「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■PLUTO 第5巻 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より/浦沢直樹×手塚治虫
《ストーリー》
アドルフ・ハースの護衛任務中であるゲジヒトは、セーフハウスへの護送中、
彼から「俺の兄貴を殺したお前は、人殺しの機械だ」と罵られる。
セーフハウスへアドルフをひとり残し、“人工知能矯正キャンプ”へやってきた
ゲジヒトは、そこであやふやだった「人を殺した」記憶を確かめようとするのだが…

《収録話》
Act.32「記憶の傷跡の巻」
Act.33「勝者、賢者、生者の巻」
Act.34「神の選択の巻」
Act.35「応答せよゲジヒトの巻」
Act.36「憎悪の追跡の巻」
Act.37「悲しき訪問者の巻」
Act.38「60億の混沌の巻」
Act.39「獄中の王の巻」

《感想》
戦場で何度も何度も手を洗うロボットが印象的でした…。

ロボットなのに人間とほとんど変わらない感情を持った高性能ロボット達。
60億人の人格をプログラミングされて目が覚めないロボット。
憎しみを知ってしまったロボット。
人間の悲しみを感じるウラン。

彼等ロボットはどういう運命を辿るのでしょうか。

テーマがはっきりしているから話がダレず非常に面白い。

映画(映像)のようなコマ割りもかっこよくて良い!

第1巻の中の画像はこちら

点数=9点(展開がダレない、面白さを維持してる。)

PLUTO 5―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (5) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 手塚 治虫
4091815561
小学館 2007-11-30
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/501-5fa3e37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。