「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表紙の絵が良かったので購入したBL本「鈴の音がきこえる」
作者は、佐々木久美子さんです。

【ストーリー概要】
ある日、獣医の霧島は、木の上から落ちてきた青年と遭遇する。
なぜか逃げまどう彼をそっと捕らえると、
猫の耳と尻尾が突然飛び出して――!?
異様なほど動物に好かれてしまう獣医と、
不思議な猫のハートフルラブストーリー。

表紙買いしただけあって、イラストがきれいです。
全体的にキャラクターの表情が硬いですが読める範囲。

ストーリーはありきたりなかんじで、
初期設定の異様なほど動物に好かれてしまう獣医の部分が、
あまりストーリーに絡んでこなかったのが残念。

もう一工夫あったら面白くなっていたかもしれん…。

表題作ではなく、同時収録されていた作品
「灯影 前編」「灯影 後編」
「こはく日記。」「トラブル・リトル・トラベラー」
以上4作品は、なかなか面白かったです。

「灯影」と「こはく日記。」は、元犬の女の子の話。
以前、飼われていた主人を一途に思う気持ちが伝わってきて
せつないかんじがなかなか良かった。
仕草もかわいくて良いですね!

「トラブル・リトル・トラベラー」は、
作者のデビュー作で、BLではなくちょいSFで少年漫画風です。
宇宙人と遭遇した少年の話なのですが、
全部で16ページながらよく出来てます。
―――――――――――――――――――――――――――――――
鈴の音がきこえる
佐々木 久美子

4344802942
幻冬舎 2003-09
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/7-fdfc1b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。