打破するため、
革命運動に身を投じていく。それは、正しいことのはずだった…。
激動の学生運動の行き着く先とはどこなのか!?
全ての世代に捧げる、若き革命家達の青春群像劇。

《収録話》
第一話「1969年 羽田」
第二話「1969年9月~10月 新宿」
第三話「1969年10月~1970年2月 爆弾闘争」
第四話「1970年2月~3月 尾行」
第五話「1970年4月~9月 奪還指令」
第六話「1970年11月~12月 一人目の死者」
第七話「1970年12月~1971年2月 接触」
第八話「1971年2月 鉄砲店襲撃」

《感想》
どうやってレビューを書いたら良いのか迷っていて
記事を保留にしていた作品です。

まず、この漫画はエロシーンが全くない事にびっくりしました。
予告ページを見ると2巻ではエロシーンがあるみたいですが、
1冊どこにもエロシーンがないというのは、私が持っている
山本直樹さんの漫画の中では初めてだったので驚きました。
それだけに山本直樹さんがこの作品に真剣に取り組んでいる事が
伝わってきました。

1969年~1972年に日本で起こっていた革命運動の物語です。
私が生まれる前の話なので、革命運動と言われても思い浮かぶのは
学生達が火炎瓶を投げつけたり学校を占拠したり等、どこかで見た映像ぐらい
なのですが、この作品を読むと当時の様子が手に取るように分かりました。

で、なんか異様にリアルだな~と思って、ちょっとネットで調べたところ、
それぞれのキャラクターにはモデルとなった実在の人物がいるみたいで納得。
作中の事件も実際にあった事のようですし、2巻以降に山岳ベース事件や
あさま山荘事件がどのように描かれるのか非常に楽しみです。

どこにでもいる普通の人間が、正しい事をしようとして徐々にエスカレートし
狂気に包まれていく様はとても怖い。そしてそれが誰にでも起こりうる事って
言うのがまた怖いです><

結末はすでに決まっている話なので、この作品に何か刺激的なものを
期待して読むのはやめたほうが良いと思います。
連合赤軍事件に興味がある人にはお勧めの作品です。

点数=6点(まだ話の途中なので点数を付けるのは難しいです。とりあえず6点で)

レッド 1 (1) (KCデラックス)
山本 直樹
4063723224
講談社 2007-09-21
おすすめ平均 star
■鬼切様の箱入娘 第1巻/有楽彰展
《ストーリー》
蔵の奥の箱の中に300年封印されていた鬼の子、千沙耶。
箱を開けてしまった綾史は、何故か千沙耶に命を狙われることに…!
東京アンダーグラウンドの有楽彰展の新境地、和風幻想譚!!

《収録話》
其の一「鬼切様の箱入娘」
其の二「お母さんといっしょ」前編・後編
其の三「千沙耶はクラスの人気者!?」
其の四「綺麗なお姉さんは好きですか?」

《感想》
箱に封印されていた鬼の子・千沙耶と、
千沙耶と一緒に暮らす事になった綾史の2人を
中心としたドタバタ日常漫画+ちょこっとバトルもの+萌えですね。

正直私は萌えジャンル苦手…!!萌えの良さが分からないから…。
萌えが入っているだけで読む気力が減衰してしまう。
でも、この作品は萌えも取り入れてはいますが、ストーリーの大筋が
王道で親しみやすいものになっていて面白く最後まで読めました。
一見「うしおととら」を彷彿させる内容ですが、「鬼切~」の場合は
完全に日常ドタバタコメディになっているので多少似ている分には
あまり気になりませんでした。

あと、バトルシーンがかっこよかったので萌えとのメリハリも効いてて
良かったかなと思います。

点数=6点(新鮮味は感じなかったけど手堅く上手くまとめてあると思います。)

鬼切様の箱入娘 1 (ガンガンコミックス)
有楽 彰展
4757521154
スクウェア・エニックス 2007-11-22
おすすめ平均 star
■童顔刑事 第2巻/市東亮子
《ストーリー》
身代金総計15億円を要求してきた
謎の誘拐犯タナトス大公の真の目的とは!?
ふたりの美少年(?)刑事が怪事件の
裏に潜む真実を命懸けで捜査する!

《収録話》
ファイナルナンバー2「大義賊タナトス大公」

《感想》
今回は3人同時誘拐が発生!
身代金総計はなんと15億円です。スケールでかっ!!
そんな凄い事件を新米刑事の南雲や童顔刑事の御酒本刑事、
そして、本庁の人間まで登場し解決していきます。

普通に読んでいれば途中で誰が犯人か読者にも分かるので
自分でも推理しながら読んでみると面白いかもしれません。

作者コメントに「また機会があったらこの子たちを描きたいです。」と
書かれているのでひとまずこの物語は終わりのようです。
また続きが読めるのを待ってます!

第1巻のレビューはこちら

点数=6点(ミステリー刑事漫画が読みたい方はぜひ)

童顔刑事 2 (2) (ボニータコミックス)
市東 亮子
4253094864
秋田書店 2007-09-14
■誘惑セレブ/作:滝沢寛之、画:八月薫
《ストーリー》
裕福な暮らしでも満たされぬ渇きを癒すため
人妻たちは、禁断の悦楽に身を任す…

《収録話》
第一話「媚薬崩し」
第二話「奥様にセックス指南」
第三話「シークレットな夜」
第四話「美女の童貞破り」
第五話「嘘のつけない女」
最終話「譲れぬセレブの座」
「オイシイ診察」
「もも色☆カントリー」
「Catch Up!-追いかけてつかまえたい-」

《感想》
人妻もののエロ漫画初めて読みました。

第一話・第二話…となっていますが、それぞれの話は完全に
独立しているので短編集だと思っていただいた方が良いかも
しれません。それにしても、人妻という題材だけでいろんな
シチュエーションをよくこれだけ考えつくなぁと感心してしまいます。

特に印象に残ったのは第五話の「嘘のつけない女」でした。
主人公・水絵はセレブな結婚生活には何の不満もないが、
旦那との夜の営みだけは不満に思っていた。そこで女友達に
「理想の男性を出会い系サイトで探せば良いのよ」とアドバイスされる。
水絵の理想の男性は寿司職人だった。「あのテキパキした指の動き…
あの指で触られたらどうなるんだろう…」そんな期待もあり出会い系
サイトに投稿してみる事にした。そこで知り合った寿司職人の男性と
一夜を過ごした水絵。しかしホテルからの帰り道旦那に見つかってしまい…。
という話なのですが、寿司職人のフレーズが出てきた時はおもわず
゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォってなっちゃいましたw この発想はすごい。
寿司職人の指の動きなんて今まで全然気にもしてませんでしたから。

私は基本的に八月薫さんの絵にエロさを感じないのですが、
唯一エロい!と思ったのは「オイシイ診察」かなぁ。
ノーブラの女医に診察されるっていうシチュエーションなんですが、
女医さんが可愛くて良かったです。

「オイシイ診察」「もも色☆カントリー」
「Catch Up!-追いかけてつかまえたい-」の3作品は
人妻ものではありませんのでご注意を。

点数=6点(さまざまな人妻エロ話が詰まっています)

誘惑セレブ (アクションコミックス)
滝沢 寛之 八月 薫
4575832227
双葉社 2006-04-12
おすすめ平均 star
■羞恥の館/八月薫
《ストーリー》
とある女子校の昼下がり…。
女子校ゆえの性欲を持て余していた、2人の美少女。
お互いの女芯をむさぼり、舌を這わせ、絶頂を迎えようとしたその時、
一人の男が下半身を腫れ上がらせながら、現れた…。
禁断の学園レズ3Pを描いた「2人の金魚」を初め、
表題作「羞恥の館」を含む、全11編。
八月薫の美麗な筆致による官能劇!!
傑作短編集第二弾の登場です!!

《収録話》
「羞恥の館」
「2人の金魚」
「夏のせい」
「私のチンポ」
「恋する人魚」
「真夏のシオン」
「教えて」
「めだかの学校」
「はじめのいっぽ。」
「すっぴん遊戯」
「鳴かないピアノ」

《感想》
八月薫さんの漫画は「浮世艶草紙」を読んで以来、
既刊作品を何冊か買って読みましたが、これは特にバラエティに富んだ1冊でした。

その中でも特に印象に残った作品は、レズ3Pを描いた「2人の金魚」と
ドM男を描いた「私のチンポ」かなぁ。
あ、今気づきましたが、どちらの作品もドM男が登場しているんですね。
ティーンズラブ漫画とかだと、基本的にS男だったりするので
こういうタイプの漫画は初めて読んだので新鮮でした。

ただ、八月薫さんの絵柄のタッチって劇画調になっているので
エロさを一切感じなかったのも特徴的だったかな。
最近流行のいわゆる萌え系の絵に慣れている人も私と同じように
八月薫さんの絵柄にはエロさを感じないんじゃないかなぁ?と思います。
おじさま向けの漫画なのかも。

点数=6点(いろいろな性癖があるんですなぁ…)

羞恥の館 (ダイトコミックス)
八月 薫
4886538444
大都社 2005-04-20
おすすめ平均 star
■パノラマデリュージョン 第2巻/小原愼司
《ストーリー》
警視庁心霊犯罪捜査課のヤブキリン子が、
幽霊と幽霊を見ることが出来る人間を検挙していく少しコメディの漫画。
第2巻ではクサカ女史が新たに心霊課長に赴任!
幽霊なんか信じないオンナです!

《収録話》
#7「スプリンタースピリット」
#8「クッキングスピリット」
#9「ホームスピリット」
#10「ジャイアントスピリット」
#11「カフェ・ド・スピリット」
#12「ステアスピリット」

《感想》
第1巻読んだ時は、初見の作家さんという事もあって
少し斜めに構えて読んでしまいましたが、第2巻では、
だんだんこの作家さんのノリに慣れたみたいで楽しく読めました。

#7「スプリンタースピリット」では、お蝶夫人みたいな
濃ゆいキャラが出てきて初っ端からテンション高くて面白かったです。
#11「カフェ・ド・スピリット」で登場した喫茶店の男性幽霊もツボに入りました。
この漫画は、明るい天然バカキャラがたくさん登場してホント楽しいです。

そういう明るいバカな話も挟みつつ、この物語の大筋である
リン子とラン子の2人の話は真面目に進行していて、
読者を飽きさせないテンポも良いですね。

第3巻の発売が待ち遠しいです。

点数=6点(この作者の漫画はハマるとすごく楽しめます)
第1巻の感想はこちら

パノラマデリュージョン 2 (2) (アフタヌーンKC)
小原 愼司
4063144690
講談社 2007-09-21
おすすめ平均 star
■瞳のカトブレパス 第1巻/田中靖規
《ストーリー》
古の都、K都に住む女子高生、岸田美依子。
連続する怪奇事件に怯える彼女は、
ある日電車内で不気味な化物(妖魔)に襲われる。
その時、赤い瞳を持つ少年・志村時生が不思議な術で妖魔を撃退。
彼の瞳に宿るものとは!?

《収録話》
#1「志村時生」
#2「来客」
#3「僕の瞳を見ろ」
#4「ふたりめ」
#5「細美一燈」
#6「七歩蛇の呪」
#7「倉持家」

《感想》
荒木飛呂彦さんのアシスタントをしていただけあって、
漫画の描き方が荒木さんに似ています。
初連載だから師匠の絵柄に似てしまうのはしょうがないと思います。
ただ、荒木さんの影響を受けすぎて田中靖規さんの個性が
あまり発揮されていなかったのは残念。
今後の作品では、もう少し作風を変えてくれる事を期待します。

話はありきたりな妖怪退治モノなのですが、
この漫画は戦闘シーンの描写が上手いですね!!
妖怪が迫ってくる迫力がすごく出てて、
とても初連載とは思えないほどの出来栄えだと思います。
妖魔も生理的に嫌な風貌で、なかなか雰囲気出てて良いと思いました。

あと話の展開が早いから、テンポ良くて良いと思いますよ。
(amazonだと酷評されていますけど)

コマ割りは、日常パートのコマ割りが少し単調な気がしましたが、
まだ初連載という事を考えると大して気にもならない範囲。

ジャンプ本誌では全15話で打ち切りになってしまったようです。
個人的には普通に楽しめたし面白かったので、
全2巻で終わってしまうのは非常に残念です。

田中靖規さんは次の連載作品に期待!!
頑張って下さい~。

点数=6点(個人的には好きな作品なんですが、amazonの評判悪いですね)

瞳のカトブレパス 1 (1) (ジャンプコミックス)
田中 靖規
4088744594
集英社 2007-09-04
おすすめ平均 star
■世にも奇妙な漫☆画太郎 第1巻/漫☆画太郎
《ストーリー》(単行本帯より引用)
奇天烈オムニバスコミック!!!!
道端で拾った1台の世にも奇妙な携帯電話が
かわいい女の子の運命を狂わせる「ケータイムマシーン」。
柿の木を巡る壮絶な隣人バトルを克明に描いた「柿の恩返し」など
野放しにされた画太郎先生のイマジネーション(=妄想?)
あふれる奇想天外な物語を6話収録!!!

《収録話》
第1話「ケータイムマシーン」
第2話「希望という名のUFO」
第3話「孫思いのおっちょこちょいババア」
第4話「スーパー名探偵」
第5話「ブスジャック」
第6話「柿の恩返し」

《感想》
正直、ストーリー性は全く期待してなかったんですが、
普通に面白かったです。(褒め言葉ですよ!)

話の中盤は、大体、裸のおばあさんが「オラーッ」「ぐわーっ」って錯乱して
うんこビチビチ~みたいなノリなので、このまま終わるのかなぁ~と読んでると
オチは「世にも奇妙な物語」みたいになってて、オチも良かったけど、
中盤のノリとオチのそのギャップも良かったと思います。
ちょっと画☆太郎先生を見直してしまいました。

画風は、今までの汚い感じももちろんありますが、
萌えっ娘とか普通の男の人も出てきてるので、
わりと一般的にも受け入れられやすいかもしれません。
男の人は顔をコピーで使いまわしてるのがウケましたw

点数=6点(結構ふつうに楽しめました。2巻楽しみ。)

世にも奇妙な漫☆画太郎 (ヤングジャンプコミックス)
漫 画太郎
4088773195
集英社 2007-08-17
おすすめ平均 star
■べしゃり暮らし 第4巻/森田まさのり
《ストーリー》
圭右・辻本のコンビ「きそばAT」が、NMC(ニッポン漫才クラシック)に出場!
だが、自信満々の圭右を待っていたのは、観客の冷めた反応だった。
次第に焦り始めた圭右は、一発ギャグへと走り、事態は悪化、ついに舞台放棄へ…!?

《収録話》
Vol.30 裸の爆笑王
Vol.31 グダグダ
Vol.32 スベリ笑いはイヤだ
Vol.33 あるあるあーるのるのあーる
Vol.34 エリート!?
Vol.35 おいしい蕎麦の食べ方
Vol.36 NMCには触れるな!
Vol.37 エプロンパパ
Vol.38 二匹のマシンガン

《感想》
この4巻を読んでやっと気づきました。
森田まさのりさんは、この漫画で読者を笑わせたいのではなく、
いたって真面目に「夢」と「挫折」と「努力する」人間ドラマを描きたいのだ、と。
お笑いというのは、それを描くための題材でしかないんだと思います。

1巻~3巻では、あまりその意図が伝わってこなかったのですが、
4巻からは圭右に様々な事が起こって、少しずつ成長している過程が描かれています。
こういう人間の生き様を描かせると森田まさのりさんは上手いですね。

最後まできちんと描ききったら名作になりそうな作品です。

点数=6点(1巻~3巻はつまらなかったという人も1度4巻を読んで欲しい。)

べしゃり暮らし 4 (4) (ヤングジャンプコミックス)
森田 まさのり
4088773071
集英社 2007-08-17
おすすめ平均 star
■トムソーヤ/高橋しん
《ストーリー》(公式から引用)
夏の初め。
突然の母の葬式のため、帰りたくなかった故郷を訪れたハルは、
田舎町の少年たちの中で肌の白さが印象的な少年タロと出会う。
ある夜二人は思いがけない大事件に遭遇し、その秘密を守ろうと血の誓いをする…。
誰にも話せない秘密を共有した二人は少しずつ心を通わせていくが…?
誰もが通過し、夢見てきた日常から飛び出した子供達だけの暮らしが生み出す、
眩しい喜びと、そして、奥底にたしかに流れる不安と。
夏の小さな町の美しく眩しい自然を背景に、世代も性別も違うふたりが
ノスタルジックな「少年時代」を描きだしていく。

《収録話》
第一章     74p
第二章     51p
第三章前編  60p
第三章後編  45p
最終章前編  67p
最終章後編  69p

《感想》
マーク・トウェインの「トム・ソーヤーの冒険」をベースにした漫画です。
原作は読んだことないですが、原作知らなくても読めました。

まず、絵の美しさに驚きました。
白黒ページの背景とかめちゃくちゃ綺麗でスゴイのですが、
特にカラーページが目を奪われるほど美しい。
夏の日差し・水しぶきがキラキラ綺麗に輝いていて、
夏の空気感を感じられました。

話については、ハルとタロはある夜大事件を目撃してしまったために、
秘密を共有する事になり何かと一緒に行動を共にするのですが、
大事件のその後についてはあまり触れられず、2人の冒険が
ほとんどず~っと続いていくので、私は、大事件のその後が気になってしまって、
ハルとタロの行動にあまり集中出来なかった。

大事件を目撃した後のハルの行動が、大人としてどうなのかな?と
思ったし、主人公のハルにあまり感情移入出来なかったのもあります。

どちらかと言えば、ハルよりもタロとタロの友人達の行動の方が、
子供ならではってかんじで行動が予測出来なくて、
ずっと魅力的で面白かったです。
全身全霊で冒険しているかんじが良く出ていたと思います。

あと、この漫画読んでる時は、ずいぶんキラキラした少年漫画だな~と
思いながら読んでいたんですが、白泉社のジェッツコミックス出版だったのですね。
どおりで少女漫画っぽいと思いました。
コマ割りとか効果線が少女漫画みたいにキラキラしてて文字が多いので
少女漫画を読みなれていない人にはゴチャゴチャしていると感じるかもしれませんよ。

公式サイトで壁紙配布などされているようです。
公式サイトはこちら

点数=6点(読み応えあって面白かったけど、感情移入しにくかったので普通かな)

トムソーヤ (ジェッツコミックス)
高橋 しん
4592142810
白泉社 2007-08-29
売り上げランキング :
おすすめ平均 star
■ディエンビエンフー 第1巻/西島大介
《ストーリー》
1965年、戦線が激化するベトナム。
従軍カメラマンのヒカルは、血みどろの戦場でひとりのベトナム少女と恋に墜ちた…。
「1965年3月僕は死んだ。文字通りハートを撃ち抜かれた。
走馬灯なんてウソだ。だってあの娘の顔しか出てこない」
従軍カメラマンの少年が出会った、11歳の不思議な女の子。
遠く離れたベトナムの空の下で、小さな恋、見つけた。

《収録話》
#1「終わりと始まり」 1965年1月
#2「2人の家族」 1965年2月
#3「森の中で」 1965年3月
#4「脱走計画」 1965年4月
#5「野良犬たち」 1965年5月
#6「傷ついた虎」 1965年6月

《感想》
戦争漫画ですがこの話はフィクションです。

人対人のバトルシーンが多いので人がよく死ぬのですが、
かわいい絵柄で描かれていてグロくないので
そういうのが苦手な人でも安心かと思います。

話的には、登場人物が出てきては消え出てきては消え、
あわただしく進んでいく中で、主人公・ヒカルと
ベトナム少女が少しずつ近づいていく過程を描いています。

そして、この漫画は1話あたり1ヶ月ずつ時間が進んでいきます。
1965年1月から始まっててエンディングは1973年らしいので、
連載終了まであと8年はかかるっていう計算!長っ!!

でも、面白い!!
戦時下で狂った人間達に囲まれながらも
素朴でいられる主人公・ヒカルの呑気な雰囲気に癒される。
ヒカルが一目惚れした少女の並外れた身体能力とバトルシーンも
圧倒的な強さで惹かれてしまいます。
2人がどういう人生を歩むのか、8年間付き合っていきたい。

あと、最初読んだ時は、プロローグに何の疑問も抱かなかったけど、
1巻を読み終わった後プロローグを読んだら、その意味が分かって
せつなくなりました…。(´;ω;`)

点数=6点(個人的には好きな話ですが、万人ウケはしなさそう)

ディエンビエンフー 1 (1) (IKKI COMICS)
西島 大介
4091883737
小学館 2007-08-30
おすすめ平均 star
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。