「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■赤髪の白雪姫 第1巻/あきづき空太
《ストーリー》
生まれつき赤い林檎の様な美しい髪の白雪。
その珍しい髪色を悪名高いラジ王子に気に入られ困った白雪は国を出ることに――!!
隣国の森で出会い力を貸してくれた少年・ゼンとは一体…!?
サマーラブ読切「八月の四季彩」も収録。

《収録話》
第1話~第4話
読切「八月の四季彩」
おまけ頁

《感想》
少女漫画の正統派ファンタジーです~。
こういうファンタジーって久しぶりだから新鮮。
王子や薬草や剣などファンタジーっぽいのものが登場してなかなか面白かったです。
魔法はないみたいですね。

生まれつき赤い髪の白雪という名前の少女が主人公です。
赤髪が国の王子に気に入られ愛妾にさせられそうになったので
長かった髪をばっさりと切り、国を出るところからお話は始まります。
国を出たところで助けてもらった少年・ゼンが実は驚きの人物で…ってなかんじで
その後の展開もゼンの身分を活かした内容でなかなか面白いと思います。

白雪とゼンが一緒にいるのがすごく自然な雰囲気がしていて良いですね。
作品全体にゆったりとした時間が流れていて、落ち着く雰囲気の漫画です。
絵柄も丁寧でかわいらしいです。

ファンタジーだからいろいろ話が広げられますし今後に期待!

単行本の試し読みはこちら

点数=6点(正統派ファンタジーです。なかなか面白いので今後に期待。)

赤髪の白雪姫 (花とゆめCOMICS)
あきづき 空太
4592183738
白泉社 2007-12-05
おすすめ平均 star
スポンサーサイト
■っポイ! 第25巻/やまざき貴子
《ストーリー》
受験を終えた平(へー)!
でも合格発表はまだまだ…結果のわからない不安な日々。
だけど卒業式間近の校内はいろんなイベントが控えていて、
やっぱり平&万里の周りはにぎやかで!?
そして恋にも新たな展開が…?

《収録話》
第69話「勝ちに行こう!!」
第70話「送るコトバ」
第71話「ビター・スウィート」
番外編「未来の僕ら」
おまけ「主役っポイ!?-カナイ君のおむすびコロリン-」

《感想》
長い長い中学生活も終盤で、ついに高校受験が終わりました。
でも相変わらず平達はイベントで大騒ぎです。笑。

今回もポイらしくて良かったです。
やっぱり平達は、わいわい遊んでないと。

そして、今回の見所はサガミと成ちゃんの恋の行方ですね!
ずっとあやふやだったけど彼女達の結果が出ました。

サガミについては、結構あっさり描かれて意外でしたね。
もっと引っ張るのかなぁと思っていたので。

成ちゃんについては、公園での万ちゃんがめちゃくちゃかっこよくて
雰囲気もあって素敵だなぁと思いました。
分かってた結果ですがこれからも頑張って欲しいです。

番外編は本編から数年経った未来の話でした。
高校生になったヒナキの弟が主役なのですが、
ヒナキの彼氏もちょこっと登場してますよん。

点数=8点(今回も描きこみがたくさんあって嬉しかったです。)

っポイ! (25) (花とゆめCOMICS (3189))
やまざき 貴子
4592176855
白泉社 2007-12-05
おすすめ平均 star
(雑誌)月刊アフタヌーン 2008年04月号
萩尾望都パーフェクトセレクション 9 半神-短編傑作集-/萩尾望都
ナチュン 3/都留泰作
配達あかずきん/久世番子、原作:大崎梢
悪魔とラブソング 3/桃森ミヨシ
指と唇と瞳のイジワル/佐々木柚奈
トリプルKISS 1/嶋木あこ

以上7冊お買い上げ。

「月刊アフタヌーン」は蟲師が良かったですー。
ぷーねこも好き。単行本の3巻出るみたいなんで超楽しみです。

「萩尾望都パーフェクトセレクション」は今回で終わり。
長かったぁ~。高かったぁ~。
まさかこんなにたくさん出ると思ってなかったので予想外の出費でした。
9冊で終わってよかった(ノロ;`)

「配達あかずきん」は「暴れん坊本屋さん」と同じ作者なので買いました。


■ONE PIECE 第48巻/尾田栄一郎
《ストーリー》
モリアから夜明け前までに影を奪回する為、スリラーバークへ再突入したルフィ一味。
だが四怪人&ゾンビ軍団&ルフィの影が入った魔人オーズが行く手を遮る!!

《収録話》
第460話「夜明け前に取り返せ!!」
第461話「ゴーストバスター」
第462話「オーズの冒険」
第463話「海賊サンジvs怪人アブサロム」
第464話「サンジの夢」
第465話「海賊ウソップvs怪人ペローナ」
第466話「決着」
第467話「海賊ゾロvs侍・リューマ」
第468話「海賊チョッパーvs怪人ホグバック」
第469話「出て来い麦わらの一味!!!」
第470話「オーズvs麦わらの一味」

《感想》
今回はほとんどが戦闘シーンでしたが、
それぞれの戦いが1話で完結しているので非常に分かりやすかった。

尾田栄一郎さんは戦闘シーンも上手くまとめられるようになったみたいですね。
いやはや凄いです。さすがです。それぞれ演出も違ってて全部良かったです。

その中でも特にゾロの戦いが良かったですね。演出がかっこよくて。
ゾロが負けたのかと思ってハラハラしてしまいました。

チョッパーの戦いもなかなかでした。緊張感のある戦闘シーンの間に
シンドリーちゃんのホロリと涙を誘う演出があってぐっときました。

第470話もルフィ達みんなで戦っているという雰囲気がビシビシ伝わってきました。

それにしてもオーズは強すぎる…どうやって倒すんだろう…。

第47巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=10点(戦闘シーン満載で面白かったです。)

ONE PIECE (巻48) (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
408874442X
集英社 2007-12-04
おすすめ平均 star
■ONE PIECE 第47巻/尾田栄一郎
《ストーリー》
影を取られたブルック、ゾンビに襲われるナミ達、仲間が次々と消えるルフィ達。
不思議な事ばかりが起こるスリラーバーク…!!
その全貌が徐々に明らかになり!?

《収録話》
第450話「将軍ゾンビnight」
第451話「ペローナの不思議の庭」
第452話「風のジゴロウ」
第453話「くもり時々ホネ」
第454話「ハナウタ」
第455話「王下七武海ゲッコー・モリア」
第456話「氷の国から来た魔人」
第457話「肉~~!!!」
第458話「アフロだけは」
第459話「死んでごめんじゃないでしょうに」

《感想》
徐々に明らかになってくるスリラーバークの全貌!

今回は敵キャラが続々と登場しました。
ツギハギだらけのゾンビ達に、王下七武海まで登場して
なんだか今回もルフィ達は苦戦しそうなかんじがします。

とはいえ、まだ戦闘シーンはなくいつもの明るい雰囲気でお話は展開します。
新たな能力者たちに戸惑うルフィ達、ゾンビの謎とは?魔人とは?
気になる要素が満載で読み出したらとまりません。
ギャグあり、名ゼリフあり、飽きさせない展開で素晴らしいです。

ブルックの過去…昔の約束にはびっくりしました。
まさかあの話と繋がるとは…。

あと、コマの隅々まで細かく描きこまれていてコストパフォーマンス最高ですね。

単行本の試し読みはこちら

点数=10点(名作だなー。アフロに痺れました。)

ONE PIECE 巻47 (47) (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
408874411X
集英社 2007-09-04
おすすめ平均 star
昨日に引き続き今日もまた6時間ほど作業しまして
本棚の整理整頓が終了しましたヽ(・∀・)ノ

これで今月の目標がすべて達成できました!!

ヽ(・∀・)ノヤッター

携帯画像ですが本棚の一部をお見せします。
本棚全体の画像は、週末頃にデジカメで撮影して載せようと思ってます。

白泉社少女漫画


講談社少女漫画
02273.jpg

完全版&文庫版
02272.jpg

小学館男性向け
02274.jpg

集英社男性向け
02275.jpg

などなど、本棚12個+収納ケース3個に分けて収納してあります。

そして残念ながら本棚に入りきらなかった本が約400~500冊ありました。
とりあえずクローゼットの中に積んでおくことに…。
これらの本は次に本棚を購入したら収納します。
02276.jpg
本日は本棚を整頓してました。

本棚にぐちゃぐちゃと入っている漫画を一旦広い場所に移動させ
レーベル別作者順に並べかえた後、本棚に戻すという作業です。

飲まず食わずで6時間ほど作業し、3分の1が完了しました。

引き続き、明日も頑張るです。




02262.jpg
体調が悪いため単行本の感想は後日書くとして
先にランキングの発表です。

今回は、2007年12月に発売したコミックスの中から
自分的に面白かったもの5作品をランキング形式で紹介します!
ちなみに2007年12月発売単行本の中で私が買った本は、全79冊。
(買った本のタイトルが気になる人は、下記の「続きを読む」を押して下さい。)

まだ未読の本も数冊あるのですが、それは省いてランキングいってみましょう。

第1位
ONE PIECE (巻48) (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
408874442X
第1位はやっぱりこの作品です!!
戦闘シーンが多めでかっこよかったです。
感想を書いた記事はこちら

第2位
っポイ! (25) (花とゆめCOMICS (3189))
やまざき 貴子
4592176855

万ちゃんかっこい~~~。
感想を書いた記事はこちら

第3位
Danza (モーニングKC)
オノ ナツメ
4063726495

どの話も暖かみがあって良かったです。
感想を書いた記事はこちら

第4位
妖怪のお医者さん 4 (4) (少年マガジンコミックス)
佐藤 友生
4063639320

ホラー話とギャグ話と感動話が混ざっていて
1冊でいろいろ楽しめました。
感想を書いた記事はこちら

第5位
世にも奇妙な漫☆画太郎 2 (2) (ヤングジャンプコミックス)
漫 画太郎
4088773713

インパクトがあったので第5位に決定!
ストーリーが面白く、絵柄でも楽しめる良作。
感想を書いた記事はこちら

12月の上位5作品はこんなかんじになりました。
12月分は購入数が多く、良作もたくさんあったので迷いました。
惜しくもランキング外にはなりましたが、「銀魂 21」「赤髪の白雪姫 1」
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか 1」「幻想夜想曲 夢幻アンソロジー 8」
「パピヨン―花と蝶― 3」「チョコレートコスモス 1」「二人の騎士」
「LIAR GAME 6」「ユリア100式 5」「とらわれごっこ 2」
「Doubt 1」「鋼の錬金術師 18」「ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3」
「ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3」「魍魎の匣 1」「ブラッドハーレーの馬車」
「高校デビュー 10」「おやすみプンプン 2」「僕の小規模な生活 1」
「金魚屋古書店 6」「TRACKER大神冬馬 1」「賭博堕天録カイジ 12」
「じょなめけ 1」「僕達は知ってしまった 2」
なども続きが気になる作品で凄く面白かったです。
良い漫画がたくさん発売されていて日本の文化は凄いですな。
3月のライオン 1/羽海野チカ
未来日記 5/えすのサカエ
蟲師 9/漆原友紀
謎の彼女X 3/植芝理一

以上4冊お買い上げ。


霊能力者小田霧響子の嘘 1/甲斐谷忍
バイオメガ 4/弐瓶勉
たいようのマキバオー 3/つの丸
お茶にごす 3/西森博之
花と悪魔 1/音久無
しゃにむにGO 28/羅川真里茂

以上6冊お買い上げ。

「霊能力者小田霧響子の嘘 1」は「LIAR GAME」と同じ作者の作品。
今回もタイトルに“ウソ”が入ってますね。期待。!!

「お茶にごす 3」は2/18に1冊買ったのに間違えてもう1冊買ってしまいました…orz

最近、更新が滞っていますが漫画を読んでいるためです。
週末以降は通常の更新頻度に戻したいと思っています~。


■デス・スウィーパー 第1巻/きたがわ翔
《ストーリー》
清掃人(スウィーパーズ)。
それは死体のあった部屋を掃除し、遺品を処理する仕事。
兄の自殺現場に現れた美貌の清掃人・玲児の後を追い、
同じ仕事に就く裕行。だが、訪れる現場はどれも凄惨なものだった……。
きたがわ翔が描く生と死の物語。

《収録話》
第1話「プロローグ 兄の死(前編)」
第2話「プロローグ 兄の死(後編)」
第3話「溶けた体(前編)」
第4話「溶けた体(後編)」
第5話「「オタク」の部屋(前編)」
第6話「「オタク」の部屋(後編)」
第7話「ロープ(その1)」
第8話「ロープ(その2)」
第9話「ロープ(その3)」

《感想》
主人公は20歳の男。
兄が自殺したのがきっかけで清掃人という仕事を知ります。
死体の清掃は、普段人が目にする事のない真実だと思った主人公は、
兄の死を受け入れ、リアルを知るために清掃人として働くことにします。

最初は、死体がある現場にいく度に、その匂いや光景に吐いてばかりでしたが、
一緒に清掃している先輩・玲児の言葉を通じて徐々に死を受け入れます。
そして、死の現実をみつめ生への希望を紡いでいくという内容。

玲児のキャラが薄っぺらくかんじてしまい、ぐっとこなかったです。
伝えたいテーマを、セリフで伝えるのではなくエピソードで伝えてくれれば
もっとすとんと理解しやすかったんじゃないかなと思いますが…。
物足りない印象が残りました。

※若干、グロ注意。

点数=5点(清掃人という題材は面白いですが今のところ底が浅い印象。)

デス・スウィーパー 1 (1) (KADOKAWA CHARGE COMICS)
きたがわ 翔
4047250023
角川書店 2007-12
おすすめ平均 star
■僕の小規模な生活 第1巻/福満しげゆき
《ストーリー》
作者の周りで起きた事実をもとにした
マンガを描くマンガ家のマンガ。

《収録話》
第1話「団地に住みたいの巻」
第2話「掃除のバイトの巻」
第3話「レンタルビデオ屋のバイトの巻」
第4話「風の谷の名探偵の僕の巻」
第5話「単行本を出してお金持ちになるぞ!!の巻」
第6話「バンド失敗!!の巻」
第7話「年下に対して妬んだり憎んだりするの巻」
第8話「バイトするならコンビにだ!!の巻」
第9話「ご近所トラブル!!110番に電話するの巻」
第10話「さあ!お婆さんを思い出せ!!の巻」
第11話「近代的だ!!出会い系みたいので人に会うの巻」
第12話「講談社の人に有能と思われたい!の巻」
第13話「あの食材を食べるの巻」
第14話「どんなことにも先駆者がいるの巻」
第15話「「あんたそのあいだ何してた?」と言われるの巻」
第16話「粉飾 連載詐欺の巻」
第17話「冷蔵庫の巻」
第18話「長い1日のはじまりの巻」
第19話「長い1日の途中の巻」
第20話「長い1日のまだ途中の巻」
第21話「長い1日の終わりの巻」
第22話「妻よ 黒く塗ってくれの巻」
第23話「載せてもらうために譲歩せよ!の巻」
第24話「長い1週間と数日の巻」
第25話「僕が思っていると担当さんは思っているに違いないの巻」
あとがき

《感想》
漫画家の生活を描いた漫画ですの。
漫画家に興味のない人は読んでもあまり面白くないかもしれませんの。

お話の前半部分は、売れない漫画家の日常生活のエピソードを中心に
コミカルな雰囲気で描いてあります。
主人公の性格は、人の顔色をうかがってオドオドしているようなキャラですが、
いきなりバンドを作ってライブをやると言い出し、それを成し遂げてしまうような
意外な行動力の持ち主でもあり、読んでいて飽きさせない展開でした。
作者と妻とのエピソードも描かれているのですが、働かない旦那に対して
イライラしている妻は怒っていてもどこか可愛らしく微笑ましいです。
喧嘩してもちゃんと愛があるから良いですね。

お話の後半部分は、漫画家としての仕事が波に乗ってきた時の
編集者とのエピソードを中心に描いてあります。
前半部分とはうってかわって、仕事という責任もつきまとう題材なので
読んでてこちらも冷や冷やしてしまいました。

漫画家もいろいろと大変なんだな…と思いました。

点数=6点(漫画家に興味のある方におすすめ。)

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
福満 しげゆき
4063754170
講談社 2007-12-21
おすすめ平均 star
モノノ怪 1/原作:怪~ayakashi~製作委員会アニメ「化猫」より、作画:蜷川ヤエコ
アオイホノオ 1/島本和彦
同級生/中村明日美子
メテオド 3/四位晴果
お茶にごす 3/西森博之
金剛番長 1/鈴木央
うる星やつら 新装版 31/高橋留美子
うる星やつら 新装版 32/高橋留美子
コイバナ!恋せよ花火 1/ななじ眺
星の速さで駆けてく/谷川史子

以上10冊お買い上げ。

「モノノ怪 1」がやっと手に入りましたヽ(●´ω`●)ノ
アニメは見たことないのですが、映像美がすごいとの噂を聞いていて
ずっと気になっていた作品です。
漫画版はぱらぱらめくったかんじでは雰囲気があってなかなか良さそうです。
肝心のストーリーはどうなのか…楽しみであります。

「星の速さで駆けてく」はコメントでオススメしていただいた作品です。


■インモラル?LOVE/紫賀サヲリ
《ストーリー》
マジメな進藤先輩に片思い中の智世。
先輩の事を考えてやらしいコトしてたら倉田先輩に見られちゃった!!
しかも「手伝ってあげる」って言われて、Hな手ほどきうけちゃって!?
好きなのは進藤先輩だけど、倉田先輩からのあま~い誘惑にもココロ揺らされて…。
大人気インモラルシリーズをつめこんだキュートでドキドキいっぱいのコミックス。

《収録話》
「インモラル?LOVE」
「インモラル・トライアングル」
「インモラル・シチュエーション」
「インモラル・Graduation」
「インモラル・ニューイヤ~」描き下ろし

《感想》
3P系のTL漫画です。苦手な方は注意です。

主人公のチヨちゃんは進藤先輩が好きなのですが、
倉田先輩の誘いに負けて1人Hを手伝ってもらうことに。
憧れの進藤先輩の事を頭に思い浮かべながら、
倉田先輩にいけない事をされる…こんなこと
やめなくちゃいけないのに気持ち良い。。。><
ある日、いつものように学校でいけない事をしていると
進藤先輩に見つかってしまいます。嫌われたと思ったチヨですが、
進藤先輩もチヨの事が好きだと分かり付き合う事になります。
そしてそのまま勢いで倉田先輩も混じって3人でHするのですが、
倉田先輩は女の子が感じている姿を見るのが一番興奮し、
挿入しなくても満足という変わった性癖を持っているために、
見ている(たまに触る)だけというポジジョン。
倉田先輩に見られて進藤先輩に満たされるインモラルな快感に
燃えてしまったチヨですが…。。。

というお話で、毎回チヨと進藤先輩のHに
倉田先輩が混じってくるという展開です。

3Pといえば、2人に挿入されるというのが普通だと思うのですが、
この漫画は倉田先輩はチヨには入れないところがポイントですね。
現実にはありえないシチュですが、漫画ならではの設定で楽しく読みました。

あと、チヨちゃんの反応がいちいち可愛らしくて、日常生活のシーンからもう
いっつもウルウルしていて小動物みたいで、守ってあげたくなるかんじが良いですね。
Hの時は、あぁ…ふぁん、ってかんじでエロカワで良いです。

メイドコスプレで3Pなどマニア心をくすぐられる演出もありますよ。

点数=7点(オススメ。珍しい3Pの漫画。女の子の反応がいちいち可愛くて良いです。)

インモラル?LOVE (カルト・コミックス sweetセレクション)
紫賀 サヲリ
4773096489
笠倉出版社 2008-02-16
■LIAR GAME 第6巻/甲斐谷忍
《ストーリー》
ジリジリするような読み合いが続くLGT3回戦もいよいよ終盤。
北の国メンバーに、南の国との内通者がいると疑うヨコヤは、
容疑者に“自白ゲーム”を強要し、その見事な手管であっさりと自白させてしまう。
露になってしまったアキヤマの逆転の秘策…。
そしてゲーム最終日、勝利を確実なものにするべくヨコヤはトドメの一手を打つ!!
絶体絶命の南の国に、勝利の道は残されているのか…!?
読み応え十分の心理戦・“密輸ゲーム”編、堂々完結!!

《収録話》
第50話「尋問」
第51話「自白」
第52話「奸策」
第53話「警戒」
第54話「完遂」
第55話「擾乱」
第56話「失策」
第57話「連帯」
第58話「矛盾」
第59話「挑発」

《感想》
密輸ゲームがついに完結という事で、アキヤマがどうやってヨコヤの作戦を崩し、
勝利に導くのかと注目していましたが、見事な作戦勝ちでした。
まさかアレを上手く使うとは思わなかったです。

多少、アキヤマに都合の良い展開が続いたかんじはありますが、
(アカギとシバヤマの自白ゲームの件や、カードの○製の件など)
結果良ければすべて良しってことで。

第4回戦は一体どんなゲームが登場するのか楽しみです。

単行本の試し読みはこちら

点数=7点(密輸ゲーム編完結)

LIAR GAME 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)
甲斐谷 忍
4088773691
集英社 2007-12-19
おすすめ平均 star
■魍魎の匣 第1巻/原作:京極夏彦、作画:志水アキ
《ストーリー》
終戦間もない昭和の日本。
女学校に通う楠本頼子と柚木加菜子は、最終列車に乗って湖に行く計画を立てる。
当日、加菜子は到着した電車に轢かれてしまう。
偶然居合わせた警視庁捜査一課の木場刑事は、混乱した現場で頼子の監視を頼まれる。
加菜子の安否を気遣う頼子とともに、運ばれた病院に向かった木場は、
そこで加菜子の姉と名乗る女性、柚木陽子と出会う。
それは、木場が憧れていた女優、美波絹子その人だった。
京極夏彦の大ベストセラー小説のコミック版ついに刊行!!

《収録話》
第壱話~第弐話

《感想》
原作は未読です。
表紙が綺麗だったので買ってみました。

中のイラストもとても美しく上手いですね。
耽美で怪しげな雰囲気がもんもんと出ていて
時には迫力のある絵でひきつけられます。

お話的には、まだ事件のプロローグ的な内容なのかなと思います。
京極さんが活躍していませんので。
第2巻から事件の全容が明らかになるのでしょう。
非常に楽しみな作品です。

単行本の試し読みはこちら
※「電子ブックを開く」をクリック

点数=7点(イラストが◎。話も展開が上手く良いです。)

魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC)
京極 夏彦 志水 アキ

4048541560
角川書店 2007-12
売り上げランキング :
おすすめ平均 star
妖怪のお医者さん 5/佐藤友生
CHIMES 3/渡辺静
ケロロ軍曹 16 劇場3公開記念超特別版/吉崎観音
インモラル?LOVE/紫賀サヲリ

以上4冊お買い上げ。

新刊を買ってきました。
ケロロ軍曹の通常版は26日発売のようです。


■女王の放課後/たちばな梓
《ストーリー》
龍崎麗奈(高1)。
カリスマ読モ→報道キャスター→セレブ界の頂点という
人生の野望を達すべく、仔兎のような愛くるしさと、
狼のごとき知略を武器に、今日も闘う!

《収録話》
伝説其の一「黒雪姫~snow black~」
伝説其の二「新世紀シンデレラ、誕生」
伝説其の三「(腹)黒きジャンヌ・ダルク!」
伝説其の四「賢女シェヘラザードの謀略」

《感想》
腹黒く計算高いけれど、情に厚く筋の通った生き方をする女王が主人公。
己の目指す野望のために邪魔な者を全力で倒す。
見た目は可愛らしく中身はかっこよく、清々しいヒロインです。

元々は読切作品だったらしいのですが、めでたく連載化という事らしく、
1巻表記はありませんが2巻に続くって書いてあるので以下続刊なのでしょう。

1話完結タイプでお話が進んでいき読みやすいのは好感触です。
ヒロインの性格も白黒ハッキリしていて分かりやすいので男の人でも楽しめるかも。

野望のために皆に愛想を振りまき、
時には嘘泣きしたりして、男子生徒の心をぎゅっと掴みます。
人によって態度をコロッと変えるのですが、むしろ清々しく思えるから不思議。
こういうヒロインには憧れちゃいます。

今のところ恋愛要素がないのもサバサバしてて良い。
期待作です!

点数=7点(期待作。1巻の表記はありませんが2巻も出るようです。)

女王の放課後 (講談社コミックスフレンド B)
たちばな 梓
4063415678
講談社 2008-02-13
■たいようのマキバオー 第2巻/つの丸
《ストーリー》
地方の高知競馬場でアイドルホースとして大人気のヒノデマキバオー。
念願の初勝利を飾るも、無理がたたり足を故障してします。
休養と特別メニューのため桂浜にやってきたマキバオーと隼人は、
そこで闘犬・雷電と出会う。その頃高知競馬場では、大変なことが!?

《収録話》
週刊13馬「桂浜にゃ」
週刊14馬「闘犬・雷電號」
週刊15馬「リフレッシュしとーせ」
週刊16馬「桂浜でバケーション!?」
週刊17馬「ダービー馬」
週刊18馬「広報・吉田の秘策」
週刊19馬「ジャスティス!!!」
週刊20馬「わかっちゅう」
週刊21馬「なんてったってアイドル」
週刊22馬「オレの仕事」
週刊23馬「黒潮皐月賞」
週刊24馬「幸せなこと」

《感想》
高知競馬場に人を呼ぶために走るマキバオー。
マキバオーがレースに出ない日は客がほとんど入らず
そうなると高知競馬場がなくなってしまうかもしれない。
苦しい地方競馬場の経営が丁寧に描かれ、読んでるとこちらも息苦しくなります。

前作とは全く異なる展開ですが、今作もすごく面白いです。

第2巻では、マキバオーを取り巻く環境や人々が丁寧に描かれていて
分かりやすくとても面白かった。
本当は、競走馬として華々しく活躍したいマキバオーが
皆のために涙をのんで頑張る姿にはとても胸を打たれました。

全て読み終わったあとに本を閉じると、裏表紙に描かれた
ボロボロのマキバオーが目に入りまたぐっときますね。

良いです!!(´;ω;`)

第1巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=7点(良い(´;ω;`)これからどうなるの。)

たいようのマキバオー 2 (2) (プレイボーイコミックス)
つの丸
4088574737
集英社 2007-11-19
おすすめ平均 star
■ライフ 第17巻/すえのぶけいこ
《ストーリー》
歩はリストカット癖のある少女。愛美にイジメの標的にされるが、
未来との友情に勇気づけられて立ち向かってきた。
担任の戸田が依願退職したことをきっかけに、生徒たちは愛美に対し
これまでの怒りを爆発させる。暴徒と化した生徒たちは愛美に「土下座」を要求。
ぎりぎりまで追い詰められた愛美だが、それでもあきらめず逃走を図る。
しかしプリクラ帳を額にぶつけられ、ついにその足も止まり――!?

《収録話》
第64回「地獄」
第65回「疾走」
第66回「原点」
第67回「対峙」

《感想》
相変わらず話の進展が遅くて今回もあんまり進まなかった。
もう話の終盤にきているのに、ほとんど話が進まないのは
ちょっとイライラしますね。早くまとめて欲しい~。

でもその分、一つ一つの表情が大きめに描かれているので
絵としての迫力は抜群ですね。
怒った時の愛美は本当に怖い顔をしているし、雰囲気でてると思います。

第17巻では、愛美が逃走したことで、場面は学校から佐古家に移り、
密室に愛美と歩が対峙することになります。

歩が、今まで支えてきてくれた未来を振り切って愛美を追いかけたのは
ちょっと疑問でしたが、歩と愛美の対峙という展開にはワクワクしてしまいます。

なんだかんだ言って次巻も楽しみです。

第16巻の感想を書いた記事はこちら

点数=5点(話の進展は遅いが迫力はあります。)

ライフ 17 (17) (講談社コミックスフレンド B)
すえのぶ けいこ
4063415643
講談社 2008-02-13
おすすめ平均 star
東京マーブルチョコレート―ハロー、グッバイ、ハロー。/谷川史子
笑わない人魚/今市子
ライフ 17/すえのぶけいこ
コスプレ★アニマル 8/栄羽弥
女王の放課後/たちばな梓

以上5冊お買い上げ。

「女王の放課後」は表紙買いです。

しばらく更新滞っていましたが、積読本はちゃんと減ってます。
今月の目標は絶対達成するぞ~ヽ(●´ω`●)ノ


■キスよりも早く 第2巻/田中メカ
《ストーリー》
女子高生・梶文乃は生活のため担任の尾白先生と結婚!!
利用するだけのつもりだったのに、次第に先生に惹かれていく文乃…☆
順調に愛を育む二人だったが、クラスメートの黒沢に二人の関係を疑われて…!?

《収録話》
love.3~love.7
MecaSite(あとがき)

《感想》
相変わらずらぶらぶなお2人で読んでるこっちが恥ずかしいです。笑。

首筋や胸にキスマークをつけてもまだキスをしていない2人。
作者も柱で書いてますが「もうキスしちゃえ」と思いますね。

ていうか、そろそろ新しい大きな展開をもってこないと
だんだんワンパターン化しちゃっているのでつまらなくなりそう。

エロは絶対必要ではないから、家族の絆を描いたり、
キャラの内面的な成長を描いて欲しいなぁと思います。

第1巻の感想を書いた記事はこちら
第1巻の試し読みはこちら

点数=6点(話の展開がワンパターン化してきたので、そろそろ大きな変化が欲しいところ。)

キスよりも早く 2 (2) (花とゆめCOMICS)
田中 メカ
4592184726
白泉社 2007-12-05
おすすめ平均 star
■あいらぶ日和 第1巻/アキタコウ
《ストーリー》
あい&コウヘイ、ふたりのふたりによるふたりのための
……むしろふたりでやってろ!な愛の日々。
うざったくもカワイイ、苦笑い&半笑いショートコメディ!
主な登場人物
馬場あい(24歳。コウヘイと同棲中のホラー漫画家。自由人)
中嶋コウヘイ(21歳。あいちゃん大好きな探偵)

《収録話》
#1~#14
おまけ「完璧だよ」

《感想》
らぶらぶの2人を描いたほのぼの漫画です。

ただIKKIで連載されているだけあって
普通のほのぼの漫画とはちょっと違います。

主役2人の職業がホラー漫画家と探偵という癖のあるもので、
あいちゃんは子供が大っ嫌いだったりします。
あと、2人が暮らしている部屋におじさんが一緒に住んでいます。
小さいおじさんと普通サイズのおじさんがいるのですが、
小さいおじさんはあいちゃんにだけ見えているかんじで、
普通サイズのおじさんは2人とも見えていないみたいですね。
あのおじさんの正体がとっても気になります。

お話の流れは、2人のらぶらぶ生活を1P~2P程度のショート漫画で描いていくもの。
コウヘイがあいちゃんの事を好きなのが伝わってきてほのぼのします。

あいちゃんは、性格に一貫性が感じられないところがあって、
お話によって良い人だったり極悪人?みたいだったりしますね。
そこがちょっと気になるかな。。。
そういう情緒不安定気味な性格なだけかもしれませんが。

点数=4点(良い話もありましたが疑問点も多くキャラ設定・世界観が不安定なかんじ。)

あいらぶ日和 1 (1) (IKKI COMICS)
アキタ コウ
4091883877
小学館 2007-12
■高校デビュー 第10巻/河原和音
《ストーリー》
いよいよ大運動会本番!!
ヨウにとっては晴菜を巡って親友・朝丘との真剣勝負。
何も気づいていない晴菜は、やる気満々なヨウの姿に感動しっぱなし。
男同士の戦いの結果はいかに…!?

《収録話》
別冊マーガレット平成19年5月号~8月号に掲載分

《感想》
大運動会本番のお話後半と夏休みのお話の始まりの部分です。

ヨウと晴菜は前にもましてラブラブカップルでほほえましい。
晴菜にペースをくずされているヨウの姿が面白いです。
ヨウが晴菜の家にやってきて家族にもてなされる話は
ツボに入りまくりで笑わせていただきました。

大運動会の件は、予想通りの結果でした!
やっぱりそうじゃないと。

夏休みの夏期講習のお話ではあぶないかんじの女の子が新登場。
行動がよめないので怖いキャラです。

また一波乱ありそうで楽しみ。

第8巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=7点(恋愛もギャグも両方面白い。読みやすいです。)

高校デビュー 10 (10) (マーガレットコミックス)
河原 和音
4088462491
集英社 2007-12-25
おすすめ平均 star
今更ですが…月別ベスト5です。

今回は、2007年11月に発売したコミックスの中から
自分的に面白かったもの5作品をランキング形式で紹介します!
ちなみに2007年11月発売単行本の中で私が買った本は、全64冊。
(買った本のタイトルが気になる人は、下記の「続きを読む」を押して下さい。)

まだ未読の本も数冊あるのですが、それは省いてランキングいってみましょう。

第1位
百鬼夜行抄16 [眠れぬ夜の奇妙な話コミックス] (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
今 市子
4022131020
妖怪好きにはたまらない作品です。
感想を書いた記事はこちら

第2位
のだめカンタービレ (19) (講談社コミックスKiss (673巻))
二ノ宮 知子
4063406733

名作です。
感想を書いた記事はこちら

第3位
悪魔とドルチェ 2 (2) (花とゆめCOMICS)
鈴木 ジュリエッタ
4592185021

カラクリオデットより好きです。
感想を書いた記事はこちら

第4位
リアル 7 (7) (ヤングジャンプコミックス)
井上 雄彦
4088773527

えぇ話やのう(´;ω;`)
感想を書いた記事はこちら

第5位
モテかわ★ハピネス 1 (1) (Feelコミックス)
青木 光恵
4396764235

読んでて楽しかったので。
感想を書いた記事はこちら

11月の上位5作品はこんなかんじになりました。

ランキング外にはなってしまいましたが、「まつろはぬもの 1」「賭博覇王伝零 1」
「CHIMES 2」「お茶にごす 2」「絶対可憐チルドレン 11」「うたうめ 1」
「PLUTO 5」「きのう何食べた? 1」「君に届け 5」「あふれるくらいに溺れさせて」
「夢のアトサキ」「医龍 15」「さわって、とかして。」「しるバ. 1」「駅から5分 1」
「RATMAN 1」などもランキングにいれたいぐらい面白かったです。

5作品だけ選ぶのって非常に難しいです。
■RATMAN 第1巻 -The smallest hero!?-/犬威赤彦
《ストーリー》
乱立するヒーロー達で、時は空前のヒーローブーム!
チビと馬鹿にされながらもヒーローになることを夢みていた葛城修斗は、
ある日、突然現れた謎のガイコツ集団に襲われてしまう。
それは悪の秘密結社が修斗を仲間に引き込むために起こした作戦だったのだ!
組織の一員となった修斗は“ラットマン”として望まぬ悪事を働く事に!?
新要素満載のヒーローアクションここに誕生!!

《収録話》
Episode:01「ラットマン誕生」
Episode:02「はじめての悪事」
Episode:03「ヒーロー戦線 異常アリ」
Episode:04「おセンチメンタル★ツインテール」

《感想》
企業アピールやマスコットを兼ねた「コマーシャル・ヒーロー」の登場により
ヒーローという存在が身近になった世の中。
ヒーローライセンスやヒーロー協会などの公式機関もアリ。

主人公は、ヒーローに憧れる15歳。
突然、謎のガイコツ集団に襲われた彼は、悪の秘密結社の策略により
ダークヒーロー・ラットマンにされてしまう。
組織の一員となった彼はラットマンとして悪事を働く事に…。

ドタバタヒーローアクション漫画ですね。
悪の秘密結社のガイコツ集団=契約戦闘員ジャッキーが
謎に満ちていて、主人公との掛け合いが非常に楽しい。
かなり笑いました。

それだけでも読んで損はなかったかなと思います。

あとは、主人公が憧れているツインテールの女の子が、
実はヒーロー協会会長の愛娘で主人公と敵対する立場にいたり、
一方で、秘密結社頭首の妹が主人公のクラスメイトであったり、
恋愛面での展開も気になる要素としてあります。

軽く読めて面白いので気に入りました。

カバー裏におまけ漫画アリ。

単行本の試し読みはこちら
※「電子ブックを開く」をクリック

点数=7点(ガイコツ集団が超楽しかったです。)

RATMAN 1―The smallest hero!? (1) (角川コミックス・エース 152-2)
犬威 赤彦
4047139904
角川書店 2007-11
おすすめ平均 star
■赤鴉~セキア~ 第1巻/かわのいちろう
《ストーリー》
1808年10月――鎖国政策をとる日本において、
諸外国への唯一の窓口となっていた長崎港に、
イギリス軍艦【フェートン号】が侵攻。
この予期せぬ事態に対し、周辺諸国を諜報するために
混血児のみで編成された特殊部隊“赤鴉衆”は行動を開始――
今まさに日本国の存亡を賭けた死闘の幕が上がる!!

《収録話》
第1話「紅」
第2話「フェートン号侵入」
第3話「脱走」
第4話「決別」
第5話「潰えた想い」
第6話「生還」
第7話「嵐去りし時」

《感想》
実際にあったフェートン号事件をもとに、
その事件の裏で活躍した赤鴉衆を描きます。
主人公は赤鴉衆の中でも一番能力が高い男。

本格アクション時代劇漫画なので、ギャグなどがなく渋い演出。

こういう漫画はあまり読んだ事がないので新鮮でした。
二転三転する展開にハラハラし面白かったです。

日本人も外国人も憎んでいる主人公が、
今度どういう答えを見つけるのか見守りたいです。

点数=6点(渋い。面白い。)

赤鴉~セキア 1 (1) (SPコミックス)
かわの いちろう
4845835924
リイド社 2007-11-27
■モテかわ★ハピネス 第1巻/青木光恵
《ストーリー》
モテ系モデルはマンガ家志望!!
男女を問わず大人気のモデル・河合(かわい)モネ
オシャレでモテるイメージの彼女だけど日常は大きく違うようで……
芸能界を舞台に繰り広げられる天然キュート★ラブ!!

《収録話》
step.1~step.9

《感想》
主人公・河合モネは芸能界でも活躍するモテ系モデルなのに
本当は漫画家を目指していて毎月出版社に投稿している。
世間では美人だと言われている彼女ですが、素顔の彼女は地味顔で
普段はオーラなし。で、ひきこもりの兄と一緒に住んでいるという設定。
その兄は実は超絶フェロモン男で、何人もの女がいたりするのですが…
それはまだ深くは描かれていません。

そんな彼女なのですが、漫画家になりたいという夢を隠しておらず
堂々と出版社に持ち込みをします。そこで出てきたのがダサイかんじの編集者。
自分の漫画を真剣に読んでくれる彼に、彼女はときめいちゃったりなんかして…。

一方で、芸能界でも活躍する彼女はイケメングループの2人から
アプローチされるも全然ときめかず、あげく漫画の手伝いをさせたりします。
そんな夢に真剣で飾らない彼女に2人はどんどん惹かれていきます。

主人公の性格がサバサバしていて嫌味がないので読んでて楽しい。
彼女を取り巻く人間関係の変化も面白く飽きない。
非常に楽しい漫画でした。オススメです。

点数=7点(これは楽しい。オススメ。)

モテかわ★ハピネス 1 (1) (Feelコミックス)
青木 光恵
4396764235
祥伝社 2007-11-08
おすすめ平均 star
■リアル 第7巻/井上雄彦
《ストーリー》
日本選手権東京予選を間近に控え、6人という少人数ながら
打倒ドリームス、そして本線出場に燃えるタイガース。
戸川、ナガノを中心に今日も猛練習に明け暮れていた。
そんな中、新加入(?)の16歳、水島亮がチームに新しい風を巻き起こす予感が…。
さらに「俺の道」を信じ、引越し屋にしがみついていた野宮だったが何と…。
7巻のキーワードは「仲間」、彼らのリアルを体感せよ!

《収録話》
37th.~42nd.

《感想》
新キャラの水島亮が、障害者に対して思っていた自分の価値観を見直し、
自分の状況を受け入れていく過程が丁寧に描かれており、ラストの
「歩けなくて何が悪い」というセリフにガツーンと衝撃を受け涙しました。

また野宮がバスケを通して、自分の人生を受け入れていくところも良かったです。

誰にでも起こりうる事故や仕事のトラブルなど、そういう当たり前の事が
リアルに描いてあってキャラに自分を重ねて読める。。。
名作ですねぇ(´;ω;`)

第6巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=8点(良い(´;ω;`))

リアル 7 (7) (ヤングジャンプコミックス)
井上 雄彦
4088773527
集英社 2007-11-29
おすすめ平均 star
■あふれるくらいに溺れさせて/悠木りおん
《ストーリー》
木ノ内一成は不特定多数の女子とHしても決して特定の彼女は作らないと
噂の有名人だった。一成が兄の友人であったことから噂が真実だと知った紗依だったが
「なんで彼女作らないんですか」と尋ねた時の一成の一瞬の表情が忘れられず、
一成にどんどん惹かれていく。一成のことをもっと知りたいと思った時、
紗依が選んだ方法は他の女達と同様に一成と体の関係を持つことだった―。
表題作と一成の過去が明らかになる続編他、読み切り2編を収録した
恋に一生懸命な女のコ達を描いた待望の最新作品集!!

《収録話》
「あふれるくらいに溺れさせて」
「夢のつづきに溺れて」
「ウソツキな純情とカタクナな恋情」
「紙ひこうき、飛んで。」
あとがき

《感想》
TL漫画です。

表題作は、本命の彼女は作らないという男を好きになってしまった女の子の話。
彼の側にいるために体だけの関係を続けるが、彼には忘れられない元カノがいると
知ってしまい、しかもその元カノが彼に会いにきて…という内容。

男にとって都合良い展開でいまいち好きになれませんでした。
女の子は健気ですごい可愛かったんですが。

「夢のつづきに溺れて」は、表題作で出てきた彼と元カノの過去を描いた作品。
生徒×教師モノです。元カノ視点なので最初は少しとまどいましたが、
心理描写が上手いのでなかなか良かったです。
彼と逃亡したあとのエピソードが短かったのが残念。
もっとじっくり読んでみたかったです。

他2作品も、主人公の心理描写が上手く話がしっかりしていて面白かったです。
イラストも上手くて、男キャラはかっこよく女キャラは可愛らしい。

Hシーンは少なめですが、ストーリーがしっかりしているTLを読みたい人にはオススメ。

点数=6点(H度低め。普通の少女漫画のようにストーリーがしっかりしてます。)

あふれるくらいに溺れさせて (バンブー・コミックス 恋パラコレクション)
悠木 りおん
4812467683
竹書房 2007-11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。