「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■悪魔とラブソング 第3巻/桃森ミヨシ
《ストーリー》
何事にも正面から向き合うマリア。その姿を見た甲坂友世は、
学校へ行き自分の気持ちをクラスメイトにぶつけます。
さらに神田優介も衝撃の宣言を――。
マリアの理解者が少しずつ増える中、クラスの人気者・井吹ハナが復帰して…。

《収録話》
Song.14~Song.20

《感想》
第2巻の最後の方に少しだけ登場していた井吹ハナが今回は大活躍。
したたかな性格の悪さでマリアの周りをかき回します。

井吹ハナとマリアの対立は見ていて面白かったですが
なんだかいまひとつ物足りないかんじがします。

マリアの性格の良さを読者に理解させるために
性格の悪いキャラを登場させる(ハナ、クラスのいじめっこ、先生など)
という手法はあまり好きじゃないかも。

客観的に見ていると善と悪がハッキリしていたので
オチがなんとなく予想できて緊張感なかったですね。
ハナのキャラも最後の方は崩壊してましたし。。。
したたかにするなら、最後までクラスメートを影で操って欲しかったなと思いました。

とはいえ、マリアの恋愛事情も気になりますし今後に期待。

第2巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=6点(ハナの性格が悪すぎて面白かったです。)

悪魔とラブソング 3 (3) (マーガレットコミックス)
桃森 ミヨシ
4088462637
集英社 2008-02
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/560-5c144d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。