「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ラバーズ、ソウルズ 完全版/宮本佳野
《ストーリー》
他人にも、自分の身体にも執着のない美大生・四宮。
ゲイのカメラマン・松岡とも、金と身体だけの関係と割り切っていた。
四宮はそのうち他の人にも身体を売るようになるが、
松岡がお金を払ってしか自分と寝てくれないのが気になり始め…。

《収録話》
「ラバーズ、ソウルズ」
「VANITY」
「*Sleeping beauty*」
「名ばかりの月」
「あの空の名前」
「あとがき」

《感想》
四宮は、自分の事をあまり大事にしない人物で
簡単に身体を売ったりしているわけですが、松岡と出会った事で
本人も気づいていないぐらいの変化が少しずつあって、
で、ある時、四宮の日常が壊される大きな出来事が起こります。
その時、四宮は自分が変わっていた事に気づくのですが、もう遅かった…。

という、ストーリー自体はありきたりかもしれませんが、
四宮の複雑な心理描写が上手く、感情移入してしまいました。
シンプルなイラストではあるけど、的確にキャラクターの感情を
表現出来ていたところも良かったんだと思います。
それだけに四宮の身に起こった出来事については、私もすごい衝撃でした。
この衝撃は皆さんにも味わって欲しいので、実際読んで確かめて欲しいな。

普通のボーイズラブ作品に飽きた方、愛の話を読みたい方にオススメです。

この物語の続きは『RULES』という作品で読めるようです。
今度そちらも購入したいと思います。

点数=7点(せつなくて痛いBL読みたい方はぜひ)

ラバーズ、ソウルズ 完全版 [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
宮本 佳野
4776793857
宙出版 2007-09-27
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/324-94c3cf78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。