「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■探偵綺譚~石黒正数短編集~
《ストーリー》
おなじみ先輩後輩コンビが友人失踪のミステリーに挑む!
ファン待望の表題作を始めとして…石黒正数の多彩な魅力を満喫できる
全11作品+α収録の傑作短編集!!

《収録話》
「探偵綺譚」
「スイッチ」
「14歳 性の相談室」
「気の抜けたビールで」
「カラクリ」
「血の連判状」
「スペースレンジャー・ゴーファイブ」
「修学旅行」
「薄暗い穴の底から」
「南国ピクシー」
「南国番長」
あとがき&自作品解説
未発表ラクガキ集

《感想》
あれ…?あんまり面白くなかった。
前の短編集が良かったから超期待していたのに…orz
とはいえ、面白い作品もありました。
「薄暗い穴の底から」が一番のお気に入りで、
「スイッチ」「14歳 性の相談室」「カラクリ」も面白かったです。

「薄暗い穴の底から」
ファンタジー。出口のない大きな穴に落ちてしまった二人。
寄せ集めのガラクタで空飛ぶ機械を作るが電池が足りない。
なんとか電池を確保した二人だが…。

6ページという短い作品ですが、無駄な部分がなくて話に入っていけました。
オチも良い意味で裏切られ、楽しかったです。
石黒正数さんの異世界モノの作品って面白いのが多いので
もっとファンタジーとかSFをたくさん描いて欲しいなぁ。

「スイッチ」
同じ時期に学校へとやってきた転入生二人。
一人はおとなしい雰囲気で、もう一人はどう見てもヤクザな風貌の男。
おとなしい方の転入生と仲良くなった主人公。
その転入生は、自分は体に爆弾を埋め込まれた実験体だと言い、
その爆弾の起爆スイッチを主人公に託す。
一方で、ヤクザな風貌の転入生にカツアゲされる主人公。
おとなしい方の転入生も、ヤクザな奴に呼び出される。
二人が近くにいる時にスイッチを押せば、ヤクザな奴を殺せるが…。

これも良い意味で裏切られた作品。
スイッチの押すのか、押さないのか。って
主人公が高校生だったから、余計にリアルで面白かったのかも。

「14歳 性の相談室」
偶然クラスメイトの胸チラを見てしまった主人公。
ノーブラに見えたが、本当にノーブラなのか盛り上がる仲間達。
真相を本人に確認する事にしたのだが…。

くだらない。けど、そこが良い。
ノーブラなのか、本人に確認した時の主人公の表情が可愛かったです。笑。

「カラクリ」
不登校の女の子が主人公。
肉体が死んだ後もサイボーグとなって生きていたおじいちゃん。
そんなおじいちゃんが完全に死んだ後、ベッドに鍵穴を見つける。
鍵を探す主人公だが、おじいちゃんとの優しい思い出が蘇り…。

孫思いのおじいちゃんの愛情が暖かい作品。
最初読んだ時は分からなかったけど、読み返すと
おじいちゃんの愛情がひしひしと感じられて良い作品でした。

点数=6点(前の短編集はファンタジーが多かったけど、今回は現代を舞台にした作品がほとんどでした。面白い作品もいくつかありましたが、全体を通してみると普通の短編集だったかな。)

探偵綺譚~石黒正数短編集 (リュウコミックス)
石黒 正数
4199500669
徳間書店 2007-12
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/417-68a10345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。