「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森生まさみ(もりおまさみ)さんの最新刊「らぶ・ちょっぷ! 第1巻」です。

【ストーリー概要】
「何でもこい!」が教育理念の三ツ葉学園は、
地味めハーフや、フラレ続ける女、ワケありイケメン教師に、
腹黒美少女、ダークな生徒会長と個性溢れる人材の宝庫。
中でも新入生、柊まめの正体は癒し○○ッ○!
今日も三ツ葉学園では騒動が絶えず―!?

ストーリー、コマ割り、イラストなどは、
さすが森生さん!!!ってかんじの非常に
クオリティの高いものです。

「らぶ・ちょっぷ!」は、個性的なキャラクターがたくさん登場し、
オムニバス形式(各話ごとに主人公が変わる)で物語が進んでいきます。
そのため、ぽっぷんテケテケ漫画(おまけの小林クン)よりは
メッセージ性の強い漫画になっているようです。

イメージ的には、やまざき貴子さんの「っポイ!」が近いと思います。

少女漫画のオムニバス形式ってわりと珍しい気がするんですが、
この漫画はキャラクター個人個人の性格がとても活きていて、
上手く描かれている
ので、今後巻数が伸びるごとに、話に厚みが出て
さらに面白くなりそうです。

第1巻だけでは、この作品の雰囲気をつかめるぐらいで
読み終わってしまったのでちょっと残念。
早くもっと読みたいなぁ~~~。

今後に期待して、第1巻の評価は控えめに6点で

キャラクターの性格と三ツ葉学園の雰囲気は、
ぽっぷんテケテケ漫画に結構似ています。
もうちょっと違う雰囲気の作品だったら、もっと高評価を付けたかもしれない。


―――――――――――――――――――――――――――――――
らぶ・ちょっぷ!
森生 まさみ

459218436X
白泉社 2006-10-05
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/6-74618123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。