「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■とある空言、ボクの秘密 第3巻/鳩也直
《ストーリー》
瀬崎翔太・高校2年生。苦手なもの=人間。
人間の本心「パラドックス」が見える彼は、
最大の危機に直面する!!
さらに、「物」の声が聞こえる少年が事件を解決する
幻のデビュー作『そしていつもと違う日常を。』を収録。

《収録話》
NOTE.9 瀬崎はるの
NOTE.10 佐久間新I
NOTE.11 佐久間新II
NOTE.12 瀬崎翔太
「そしていつもの違う日常を。」読切
キャラクター紹介
あとがき

《感想》
最終巻です。
いろんなパラドックスが登場して長い連載になるのかなと
勝手に思っていたのですが、第3巻で終わりみたいですね。
ちょっと残念ですが、ネタ切れになってダラダラ長く続くよりも
キリの良いところで連載終了したからちょうど良かったのかも。
作者の新連載も始まるようだし、そちらもスゴク楽しみであります(゚ε゚)

第1巻~第2巻は、人間の本心「パラドックス」が見える主人公が
心にキズを抱えた人達の悩みを解決していくという流れの
読切タイプの漫画でした。

第3巻では、新しい能力者が登場したり、
主人公の過去や能力に関わる話などでした。

大筋の流れはこんなかんじです。
新しく登場した能力者は、優しい心を持っているのに、
家族を殺された復讐心により自分自身をも闇へと追い詰めます。
そんな彼の「パラドックス」に気づいた主人公は、彼を救おうとするのですが、
自分の力を過信していたせいで小さなミスに気づきませんでした。
自身を失ってしまった主人公は能力をなくしてしまうのですが…。

救ったと思っていた人を、実はさらに追い詰めていて
それが原因で能力を失ってしまう。また、そんな主人公を
今まで側で支えていた祐一までも、自分がしてきた事は間違いだったのかと
自分を追い詰めてしまう。この辺の展開が上手いなと思いました。
その後の展開は、ちょっと急ぎ足かなぁと思いましたが、
綺麗にまとまっていましたし、少女漫画らしくて良かったと思います。

もうこの作品が読めないなんてちょっと悲しいですが、
次の新連載を期待して待っています。
連載お疲れ様でした。

第1巻、第2巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら
※「電子ブックを開く」をクリック

点数=6点(完結。少女漫画らしく綺麗にまとまっていました。)

とある空言、ボクの秘密 第3巻 (3) (あすかコミックス)
鳩也 直
4049250551
角川書店 2008-01-17
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/456-e4615efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。