「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■逆走少女 -終わらない夏休み-/原案:大塚英志、脚本:久保田浩康、作画:ともぞカヲル
《ストーリー》
時を逆走する少女の物語。
向後兎子は、その名の通り “後ろ向き” な性格の女の子。
来る日も来る日も 「8月31日」 をループしていたが、
ひょんなことから ≪逆走≫ して、そのループから抜け出すことに成功する。
しかし、兎子が後ろ向きになる度に逆走してしまい……。

《収録話》
第1話「終わらない夏休み」
第2話「はみ出した幾何学」
第3話「始まりの三角形」
第4話「生まれる可能世界」
第5話「フラクタルと逆走」

《感想》
ストーリーが分かりにくくて読むのに疲れた…orz

「時をかける少女」のタイムリープと「逆走少女」のタイムリープは2点違います。
1つめは、自分が望む好きな時間に飛べないって事。
2つめは、過去に選択しなかった別の世界(可能世界)にも移動するって事。
過去に選択しなかった別の世界というのはアドベンチャーゲームで例えると
AとBという選択肢があったとして、Aを選択してそっちに時間が進んでも
実はBを選択したもうひとつの現実が平行して存在していてそれが可能世界らしい!
主人公の向後兎子は、その可能世界にもタイムリープしてしまうので、
今がいつの時代のどういう設定なのかっていうのが分からなくなって
途中で何回も読むのを投げ出したい気持ちになりました。

でもそれを除けば、大筋のストーリーはこれから面白くなりそうで期待が持てる内容でした。

副題の「終わらない夏休み」というその名のとおり、
向後兎子は、2007年8月31日を何回も繰り返していたのですが、
ある事がきっかけでタイムリープし抜け出す事に成功します。

なぜ、向後兎子が2007年8月31日を何回も繰り返していたのか…?
その謎については、どうやらある人物の仕業らしいのですが、
なんのために?どうやって?向後兎子はなぜタイムリープ出来るのか?
等々、まだ謎がたくさんあります。

今後に期待!

点数=5点(ストーリーが難解で疲れた…)

逆走少女-終わらない夏休み 1 (1) (電撃コミックス)
大塚 英志 ともぞ カヲル 久保田 浩康
484024054X
メディアワークス 2007-09-27
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/332-1a68fc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。