「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■瞳のカトブレパス 第2巻/田中靖規
《ストーリー》
守護四神抹殺を目論む四凶が遂にK都に。
その脅威の力の前に時生は苦戦を強いられる。
だが四凶の影に潜むあの者を倒すため、
時生は覚悟を決め危険な賭けに!
果たして全面対決の行方は……!?
伝説の読切版も収録!!

《収録話》
#8「蠢動」
#9「四凶来たる」
#10「階級」
#11「覚醒の時」
#12「覚悟の勝利」
#13「シキョウ来たる」
#14「致命傷」
#15「ありがとう」
読切版「瞳のカトブレパス」

《感想》
敵の刺客である四凶がやってきた~!!と思ったら簡単に倒しちゃって、
じゃあその次に強いやつを倒しにいくぞ~ってなったとこで打ち切り。
結局、K都守護四神も作中では3人しか出てこなかったし
すごく中途半端な終わり方でした。
あまりにも早い打ち切りに残念でなりません。

アイデアは悪くなかったと思うんですが、やはり絵柄や演出が
荒木飛呂彦さんに似ていてあまりオリジナリティが感じられなかったところが
ダメだったのかもしれないですね。

巻末に載っていた読切版「瞳のカトブレパス」は超面白かったので
田中靖規さんならやれば出来ると思う!!
次回作ではオリジナリティを出して頑張って欲しいと思います。

第1巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=5点(ありがとう。また会う日まで。)

瞳のカトブレパス 2 (2) (ジャンプコミックス)
田中 靖規
4088744616
集英社 2007-11-02
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/431-9bd50b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。