「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■妖怪のお医者さん 第3巻/佐藤友生
《ストーリー》
琴子のクラスに転入してきた黒郎の幼なじみ、カイエ。
彼の正体は、妖怪・座敷童子!
再会の喜びも束の間、黒郎は突然カイエに襲われる。
“妖怪のお医者さん”である黒郎の命を狙う妖怪の勢力に、
弱みを握られ利用されていたカイエは、黒郎との戦闘の末、
ついに禁断の最終兵器『百鬼夜行』を召喚してしまう!!

《収録話》
#11「さみしいから殺す」
#12「しゃれこうべ」
#13「すいみん不足」
#14「せきずいに針千本」
#15「そとづら最悪」
#16「たいないに異物」
#17「ちが濃い」
#18「つむじ曲がり」
#19「てがモジャモジャ」

《感想》
カイエの昔話で座敷童子ならではの悩みが語られてて面白かったー。
妖怪視点からの話って珍しい気がします。

3巻の見所は、主人公・クロが幼少時代の母との話ですね。
人間が妖怪に育てられた経緯が書かれています。
それにともなって、クロが妖怪のお医者さんをやっている理由も語られています。
新キャラも登場して妖怪側の話が増えてきてますます面白いです。
今後も楽しみです。

ここで第1話が試し読み出来ます。

点数=7点(たまに泣ける良い話があるのが好きです。)

妖怪のお医者さん 3 (3) (少年マガジンコミックス)
佐藤 友生
4063639053
講談社 2007-10-17
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/389-7a45623b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。