「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャンプスクエア買ったので感想を書きたいと思います。
雑誌感想を書くには初めてなのでちょっとドキドキです(´ω`*)
ストーリー漫画のみの感想です。

■エンバーミング/和月伸宏
主人公・ヒューリーとレイスが出会うきっかけになった事件から、彼らが別々の道を歩んでいくきっかけになるであろう事件までの話。まだプロローグ的内容のみでしたが、今後期待出来そうな内容だったと思います。
期待度 ★★★★★

■Luck Stealer/かずはじめ
一番期待していた漫画だっただけに、がっかり感も一番大きかった作品です。主人公は素手で触れた人間の運を吸収する特殊能力を持っていて、運をすべて吸収されてしまった人間は、必ず偶然何かが起こって死んでしまう。主人公の娘は生まれつき運がないまま生まれてきたが、主人公が触れると主人公の運を吸収し生きる事が出来る。主人公は娘のために、殺し屋をやっている、という設定。
運があれば死なないって「ラッキーマン」みたいで笑える。
運のところを記憶に置き換えれば、そのまま「マインドアサシン」を描けると思うですが、「マインドアサシン」の続編を描かずに、なぜ新しい設定で新連載したのかかずはじめさんに聞いてみたいですね。主人公の力が“運を吸収”って中途半端で微妙な気がするし、主人公の性格も個人的にそんなに好きじゃないので、全体的に微妙だったな、という印象。
とはいえ、かずはじめファンとしては、かずはじめさんの漫画が毎月読めるのは嬉しいです。
期待度 ★★☆☆☆

■まつりスペシャル/神尾葉子
これだけ少女漫画ですごい浮いてる。でも話はバカで笑えて面白かったです。主人公の女の子が、学校には内緒でプロレスラーをやってるという設定なんですが、プロレスめちゃくちゃ弱くていつも負けっぱなし、なのにそれが逆に人気に繋がってて本人はプロレスなんかやめたいのに、やめられないというジレンマがあったりして。体がゴツイ事にコンプレックスを持ってるのもかわいいくて好感度アップ。
期待度 ★★★★☆

■紅 Kure-nai/原作:片山憲太郎、漫画:山本ヤマト
原作はラノベ?らしい。いろいろツッコミどころが満載な漫画でした。まず、女の子がかなりひどいストーカー被害に合っているのに警察が全然動いてくれないところ。ストーカー男が警察の偉い人と繋がっているとか裏事情がないとそんな事ありえないと思うのですが、そういうのも全く出てこなくて理解できなかった。あと、女の子が自ら進んで一人っきりで出歩くところ。ありえないでしょ~。全体的にリアリティにかけていて、なにを楽しめば良いのか分からない作品。私には向いていないようです。
期待度 ★☆☆☆☆

■パト犬/片倉・狼組・政憲
ごめんなさい。この漫画だけ途中読み飛ばしてしまいました。正義のヒーローと悪人が出てきて戦うらしい子供向け漫画だというのは分かりました。話は面白そうだったのですが、なんかテンションについていけなくて読み飛ばしてしまいました。最後に出てきた犬型のヒーローがかわいかったので次月号はちゃんと読めそうです。
期待度 ★★★☆☆

■PARマンの情熱的な日々/藤子不二雄A
藤子不二雄Aさんの日常エッセイコミックですね。なんとも贅沢な生活をされているようで羨ましい限りです。
期待度 ★★★☆☆

■HELLO BABY/原作:森田まさのり、漫画:小畑健
森田さん原作とは思えない意外な漫画でびっくり。こんな漫画も描けるのかぁと感心しました。賛否両論あるとは思いますが、私は結構好きなかんじの漫画です。主人公が格好良いのに最高にダサくて面白かったです。
森田さんが作画もやっていたら、もっとコミカルな漫画になってジャンプ読者に合っていたかもしれませんが、あえて小畑さんが作画した事でセリフと絵に違和感が生まれて、面白い作品になっていたと思います。
昔、村田蓮爾さん達が出版した「FLAT」という本に載ってそうな漫画だと思いました。

■CLAYMORE/八木教広
今までの経緯を読んでないからサッパリ分からなかったけど、正統派ファンタジーというのはなんとなく分かりました。1巻はすでに持っているので時間があったら1巻から読もうと思います。絵に動きがないのは少し気になりました。
期待度 ★★★☆☆

■テガミバチ/浅田弘幸
絵も話もクオリティ高くて面白かったです。なんか汚れがない漫画で新鮮でした。とっても良い話なので子供に読んで欲しい作品ですね。既刊の単行本購入決定です!
期待度 ★★★★☆

■ロザリオとバンパイア seasonII/池田晃久
お色気漫画ということで全然期待してなかったんですが、キャラクターの個性がはっきりしていて初見でも分かりやすかったのと、主人公があまりへたれじゃないところに好感がもてました。ヒロインが二重人格というのは「サザンアイズ」みたいで面白いですね。既刊の単行本購入決定です!
期待度 ★★★★★

■ドラゴノーツ/木下聡志
一応全部読みましたが、全く好みと合いませんでした。オタク向けだと思います。
期待度 ★☆☆☆☆

■TISTA/遠藤達哉
全くのノーマークだったのですが、結構楽しめました。作者初連載らしいんですが、それだけに作者の熱意がこもってて、勢いがある漫画に仕上がってたと思います。小さい地味な女の子が実は凄腕のスナイパーで殺し屋をやっているという設定で、設定やストーリー自体はありがちなものですが、コマ割りとか構図が上手でついつい最後まで読んでしまいました。これだけ演出が上手な作家さんなので、今後の展開にも期待出来そうです。
期待度 ★★★★★

■清く正しく美しく/原作:ufotable、漫画:たあたんちぇっく
ジャンプSQ唯一のスポーツもの。海外からの交換留学生と一緒に女子サッカーをやるらしい。男性向け雑誌のはずなのに、なぜ女子サッカー!という疑問はありますが、面白い漫画になりそうな気がする。
期待度 ★★★★☆

■テイルズ オブ イノセンス/原作:バンダイナムコゲームス、漫画:海童博行
コマ割り下手だな~と思いました。ゲームをプレイする予定ないので、あまり興味がないです。
期待度 ★★☆☆☆

■総括
ファンタジーが多かったなと思います。でも、それぞれの作品が個性もあって面白いものだったので、どの漫画を読んでも楽しめました。オタクっぽい作品が3つ(「紅」「ドラゴノーツ」「テイルズ~」)もあるのが気になるので少し減らしてくれたら個人的には嬉しいです。肉体のみで戦うバトル漫画があったらもっとバラエティ豊かになって良い気がします。付録はいらない。

ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]
B000XA813A
集英社 2007-11-02
おすすめ平均 star
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/318-3ce9e412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。