「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■たいようのマキバオー 第2巻/つの丸
《ストーリー》
地方の高知競馬場でアイドルホースとして大人気のヒノデマキバオー。
念願の初勝利を飾るも、無理がたたり足を故障してします。
休養と特別メニューのため桂浜にやってきたマキバオーと隼人は、
そこで闘犬・雷電と出会う。その頃高知競馬場では、大変なことが!?

《収録話》
週刊13馬「桂浜にゃ」
週刊14馬「闘犬・雷電號」
週刊15馬「リフレッシュしとーせ」
週刊16馬「桂浜でバケーション!?」
週刊17馬「ダービー馬」
週刊18馬「広報・吉田の秘策」
週刊19馬「ジャスティス!!!」
週刊20馬「わかっちゅう」
週刊21馬「なんてったってアイドル」
週刊22馬「オレの仕事」
週刊23馬「黒潮皐月賞」
週刊24馬「幸せなこと」

《感想》
高知競馬場に人を呼ぶために走るマキバオー。
マキバオーがレースに出ない日は客がほとんど入らず
そうなると高知競馬場がなくなってしまうかもしれない。
苦しい地方競馬場の経営が丁寧に描かれ、読んでるとこちらも息苦しくなります。

前作とは全く異なる展開ですが、今作もすごく面白いです。

第2巻では、マキバオーを取り巻く環境や人々が丁寧に描かれていて
分かりやすくとても面白かった。
本当は、競走馬として華々しく活躍したいマキバオーが
皆のために涙をのんで頑張る姿にはとても胸を打たれました。

全て読み終わったあとに本を閉じると、裏表紙に描かれた
ボロボロのマキバオーが目に入りまたぐっときますね。

良いです!!(´;ω;`)

第1巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=7点(良い(´;ω;`)これからどうなるの。)

たいようのマキバオー 2 (2) (プレイボーイコミックス)
つの丸
4088574737
集英社 2007-11-19
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/516-32a34d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。