「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■岳 第5巻/石塚真一
《ストーリー》(単行本より引用)
美しさと危険が共存する「山」という世界。
山の素晴らしさと厳しさを知り抜いた男・島崎三歩。
三歩が山岳救助ボランティアを務める日本アルプスにやってくる人たち。
彼らもまた、三歩を通して山の魅力に魅せられていく。

《収録話》
第0歩「三歩の山」
第1歩「あの一杯」
第2歩「朋友 1」
第3歩「朋友 2」
第4歩「朋友 3」
第5歩「夢にみた山」
第6歩「救助士(前編)」
第7歩「救助士(後編)」
第8歩「背中」

《感想》
遭難者を救助した時に、三歩が言う「生きててくれてありがとう」
って言葉に毎回ジーンとしてしまう。
遭難して亡くなった人を何人も見てきた三歩が言うからこそ重みがありますね。

どの話も面白かったのですが、「あの一杯」が特にお気に入りになりました。
あの時おじさんが飲んだコーヒーは今まで飲んだコーヒーの中で
一番おいしかったでしょう!

また、「救助士(後編)」では三歩の顔に傷が出来た時の話が描かれていましたが、
助ける方も命懸けでやっているんだなと改めて思い知らされました。

いつも明るい三歩ですが、いろんな人の死を見て成長したからなんですよね。
クミちゃんはまだ新米救助士だから死を割り切れないところがありますが、
三歩から学びながら少しずつ成長してて応援したくなります。

各話の間に描かれている作者の山の思い出話が結構好きです。

ここで第1巻の冒頭8ページが試し読みできます。

点数=10点(老若男女問わず全ての人にオススメしたい作品)

岳 5 (5) (ビッグコミックス)
石塚 真一
4091814700
小学館 2007-09-28
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/320-a0104201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。