「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■医龍 第15巻/乃木坂太郎、原案:永井明、医療監修:吉沼美恵
《ストーリー》
手術ミスを野口につかれ、追い詰められた霧島。
そんな彼が最終的に下した決断は、ミスの隠蔽を止め、
目の前の若い才能・伊集院を医者として導くことだった。
だがそれにより、ミスの責任を負う立場になった木原は、
キャリアの危機に直面する。「自分は捨てられる」と焦った木原は…。
朝田に勝つことでも、教授の座でもなく、伊集院を育てることを優先した霧島。
利得よりも情、霧島のこの選択が、教授選イス取りゲームの行方を大きく変える…!?

《収録話》
第115話「グッドバイ」
第116話「出世亡者」
第117話「家長」
第118話「ハードル」
第119話「救急の緊急」
第120話「ABCD」
第121話「ケン.パ」
第122話「悪天候」

《感想》
この巻での見所は、霧島の心境の変化かなと思います。
かなり毒があるキャラだったのに、毒が抜けてさっぱりとしたキャラに…。
これはこれで良いかなぁ~。
教授選イス取りゲームも中盤を過ぎてそろそろ佳境ってかんじですな。

あと、出術中の緊迫した演出はやっぱり上手いですね。
いつも余裕をかましている麻酔医まであせっていましたし。
血圧がどんどん下がっていくシーンはハラハラしました。

今回は、朝田の出番が少なめだったのでさびしかったですが、
第16巻ではまた朝田と加藤のコンビが見れそうなので期待しています!

伊集院もガンバレ!!

第13巻の感想を書いた記事はこちら
第1巻の中の画像はこちら

点数=7点(手術シーンが面白かったです。)

医龍 15―Team Medical Dragon (15) (ビッグコミックス)
乃木坂 太郎 永井 明
4091815391
小学館 2007-11-30
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/475-a488a3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。