「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■パズル 下巻/原作:山田悠介、作画:三部けい
《ストーリー》
校舎内に隠された2000ピースのパズルを
捜し出し完成させる「ゲーム」もついに終盤。
生徒はテロリストに勝てるのか。
原作とは違う結末とは…?

《感想》
「パズル」完結です。面白かったぁ。
漫画化されている山田悠介の作品の中でも面白い方だと思う。
原作は読んだ事ありませんが…。

上巻では犯人の特定をすることに重点をおいて描いてありましたが、
下巻では犯人を明らかにした上で、なぜ犯行に及んだのか。また、
どうやってゲームに参加する人間を選んだのか。など、犯行の動機に
重点をおいて描かれていました。

そのため、回想シーンがたくさん出てくるのですが、
非常にテンポ良く話が展開していくので読みやすかったですね。
少ないページでよくあれだけの事を詰め込んだなぁと感心です。

登場人物が10人以上いるにも関わらず、キャラクターの描き分けが
上手かったので理解しやすかったところも良かったです。

下巻の感想を書いた記事はこちら
上巻の試し読みはこちら
※「電子ブックを開く」をクリック

点数=7点(主人公がゲームに巻き込まれるタイプの漫画が大好きなので7点。)

パズル 下 (3) (角川コミックス・エース 112-7)
山田 悠介 三部 けい
4047139823
角川書店 2007-11
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/422-6004a0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。