「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エンバーミング」が作者の都合により休載。。。。
って、えええええええええええっっ!!!
看板漫画なのに創刊3号目で休載って超早い。
プレッシャーのせいで体調壊したのかなぁとぼんやり思いました。
和月さんには頑張って欲しいところです。

今月は秋元治さんの読切「時は…」がめっちゃ良かったーー。
トキワ荘がある時代にタイムトラベラーする話なんですが、
本当にこんな事が実現したらスゴイと思ってジーンとしてちょっと泣いちゃいました。
秋元治さんと藤子不二雄Aさんの対談も読めたし超満足です。

連載作品だと、やっぱり「屍鬼」がダントツで面白いと思います。
早く単行本出ないかなぁ。ってまだまだか。楽しみです。

では、各作品の感想です。
ギャグ漫画と、あんまり好きじゃない漫画は感想書きませんでした。

■ロザリオとバンパイア seasonII/池田晃久
モカの妹が登場。かわいいルックスでめちゃくちゃシスコンでした。
ただでさえ女キャラが多いのに更に増やして大丈夫なのだろうかと少し不安に…。
あと、今回はエロが少なめでちょっと不満。笑。
お色気担当としてエロもう少し増やしてくれると嬉しいな。

■テガミバチ/浅田弘幸
今回表紙だったテガミバチ。かわいらしいイラストで良かったです。
本編では、反政府の町が登場し、「BEE」に敵対心を持つ人達が登場。
波乱の予感がします。次号も見逃せない。

■CLAYMORE/八木教広
首から足が生えてるお姉さんが怖かった~。
面白いけど、今までの話を読んでいないので話がサッパリ分からない。
あらすじつけてくれないかなぁ。

■まつりスペシャル/神尾葉子
良いですねー。安定して面白いです。
神尾葉子さんは月刊誌の連載に慣れているんでしょうね。
毎月の話のまとめ方が非常に上手い。
ただ男キャラがあんまりかっこよくないところが不満かな。

■PARマンの情熱的な日々/藤子不二雄A
今回は藤子不二雄Aさんが故郷に戻った時のお話です。
実家がお寺だったのは知らなかった。
藤子・F・不二雄先生と出会った経緯も初めて知りました。
人生いろいろですね。

■時は…/秋元治《読切》
《ストーリー》
昭和の漫画を愛する、若い漫画家が主人公。
家に来ていた担当編集者が原稿を入稿するため、
豊島区椎名町にある常盤出版に戻る。
編集部に用事があるので自分も同行する事にした。
時刻は午前4時。タクシーが見つからず寒空を歩いていると
一台のバスがやってきた。迷わず乗り込んだ二人だったが、
疲れからすぐに寝てしまった。目を覚ますとそこは昭和31年だった。
トキワ荘があった場所へと行ってみるとそこには本物のトキワ荘が存在していた。
昭和31年、トキワ荘には多くの新人漫画家が住んでいた。
トキワ荘を訪問してみる二人だったが…。
《感想》
この話めっちゃ良かったー。
ただのタイムトラベラーの話じゃなくて、夢が詰まってて良かった。
ラストはジーンとしてちょっと泣いちゃうぐらい良い話だったー。
今は亡き素晴らしい漫画家達が、昭和31年の世界には存在していて
生きていたって事を改めて思いました。
私ももし過去に行けたらトキワ荘に行ってみたいよー。
あと、ハゲ山グッジョブ。

■屍鬼/原作:小野不由美、漫画:藤崎竜
屍鬼、面白いなぁーーーーー。
原作がしっかりしているから、こんなに面白いんだと思うけど、
藤崎竜さんの作画がより一層、不安定な世界観を作り出していて良いと思う。
関係者一覧とか変死事件のまとめが付いてたのも分かりやすくて良かった。

■帰ってきた変態仮面/小林尽《読切》
昔の漫画をそのままリメイクしたというかんじで、
最近の若者は楽しめなかった人が多いんじゃないかなぁ。
もう少し今風にアレンジしても良かったのでは…?
面白くなかったです。

■TISTA/遠藤達哉
読んでても話に入っていけないのは、主人公があんまり描かれてないからかも。
周りの人物をしっかり描こうとしていて主人公がおざなりになっている印象です。

■メグ・ライアンの君/竹村洋平《読切》
《ストーリー》
第74回手塚賞準入選受賞作。
誤解から、超凶悪暴走族の特攻隊長に惚れられてしまった主人公。
殺気だった恐ろしい風貌にガクブルする主人公だったが、
自分のために可愛らしく変身した特攻隊長とデートする事に。
だが、デート中に不良に絡まれてしまい気弱な主人公は逃げ出してしまう…。
《感想》
「人は変われるのか…。」テーマがハッキリしてましたね。
話がとても分かりやすくキャラクターが特徴的だったので
話に入っていきやすく面白かったです。
特攻隊超は変わりすぎだろぉ!と思ったけど、可愛いから良し。
たまに素の顔になってる特攻隊長が超怖い。笑。

■清く正しく美しく/原作:ufotable、漫画:たあたんちぇっく
こういうエピソードも良いけど、サッカーしている話を読みたいなぁ。

次号は2月4日(月)発売。
空知英秋さんと東村アキコさんの読切掲載です。

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 02月号 [雑誌]
B00117DMWY
集英社 2008-01-04
コメント
この記事へのコメント
秋元先生とA先生の作品しか読んでない(´・ω・)
今回の話は好きですよ(´・ω・)b
2008/01/07(月) 22:53 | URL | ケント #-[ 編集]
こんばんは

クレイモアは私購読してるんですけど結構読み始めたら面白いですよ。
グロいですけど

ジャンプスクエアの感想が知りたかったのでうれしいブログ♪♪
勝手に参考にしちゃってます。
2008/01/08(火) 20:36 | URL | 浅野 #-[ 編集]
>ケントさん
秋本さんの読切はホント良かった><
もう夢のような話で感動でした。
藤子さんが当たり前のようにいるぅ~と思うと
ドキドキしてちょっと普通には読めませんでしたね;;
トキワ荘の跡地に行ってみたくなりました。

>浅野さん
こんばんは~
クレイモアは、私の周りではアニメも原作も評価が
高いのでいつか全巻集めたいと思っています。
でもファンタジー漫画は買ってもすぐに読まずに後回しに
してしまうところがあるので、積読本が結構減ってきたら買おうかなと思っています。
ジャンプSQの感想が参考になったようで嬉しいです( ´▽`)
2008/01/08(火) 23:03 | URL | えびちりこ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/418-0e741494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。