「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■リアル 第7巻/井上雄彦
《ストーリー》
日本選手権東京予選を間近に控え、6人という少人数ながら
打倒ドリームス、そして本線出場に燃えるタイガース。
戸川、ナガノを中心に今日も猛練習に明け暮れていた。
そんな中、新加入(?)の16歳、水島亮がチームに新しい風を巻き起こす予感が…。
さらに「俺の道」を信じ、引越し屋にしがみついていた野宮だったが何と…。
7巻のキーワードは「仲間」、彼らのリアルを体感せよ!

《収録話》
37th.~42nd.

《感想》
新キャラの水島亮が、障害者に対して思っていた自分の価値観を見直し、
自分の状況を受け入れていく過程が丁寧に描かれており、ラストの
「歩けなくて何が悪い」というセリフにガツーンと衝撃を受け涙しました。

また野宮がバスケを通して、自分の人生を受け入れていくところも良かったです。

誰にでも起こりうる事故や仕事のトラブルなど、そういう当たり前の事が
リアルに描いてあってキャラに自分を重ねて読める。。。
名作ですねぇ(´;ω;`)

第6巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=8点(良い(´;ω;`))

リアル 7 (7) (ヤングジャンプコミックス)
井上 雄彦
4088773527
集英社 2007-11-29
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/506-be9d5e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。