「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■百鬼夜行抄 第16巻/今市子
《ストーリー》
普通の人間には見えない不可思議なものが見えてしまう飯嶋律(いいじま・りつ)。
彼がさまざまな妖魔と出会うことで物語は展開していく。
恐怖とユーモアを絶妙にブレンドしながら……。
第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞に輝いた傑作。

《収録話》
「羽擦れの島」
「異界の水守り」
「襖絵の女」
「病み枝」

《感想》
面白いですなー。傑作ですなー。

今回の見所は、やはり箱庭に住んでいた三郎さんですかね。
三郎さんが箱庭から出ましたが、このまま終わるとも思えないし
またしばらくしたら何か展開がありそうです。
ていうか、個人的に何か展開があって欲しい!と思います。
三郎さんの話好きなので。

作者が鳥を飼っているからか、作中には鳥が頻繁に出てきますが、
その鳥がストーリーを面白い方へと展開させてくれていい味だしています。
「羽擦れの島」がまさにそうでしたね。
真っ黒なカラス達が要所要所で出てきて怖かったです。

「襖絵の女」は、襖絵が見るたびに少しずつ変わっていくという演出で
夜中に読んだせいもあってすっごい怖かったです。
でも優しい良いお話でした~。

次も楽しみです。

第15巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=9点(妖怪好きにはたまりません。傑作ですなー。)

百鬼夜行抄16 [眠れぬ夜の奇妙な話コミックス] (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
今 市子
4022131020
朝日新聞社 2007-11-07
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/477-eac5c9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。