「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いくえみ綾さんの新刊「バイ・アンド・バイ」です。

【ストーリー概要】
ごく普通の女子高生が、ひょんなことから巻き込まれた事件。
あれよあれよという間に、予想もできない展開になって…。

いくえみ綾さんの漫画には珍しく恋愛要素が全くといっていいほどない漫画。
いつものノリで読もうとしたら、ことごとくはずされたかんじ。

でも、内容は面白かった。
人によって好みは分かれそうですが…。
ダメな人は全然ダメだと思う。

主人公は、いつもと逆方向の電車に乗ってみるんだけど、
辿り着いた先でこれでもかというほど、いろんな事件に巻き込まれます。
普通じゃ絶対ありえないような事件の数々。

抜粋して書くと、修羅場中のカップルに巻き込まれたり、
コンビニ強盗に巻き込まれたりとか…。
←反転したら読めます。

少女漫画には珍しく主人公の気持ちが描かれているシーンは少なめ。
とにかくいろんな事件が次々に起こります。

自分的に印象に残ったシーンは、偶然入った喫茶店で
あったかいココアを飲みホッとするシーンですね。
ほんの数コマだったけど、読んでる自分もホッと一息つけた気がして…。

そして、このコミックスには表題作の他に読みきりが2作収録されてます。

「おむかいのさちこちゃん」「友達の子供」です。

「おむかいのさちこちゃん」はたぶん男性向けかな。
エロいという意味の男性向けではなくて、ラブ要素がないから。
主人公も男だし、ヒロイン?はかわいくないし。
この漫画もすごく好みが分かれそう!!

自分はあまり好きにはなれなかったけど、
海のシーンは好き。青春!!てかんじです。

「友達の子供」は良かった!すごく良かった!!
家で留守番していた息子の元に、父親(半年前に死亡)の知り合いという
綺麗めな女の人が訪ねてくるんだけど、
どうも父とその女の人はワケありっぽい!!
大人の駆け引きがこわああぁぁぁぁい。
息子達とその女のやり取りが自分好みで良かった!
―――――――――――――――――――――――――――――――
バイ・アンド・バイ
いくえみ 綾

バイ・アンド・バイ
集英社 2006-10-25
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://comicomics.blog78.fc2.com/tb.php/26-89174fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。