「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、えびちりこです。
このエントリーが今年最後の更新となります。

下の画像は、ゴルカムさんの冬コミの新刊です。
私は昼過ぎまで寝ていたので、知人に買ってきてもらいました。
84Pで500円とは同人誌にしてはお得なお値段ですね。



さて、今年も残すところあとわずかとなってしまいました。
今年1年を振り返ってみると、漫画、漫画、漫画の漫画三昧の1年だったなと思います。
1年で1000冊以上も漫画を購入したのは、今までの人生で最も多い記録です。
我ながらすごいですね。でも、読んでない漫画が3割~4割ぐらいあるので
来年は積読本をなくしたいと思っています。
なんだか1年前も同じ事を言っていた気がしますが…、来年こそは実行したいと思います!!
頑張るぞヽ(´▽`)ノ と、来年の決意が固まったところで終わりとさせていただきます。

今後とも「コミックス×ブログ」をよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
2007年は、新刊だけで約500冊購入したんですが、
その中から特に気に入った作品をいくつか選んでみました。
まだ未読の作品もいくつかあるのですが、これで最終決定としたいと思います。

【今年一番気に入った作品】
宇宙家族ノベヤマ 1 (1) (ビッグコミックス)
岡崎 二郎
4091810896
《ストーリー》
仕事一筋の会社人間、野辺山雄一は、出世が決まった矢先、
8歳になる息子の翔太が親善大使「メッセンジャー」であったことが判明。
翔太を一人で行かせるわけにはいかず、家族全員で宇宙へ行くことになる。
戸惑いながらも宇宙へ飛び出したノベヤマ一家の行く末は!?
《感想》
ホームドラマなんですが、私が特に面白いと思ったのはSFの部分です。
未知の生物との出会い交流があり、発展途上の惑星の事情があったり、
「文明とは」「生きるとは」など哲学的な内容もあり考えさせられる部分も多かったです。
藤子・F・不二雄さんを思い出させるSFで大好きです!!
早く2巻読みたいよ~。
感想を書いた記事はこちら

【長編作品】
今年1巻が発売された単行本の中で、気に入った作品をいくつか選んでみました。

ディエンビエンフー 1 (1) (IKKI COMICS)
西島 大介
4091883737
ベトナム戦争を舞台とした純愛漫画。
最初読んだ時は、冒頭で描かれているエピソードに何の疑問も抱かなかったけど、
1冊読み終わった後、もう一度冒頭部分を読んだら、その意味が分かって
せつなくなりました…。(´;ω;`)
最終回はおよそ8年後になるらしいのですが、最後まで付き合いたいと思います。
感想を書いた記事はこちら

預言者ピッピ 1 (1)
地下沢 中也
487257768X
地震予知のために作られたヒューマノイド型スーパーコンピュータのピッピ。
ある事件がきっかけでそのデータの幅を広げて、地球上の様々な事において
ほぼ完璧な予知をするようになる。。。。と、神のような存在になったピッピですが、
今後どのような展開になるのか要注目です!!痺れます!!!
感想を書いた記事はこちら

浮世艶草紙 (1)
八月 薫 篁 千夏
4845835878
江戸の性文化をテーマにした、読切集のような作品。
知らない事だらけなので非常に興味深く面白かったです。
読み物としても面白い作品です。
感想を書いた記事はこちら

おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお
4091512186
非現実的なキャラクター達が織り成す不気味な思春期漫画。かな。
主人公プンプンが鳥の姿をしていたり、大人達が狂っていたり、
なんかいろいろ気持ち悪い漫画。でも続きが気になる!不思議!!
浅野いにおの今までの作品はあまり好きではなかったけど、この作品は好き。
感想を書いた記事はこちら

レッド 1 (1) (KCデラックス)
山本 直樹
4063723224
1969年~1972年に日本で起こっていた革命運動の漫画です。
どこにでもいる普通の人間が、正しい事をしようとして徐々にエスカレートし狂気に
包まれていく様はとても怖い。そしてそれが誰にでも起こりうる事ってのが怖いです。
ただ、完結してからまとめて読んだ方が面白いかもしれない。
感想を書いた記事はこちら

たいようのマキバオー 1 (1) (プレイボーイコミックス)
つの丸
4088574702
「みどりのマキバオー」から10年後、主人公はマキバコの産駒「ヒノデマキバオー」。
厳しい地方競馬場をリアルに描き、また、人と馬の絆を描いた良作です。
ヒノデマキバオーが、ハヤトのために一生懸命走る姿に感動。泣いた。
感想を書いた記事はこちら

メテオド 1 (1) (少年サンデーコミックス)
四位 晴果
4091211658
地球に巨大な隕石が墜落してから30年後の世界が舞台。人間とデブリの戦いを描く。
凶暴で手に負えないデブリ、かわいくて人畜無害なデブリなど、
デブリといっても全部が悪者じゃないというのが少年漫画らしくて良かった。
キャラクターはオリジナリティーがないけど、話も絵も丁寧に描いてあって好感もてました。
感想を書いた記事はこちら

妖怪のお医者さん 1 (1) (少年マガジンコミックス)
佐藤 友生
4063638499
表題のとおり妖怪のお医者さんの話です。
たまに泣ける話があって好きなんです(´▽`)
最近の展開は迷走しているかんじもありますが、応援したい作品です。
感想を書いた記事はこちら

からっと!(1) (BLADE COMICS)
渡辺 祥智
4861273749
ファンタジー(?)コメディ漫画ですかね。
魔女っ子ものなのに、肝心の魔法が全然登場しないし、
登場人物が変人ばかりだし、しかも主人公が使う魔法発動の呪文が
魔法ぽくなくて、かなり笑わせてくれました。
感想を書いた記事はこちら

LEGAの13 1 (1) (フラワーコミックス)
やまざき 貴子
4091311660
青年レガーレを中心にオムニバス形式で話が展開していく。
トーンがたくさん使用され華やかな画面で、中世時代にすごく合っていました。
2巻以降、主人公の運命がどんな風に変わっていくのか楽しみな作品です。
感想を書いた記事はこちら

メンズ校 1 (1) (フラワーコミックス)
和泉 かねよし
4091308295
男子校を舞台にしたオムニバス漫画。
1巻だけではこの漫画の魅力はあまり発揮されてなかったですが、
巻数を重ねるごとに、話に厚みが出てきて面白くなってきているので
今後も注目したい作品です。
感想を書いた記事はこちら

悪魔とドルチェ 1 (1) (花とゆめCOMICS)
鈴木 ジュリエッタ
4592185013
ラブコメファンタジー漫画です。
悪魔が悪魔らしくなくて可愛いかんじで、鈴木ジュリエッタさんぽくて良かったです。
感想を書いた記事はこちら

キスよりも早く 1 (1) (花とゆめCOMICS)
田中 メカ
4592184718
暴れん坊な女の子と教師との結婚生活を楽しく描くこの作品。
田中メカさんはコマ割りがすごく上手で話に引き込まれます。
恋愛もあり家族の絆もありで、第1話は泣いちゃいました。
感想を書いた記事はこちら

【1冊完結・読切作品】
私、長編漫画よりも読切や単行本1冊で完結するような作品が好きなのです。
その中でもオムニバス形式の漫画が一番好きなのですが、今回は、
そんな1冊完結作品や読切作品で良かったものをいくつか選んでみました。

PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数
478592828X
「それでも町は廻っている」で有名な石黒正数さんの短編集です。
石黒さんの短編集は他に「探偵綺譚」がありますが、こちらの方が面白かった。
「ススメ サイキック少年団」はSFとギャグを織り交ぜた内容で面白かった。
「Present for me」はシリアスで、セリフがほとんどないのに世界に惹き込まれました。
「カウントダウン」はアイデアが面白かったです。
1冊の中にいろいろなタイプの漫画が収録されていてとても贅沢な1冊でした。
感想を書いた記事はこちら

黒博物館スプリンガルド (モーニングKC)
藤田 和日郎
4063726304
キャラクターが素敵でしたね。主人公の生き様がかっこよくて、
悪役でもあるんだけどヒーローでもあるというニヒルなヒーロー的魅力が良かった。
本の装丁も作品にぴったり合ってて素敵です。
感想を書いた記事はこちら

アウトサイダー (ビームコミックス)
田邊 剛
4757735804
ラヴクラフト、チェーホフ、ゴーリキの短編を漫画化した3作品と、
ホラーアクション「呪画」シリーズが5作品収録。
「呪画」シリーズも良かったけど、やっぱり表題作「アウトサイダー」が一番好きかも。
サイコっぽい作品イイ(゚ε゚)!!!!

Danza (モーニングKC)
オノ ナツメ
4063726495
男達の心のつながりや友情をテーマに読切6作品収録。
全部良かったけど「箱庭」が一番好きです。
頑固おやじ(日本人)と、娘婿(外国人)の話で、
素直になれないおやじと、気に入ってもらえるように頑張る娘婿の
やりとりがいじらじくて可愛かったですね。
極端にデフォルメされた絵柄なのに表情豊かなのが特徴的。
感想を書いた記事はこちら

電波の男よ (フラワーコミックス)
西 炯子
4091670296
読切3作品収録。「波のむこうに」「電波の男よ」の2作が
シンデレラストーリー的な内容で面白かったです。
王道なストーリーなのにキャラクターに魅力があるから新鮮味がありました。
全体的に明るい雰囲気にも関わらず大人っぽいラブシーンがあったりして、
展開に飽きないし最後まで面白く読めました。
「電波の男よ」は主人公が男なので、男性でも読みやすいと思います。
感想を書いた記事はこちら

かぶりもんスター☆ (ヤングキングコミックス)
天野 シロ
4785928247
天野ヒロさんはキングダムハーツのコミカライズ作品も描かれていて
ディズニーキャラをたくさん描かれているのですが、その経験は
この漫画に活かされていたと思います。
着ぐるみの動きが可愛いんです。とっても。とっても。とっても。
肝心のストーリーも、主人公サイドだけではなく恋敵サイドも描かれていたり、
宇宙人が出てきたり、構成力・キャラクターの魅力はもう文句なしで良いです。
巻末・カバー裏にまで作者のこだわりが感じられたのも良かった。
感想を書いた記事はこちら

ショート・プログラム 新装版 3 (3) (少年サンデーコミックス)
あだち 充
4091278736
あだち充と言えば野球漫画ってことで野球漫画も収録されていますが、
サラリーマンが主役のせつない話もあったり、ポップな印象の漫画もあったり
1冊で色々読めて大満足でした。人間模様が描かれてて面白かったです。

バス走る。 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
4107713369
バスをテーマにしたオムニバス漫画と
1本の漫画を7つのパートに分けて描いた漫画の
2種類のテーマが収録された漫画です。
佐原ミズさんの絵が超好き!!!
オールカラーの「ダドレアの路」は、漫画というよりは絵本に近い作品ですが、
せつない純愛ですごい良かった!!
「めがね泥棒」はポップなノリで可愛い恋愛漫画でした。
佐原さんの描く黒髪メガネ男子にやられました~~。
感想を書いた記事はこちら

月と湖 (フラワーコミックス)
芦原 妃名子
4091310303
「月と湖」「12月のノラ」の読切2作品収録。
表題作「月と湖」は面白くなかったけど、「12月のノラ」は良かった。
幼馴染の「なっちゃん」が行方不明になって、今もどこかで
生きているんじゃないだろうかと心配する主人公の想いを、
作中に登場する「ノラのだいぼうけん」という野良猫の
絵本の話と絡めて、非常に上手く表現してありました。
ラストは思わず泣きそうになってしまった。
感想を書いた記事はこちら

腹切りラヴァーズ
天野 ちぎり
4812467020
読切5作品収録。ティーンズラブ漫画です。
天野ちぎりさんの描く女の子はぎゅっとしたくなる可愛らしさがあって萌えキュン(´▽`*)
「縛ってバニラ」「スウィート&ホワイト」は、縛って無理矢理…な内容ですが、
ちゃんと愛があってラブラブなところが良いです。
最初から最後まで描写がかな~~りエロかったのが印象的です。
感想を書いた記事はこちら

このようなラインナップになりました。
今年は紹介する作品数を決めないで自分が気に入った作品を
全て載せようと思っていたら、24作品にもなってしまいました。
あんまりまとまってなくて逆に見づらくなってしまったかもヽ(;´Д`)ノウワァ

私が好きな作品の傾向は、SF、せつない、人外(妖怪など)、サイコ、があります。
そのようなジャンルが好きな方は、このブログが参考になるんじゃないかな、と思ってます。

では、最後に今年の購入数を書いて終わります。
2007年1月…62冊
2007年2月…65冊
2007年3月…81冊
2007年4月…54冊
2007年5月…84冊
2007年6月…108冊
2007年7月…106冊
2007年8月…88冊
2007年9月…84冊
2007年10月…65冊
2007年11月…106冊
2007年12月…126冊
合計…1029冊
今更ですが一応やります…月別ベスト5で~す。

今回は、2007年10月に発売したコミックスの中から
自分的に面白かったもの5作品をランキング形式で紹介します!
ちなみに2007年10月発売単行本の中で私が買った本は、全47冊。
(買った本のタイトルが気になる人は、下記の「続きを読む」を押して下さい。)

まだ未読の本も数冊あるのですが、それは省いてランキングいってみましょう。

第1位
HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
4088744535
冨樫さん復活!!という事で1位にしてみました。
この単行本を発売した直後に、ジャンプで10週連続連載もありましたね。
感想を書いた記事はこちら

第2位
惑星のさみだれ 4 (4) (ヤングキングコミックス)
水上 悟志
4785928727
秋谷稲近のエピソードがSFっぽくて私の好みでした☆
感想を書いた記事はこちら

第3位
未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)
えすの サカエ
4047139548
新キャラ「秋瀬 或」が良い味出してて、面白くなってきました。
感想を書いた記事はこちら

第4位
電波の男よ (フラワーコミックス)
西 炯子
4091670296
キャラクターに魅力があって良かったです!
「海の満ちる音」はあんまり面白いとは思わなかったけど、
「波のむこうに」「電波の男よ」の2作が良かったです。
感想を書いた記事はこちら

第5位
とりぱん 4 (4) (ワイドKC)
とりの なん子
4063376281
ツグミ達が可愛い!!(*´▽`*)
感想を書いた記事はこちら

10月の上位5作品はこんなかんじになりました。
ランキング外にはなってしまいましたが、「桃色ヘヴン!」「妖怪のお医者さん 3」
「キラキラ100% 5」「とある空言、ボクの秘密 2」「彷徨う愛と儚い祈り」
「サイコスタッフ」「ヘタコイ 1」「ZOOKEEPER 4」
なども
ランキングにいれたいぐらい面白かったです。
■惑星のさみだれ 第4巻/水上悟志
《ストーリー》
平凡学生の雨宮夕日はある日現れたトカゲに地球の危機を救う協力を依頼される。
拒否するも、突然敵に襲われた夕日を助けたのはお隣のさみだれ。
救世主かと思いきや、実は地球破壊をたくらむ魔王。
彼女に惹かれ忠誠を誓った夕日は軟弱騎士として日々奮闘中。
そんな中、地球を救うべく他の騎士達もいよいよ集結。

《収録話》
第24話「白道八宵とヘビの騎士」
第25話「私情の男と馬の騎士」
第26話「日下部太朗とネズミの騎士」
第27話「魔法使いと風巻豹」
第28話「秋谷稲近(前編)」
第29話「秋谷稲近(後編)」

《感想》
騎士達が集結し、魔法使いとの戦闘が始まるのかな?と思いきや、
騎士達、それぞれの自己紹介的エピソードばかりでした。
でも、どの話も個性的で面白かったなー。

個人的に特に好きな話は、ネズミの騎士の話と、カジキマグロの騎士の話かな。
ネズミの騎士は、戦うのは怖いけど、幼なじみの子のために
騎士になる決意をするっていう甘酸っぱい青春してて良い(´▽`)
掌握領域の使い方も面白いし、後々のエピソードで重要な役割を果たしそうです。

カジキマグロの騎士は、ちょっとSF入ってて面白かったですね。
幼少の頃に超能力に目覚め、そのあと数十年間、修行をしていたら、
アカシックレコードと繋がり全知者となった秋谷稲近。
全知者となったと同時に、自分が、約500年後にビスケットハンマーを
巡る戦いで命を落とすことも知ったという。
(アカシックレコードとは、宇宙や人類の過去から未来までの歴史全てが、
データバンク的に記されているという一種の記録をさす概念。)

秋谷稲近、かっこいいいいいい!!
「弟子達から教わったことに比べれば、全知などくだらなかった。」と思い、
静かに涙を流すシーンはグッときた(T▽T)
最後、死ぬシーンもかっこよかったし、良いエピソードでした。

第5巻では、本格的に魔法使いとの戦いが始まりそうです。
今後も要注目です!!

点数=8点(秋谷稲近のエピソードが良かったです。)

惑星のさみだれ 4 (4) (ヤングキングコミックス)
水上 悟志
4785928727
少年画報社 2007-10-26
おすすめ平均 star
■とりぱん 第4巻/とりのなん子
《ストーリー》
東北のベッドタウン、50坪の菜園がある借家で一人暮らしの作者が、
野鳥・犬猫から季節の風物まで、日常のすべてをネタに綴る
“身の丈ワイルドライフ”。

《収録話》
第81羽~第105羽

《感想》
ペットの鳥の話ではなくて、作者の庭にやってくる
野鳥たちの観察日記を描いた漫画です。

ツグミのつぐみんが、いじめっこのヒヨちゃんに負けず
クタクタになりながらも一生懸命エサ食べてる姿が可愛いいい(*´▽`*)
ヒヨに喧嘩を売るでぶみんが出てきたりして、ツグミ達の話は飽きなくて面白いです。

ヒレンジャク&キレンジャク部隊の話には笑わせてもらいましたし、
他にも、マイペースにエサを食べてる、ツバメやシジュウカラなどがいたり、
また季節が過ぎると渡り鳥達が去っていったり、新しい鳥達がやってきたり、
季節とともに鳥達が変わって、新しい物語を繰り広げてます。

点数=8点(つぐみん超かわええ)

とりぱん 4 (4) (ワイドKC)
とりの なん子
4063376281
講談社 2007-10-23
おすすめ平均 star
おやすみプンプン 2/浅野いにお
僕の小規模な生活 1/福満しげゆき
新ブラックジャックによろしく 3/佐藤秀峰
ボーイズ・オン・ザ・ラン 8/花沢健吾
鉄壱智 4/なるしまゆり
おつかいくん/猫田リコ
左近 2 -影武者徳川家康外伝-/漫画:原哲夫、原作:隆慶一郎
漂流教室 完全版 3/楳図かずお
ハチワンダイバー 5/柴田ヨクサル
賭博堕天録カイジ 2/福本伸行
ウルトラバロック・デプログラマー 1/原作:いとうせいこう、作画:浅田寅ヲ
背徳は甘く蝕む/鮎川未緒
殺し屋さん 1/タマちく.
殺し屋さん 2/タマちく.
気分はもう戦争2.1/原作:矢作俊彦、作画:藤原カムイ
禁断エデン~3P~

以上16冊お買い上げ。

買い納め。今年はもう購入予定がありません(´ω`)

今年買った本の中で良かったものをまとめて紹介する企画をやろうと思っています!
まだ何もまとまってない状態ですが、年内にはアップしますのでお楽しみに!!
※ちなみに昨年のまとめ記事はこちら

「おやすみプンプン」は1巻が良かったので2巻も楽しみです。
「新ブラックジャックによろしく 3」は表紙が不気味じゃった。
「漂流教室 完全版 3」は青でした。1巻=赤、2巻=緑、3巻=青ですね。
「殺し屋さん 1」の作者タマちく.の原作者タマさんは、
「B.B.Joker」や「4ジゲン」で有名な原作者にざさんと同一人物です。

1228.jpg
■電撃デイジー 第1巻/最富キョウスケ
《ストーリー》
“何があっても君を守ってあげる――”
唯一の肉親・兄を亡くした照の心の支えは、
兄がくれた携帯電話に届くDAISYという謎の人物からのメール。
ある日、照はひょんなことから不良公務員・黒崎の下僕として働くことに。
でもこの極悪オトコ・黒崎が実は…!?

《収録話》
その1「その男、不審につき」
その2「仮にもヒーローですから!」
その3「自分、まだまだ青いっす。」
その4「その人は、近くて遠い」
「電撃デイジーEXTRA」

《感想》
主人公の心の支えになっているDAISYが、実は、
極悪オトコ・黒崎なんだけど、主人公はそれに気づかず、
また黒埼も事情があり名乗り出る事が出来ず…!!という内容。

普段は鬼畜な黒崎が、照のピンチの時は必ず助けにきてくれるという
王子様な展開が乙女向きで良いですね。
優しい時の顔が半端なく甘いし、そのギャップが良いんでしょう~。

番外編の「電撃デイジーEXTRA」はエロいかんじでノリが良くて面白かったです!
こっちのノリも結構好きだな。本編より好きかも。

最富キョウスケさんの漫画は安定して面白いのでオススメしやすいんですが、
この漫画は設定に若干無理やり感があるので、そういうのを気にしない人じゃないと
楽しく読めないかもしれません。

点数=6点(楽しい漫画)

電撃デイジー 1 (1) (フラワーコミックス)
最富 キョウスケ
409131306X
小学館 2007-10-26
おすすめ平均 star
■ナインストーリーズ 第1巻/トジツキハジメ
《ストーリー》
白金のエクソシスト、ギィジャルルクロオ。
自ら対悪魔の武器と同化したクロおは永遠の魂を手に入れた――。
子供の頃、武器となった「彼」を手にしたことにより、千架の中にクロオが入りこむ。
クロオが千架の体を使うときは、千架の意識は奥深く眠る。
そんなふたりの秘密に気づいた香澤は、クロオの最愛の錬金術師を思い出させ……!?

《収録話》
「ナインストーリーズ」第1話~第5話
「ゲーマーズハイ」読切
あとがき

《感想》
表題作はあまり褒められる部分がなかったです。

設定が複雑なのに、作中での説明がほとんどされておらず、
話が分かりにくかったのが一番の難点だったと思います。
登場人物が多く、場面がよく変わり、またキャラの心理描写が少ないため
人物の相関関係を理解するまえに読み終わってしまいました。
ただ、絵は見やすいし上手くて良かったと思います。

読切「ゲーマーズハイ」は、明るいBLもの。笑えたし面白かったです。
ノンケの男がホモになったのがウケた。

点数=4点(表題作は2点。読切は6点。)

ナインストーリーズ 1 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)
トジツキ ハジメ
4344811259
幻冬舎コミックス 2007-10-24
おすすめ平均 star
■電波の男よ/西炯子
《ストーリー》
高校時代、アマチュア無線が唯一の楽しみだった
冴えないサラリーマンの大河内寿三郎は、顔も名前も知らない
かつての交信仲間の女性を忘れられずにいる。
そんなある日、社内の間違い電話から、彼女によく似た声を聞き…。
ちょっとワケありな男女の恋を描いた恋愛傑作集。

《収録話》
「波のむこうに」
「電波の男よ」
「海の満ちる音」
あとがきにかえて

《感想》
こ、これは久々のヒット……!!!
今まで西炯子さんの漫画を読まなかった事を後悔!!

「波のむこうに」「電波の男よ」はモテナイ人が変身する系の話。
「波のむこうに」は女性が主人公でまさにシンデレラストーリーですね!
シンデレラストーリーって書いてしまうとオチは想像が付いてしまうかもしれませんが、
西炯子さんの独特の雰囲気で描かれるので新鮮味がありました!
王道なんだけど王道じゃない。みたいな。

キャラクターが素敵!なんだけど、それだけじゃなくてコマ割も上手いし、
全体的に明るい雰囲気にも関わらず大人っぽいラブシーンがあったりして、
展開に飽きないし全体的に完成度高い漫画です。

「電波の男よ」はモテナイダサイ男が主人公なんですが、こっちも凄い良かった。
笑えるし、楽しいし、無線とか出てくるし、男性でも読みやすいと思います。

「海の満ちる男」は、大人な雰囲気のシックな漫画かなぁ~。
大人すぎるので楽しんで読めない人が多いかも。私も好みではなかった。

点数=8点(キャラが素敵です。大人も男性も読める少女漫画。)

電波の男よ (フラワーコミックス)
西 炯子
4091670296
小学館 2007-10-26
おすすめ平均 star
■スイートブラック/西形まい
《ストーリー》
早桐はハルの気になる幼なじみ。
幼い外見にコンプレックスを持つハルと人気モデルの早桐。
2人の距離は近くて遠く――。ハルの想いは届くのか…?

《収録話》
「スイートブラック」第1話~第4話
「仮面のピアニスト」読切作品

《感想》
「スイートブラック」は表紙買いでしたが結構満足出来ました!

一番良かったのは、絵が丁寧で綺麗だった事ですね。
女キャラはあんまり可愛くなかったけど、男キャラが美形ばっかりで良い!
男キャラはモデルでかっこいいのに、どこか間の抜けている雰囲気があって
そのギャップが良かった!早桐とジェイ、2人とも良いキャラしてました~。

40cmの身長差カップルとの事ですが、その設定は活かしきれてなかった印象。
絵的にも、女キャラが小さく見えない場面が多々あったし、男キャラもそんなに
背が高いふうには見えませんでした。それが少し残念です。
でも、モデルという職業は上手く活かして話に盛り込まれてて
良かったんじゃないかと思います。

「仮面のピアニスト」も、男キャラが美形なんだけど間の抜けたキャラですね。
この作品は、設定を無理矢理にしすぎたかんじがあんまり好きではないです。

点数=6点(絵が綺麗で良いと思います~。)

スイートブラック (花とゆめCOMICS)
西形 まい
4592184386
白泉社 2007-10-19
おすすめ平均 star
高校デビュー 10/河原和音
デッドマン・ワンダーランド 1/片岡人生、近藤一馬
デッドマン・ワンダーランド 2/片岡人生、近藤一馬
ハチワンダイバー 2/柴田ヨクサル
ハチワンダイバー 3/柴田ヨクサル
ハチワンダイバー 4/柴田ヨクサル

以上6冊お買い上げ。

高校デビューは早いものでもう10巻です。


Doubt 1/外海良基
鋼の錬金術師 18/荒川弘
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3/原作:竜騎士07、作画:方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3/原作:竜騎士07/作画:鈴羅木かりん
Honey Hunt 2/相原実貴
ゴールデン・デイズ 7/高尾滋
魍魎の匣 1/原作:京極夏彦、作画:志水アキ
ブラッドハーレーの馬車/沙村広明
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 2
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 3
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 4
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 5
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 6
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 7
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 8

以上15冊お買い上げ。

「Doubt」は雑誌・ガンガンでちらっと読んだときから、
単行本が発売したら絶対購入しようと思っていた漫画です。
主人公達が閉鎖空間に拉致されて、殺し合い・騙し合いをするという
ストーリーなんですが、こういうサイコっぽい作品大好きなので超期待作。
うさぎのマスコットキャラクターが出てくるのもウサ好きとしては高感度upです。

「ひぐらしのなく頃に解」は、3巻で終わりかと思っていたらまだ続くみたいですね。
引っ張りますな。

「ブラッドハーレーの馬車」は他のブログなどを拝見していると、
購入されている方が多かったので買ってみました。

「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」は小学館に注文して買いました。
もちろん全部新品です!やっと全巻揃いました。
ニコニコ動画に「藤子・F・不二雄SF短編」のアニメーションがアップされています。
少し長い動画なんですが、面白いので見てみて下さい。




■ふくふくふにゃ~ん NEW3/こなみかなた
《ストーリー》
おばあちゃんとマイペース猫・ふくふくの
のんびりゆったり猫日記。

《収録話》
「後の猫祭の巻」「虫の千声 猫の一声の巻」「藪をつつういてトゲを刺すの巻」
「好物に祟り有りの巻」「寝耳に紅葉の巻」「求めよさらば与えられんの巻」
「塵も積もれば猫につくの巻」「ダルマさんが起きた!の巻」「仲良き事は美しき哉の巻」
「猫に老婆心の巻」「能ある猫は耳を伏せるの巻」「敵はランドセルにありの巻」
「花あれば虫ありの巻」「猫を追うより魚をのけよの巻」「争うより割るが易しの巻」
「以心伝心 猫心の巻」「晴天は寝て待ての巻」「想えば想わるるの巻」
「備えあっても愁いありの巻」「怯える猫は犬をも掴むの巻」「立つ猫跡を濁さずの巻」
「長生きすれば喜び多しの巻」「適材適所の巻」「ダ~ルマさんがこ~ろんだ♪の巻」
コミックス初収録漫画「かわいそ山のオニ子ちゃん」

《感想》
ふくふくかわえぇぇぇぇぇぇ(*´ロ`*)
目がしばしばしているコマが一番ツボでした。

おばあちゃんと猫が中心となった漫画なので、
非常に時間の流れがゆっくり感じました。
まったりしたい時とか癒されたい時に読み返したい漫画です。

点数=6点(癒し系猫漫画)

ふくふくふにゃ~ん NEW3 (3) (KCデラックス)
こなみ かなた
4063723593
講談社 2007-10-12
おすすめ平均 star
■サイコスタッフ/水上悟志
《ストーリー》
受験を控えた平凡な高校生・柊光一はある日、
桜木梅子と名乗る少女から告白される。
だが彼女はなんと惑星ルルイエから来た宇宙人であり、
光一を宇宙戦争の特別防衛工員(サイコスタッフ)として
勧誘しに来たのだった!!
ワケが分からず無視する光一。しかし梅子は光一が実は
50億人に一人というBクラスサイキッカー(超能力者)である
ことを見抜いていた。「その力を宇宙で発揮して欲しいの」
強引に迫る梅子に光一は…!?

《収録話》
第一話「桜木梅子・Aパート」
第二話「桜木梅子・Bパート」
第三話「姫荻姫子・Aパート」
第四話「姫荻姫子・Bパート」
第五話「柊光一・Aパート」
第六話「柊光一・Bパート」
最終話「普通の人」

《感想》
キャラクターが良かったです。

50億人に一人の才能をもっているが努力第一の主人公。
才能はないが努力により様々なスキルを身につけたヒロイン。
才能をもっているうえに才能を活かしている脇役。

3人それぞれの立場からぶつかり合いながらも、
最後は力を合わせるという王道な流れではありますが、
アクションやパンチラやラブコメの要素も取り入れていて
最後まで楽しく読めました。

主人公がなぜ才能に頼らずに努力第一の人間に育ったのかという事が
回想シーンで語られていて、非常に納得できる事情だったのも良かったです。

1冊完結なのでお求めやすいしオススメです。

点数=7点(1冊完結型。上手くまとまってて◎)

サイコスタッフ (まんがタイムKRコミックス)
水上 悟志
4832276638
芳文社 2007-10-27
おすすめ平均 star
Danza/オノナツメ
おおきく振りかぶって 9/ひぐちアサ
吉田秋生 The Best Selection
そんな奴ァいねえ 13/駒井悠
萩尾望都パーフェクトセレクション 7 ポーの一族 2/萩尾望都
ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編/原作監修:竜騎士07、作画:鬼頭えん
キス/はぐ 1/みつきかこ
恋*音 1/宇佐美真紀
僕達は知ってしまった 2/宮坂香帆
町でうわさの天狗の子 1/岩本ナオ
5階美少女家電売り場でございます/風上旬
花粉航海/小野塚カホリ
釦<ボタン>/小野塚カホリ
不埒な純愛/真敷ひさめ
愛より野蛮で、恋より純粋な…/真敷ひさめ
愛・遊戯/真敷ひさめ
神様のオルゴール 1/水沢めぐみ
お花もようのワンピース/水沢めぐみ
悪魔なクチビル/三浦ひらく

以上19冊お買い上げ。

新刊出すぎ…orz
クリスマス前に金欠。ツライ><。

今日発売の新刊で注目しているのは、
オノナツメさんの新作「Danza」と「キス/はぐ」「恋*音」の3作品。
好きな作家さんばかりです。


■気がつけばいつも病み上がり 本当にあった安田の話/安田弘之
《ストーリー》
水虫で「死」を宣告!?
自己流で痔を完治!!
山ごもりでウツ病脱出…
病を笑いで吹き飛ばす闘病エッセイ!!

《収録話》
第1章「男の病編」
#1「毛ジラミ」
#2「水虫&ノロウイルス」
#3「痔」
#4「ウオノメ」
#5「水虫再発!」
#6「ちくのう」
第2章「心療内科編」
#7「ウツ」
#8「失踪」
#9「宗教入信!?」
#10「号泣ヒプノセラピー」
#11「待てない君 耐え杉君」
第3章「アニマルセラピー編」
#12「わくわくモチランド」
#13「わくわくモチランド2」
#14「わくわくオグラランド」
#15「ハゼ献上」
#16「お魚セラピー」
「あとがき」

《感想》
「男の病編」はちょっと汚い病気(←失礼)ばっかりですが、
医者のキャラが面白かったりして、楽しいかんじになってました。
水虫などの病気にどういう風に感染するのか書いてあって
勉強になるのも良かったかと思います。

「心療内科編」は、ウツ話なのにギャグぽく書かれてあるから楽しく読めましたね。
一歩間違えたら死ぬとこまでいってたけど、描写が面白かったです。

「アニマルセラピー編」は、ウサギがとにかく可愛かったーーー。
ウサ飼いには堪らないイラストばかり(*´ロ`*)!!
安田さんのウサギエッセイ漫画は、面白いからもっと読みたいです!
お魚セラピーはただのパチンコ漫画でしたw

点数=6点(身近な病気について説明も書かれてあるので勉強になったし、ウサギが可愛くて良かったです。)

気がつけばいつも病み上がり―本当にあった安田の話 (akita essay collection)
安田 弘之
4253107060
秋田書店 2007-07
■百合姫Wildrose
《収録話》
好きときどきキス/宮下キツネ
アーケイディア~楽園の花~/水野透子
温室の魔女/三国ハヂメ
好!/CHI-RAN
女の子合わせ/森島明子
くちびるにの・せ・て/城之内寧々
いちばんすきなひと/時津風おとは
Sweet Little Devil/南崎いく
BLUE/速瀬羽柴

《感想》
全作品にエロ描写があるなんて思っていなかったからビックリでした。
作品数が多いので、各作品は16ページ前後と短いのですが、
その中に必ずエロ描写が入っているので、キャラの心理面について
説明不足な作品が多かったかなと思います。

その中でも、三国ハヂメさん、森島明子さん、南崎いくさんの
漫画が面白かったです。

三国ハヂメさんについては、無駄なセリフがなくて分かりやすかったし
エロい事をしながらも二人が理解していく過程がちゃんと描かれてあって良かった。

森島明子さんについては、独特な可愛らしさがある絵柄で、
まず絵が気になりました。読んでみると話も可愛らしいかんじで、
百合特有の女の子同士っていうのがよく現されてたなぁと思います。

南崎いくさんについては、強気な女の子のキャラが良かったと思います。
ボケもあって楽しい漫画でした。

点数=5点(次号があるなら1作品のページを増やしてもっと濃い話を読ませて欲しいです)

百合姫Wildrose [IDコミックス 百合姫コミックス] (IDコミックス 百合姫コミックス)
CHI-RAN 三国 ハヂメ 森島 明子
4758070229
一迅社 2007-10-18
おすすめ平均 star
■妖怪のお医者さん 第3巻/佐藤友生
《ストーリー》
琴子のクラスに転入してきた黒郎の幼なじみ、カイエ。
彼の正体は、妖怪・座敷童子!
再会の喜びも束の間、黒郎は突然カイエに襲われる。
“妖怪のお医者さん”である黒郎の命を狙う妖怪の勢力に、
弱みを握られ利用されていたカイエは、黒郎との戦闘の末、
ついに禁断の最終兵器『百鬼夜行』を召喚してしまう!!

《収録話》
#11「さみしいから殺す」
#12「しゃれこうべ」
#13「すいみん不足」
#14「せきずいに針千本」
#15「そとづら最悪」
#16「たいないに異物」
#17「ちが濃い」
#18「つむじ曲がり」
#19「てがモジャモジャ」

《感想》
カイエの昔話で座敷童子ならではの悩みが語られてて面白かったー。
妖怪視点からの話って珍しい気がします。

3巻の見所は、主人公・クロが幼少時代の母との話ですね。
人間が妖怪に育てられた経緯が書かれています。
それにともなって、クロが妖怪のお医者さんをやっている理由も語られています。
新キャラも登場して妖怪側の話が増えてきてますます面白いです。
今後も楽しみです。

ここで第1話が試し読み出来ます。

点数=7点(たまに泣ける良い話があるのが好きです。)

妖怪のお医者さん 3 (3) (少年マガジンコミックス)
佐藤 友生
4063639053
講談社 2007-10-17
おすすめ平均 star
LIAR GAME 6/甲斐谷忍
大奥 3/よしながふみ
ユリア100式 5/萩尾ノブト
はるいちばん/萩尾ノブト
黒執事 3/枢やな
探偵綺譚~石黒正数短編集~
世にも奇妙な漫☆画太郎 2/漫☆画太郎
オトメン(乙男) 4/菅野文
ルードヴィッヒ革命 4/由貴香織里
とらわれごっこ 2/サカモトミク
ハチワンダイバー 1/柴田ヨクサル

以上11冊お買い上げ。

「ルードヴィッヒ革命 4」は最終巻です。
今週はリリースラッシュみたいで新作漫画が大量に出ますね。
出費がかさんで無職の私にはツライ時期です><。
ツライツライ言いながらもちゃっかり買ってますけど(oo;)

今日買った本の中で一番注目しているのは「探偵綺譚~石黒正数短編集~」です!
「PRESENT FOR ME石黒正数短編集」の内容が非常に良かったんで
この本もきっと面白いハズ!!と期待しています。

あとは、「世にも奇妙な漫☆画太郎 2」も1巻が良かったんで楽しみです。
「ハチワンダイバー」も「このマンガがすごい!2008」で1位だったので楽しみ。


■影武者徳川家康 第4巻 完全版/漫画:原哲夫、原作:隆慶一郎
《ストーリー》
徳川家康には影武者がいて、本物の徳川家康は
関ヶ原の戦いで暗殺されていたとしたら…。というお話。
4巻では影武者と秀忠の対立を描いてます。

《収録話》
第三十九話「六人の側妾!の巻」
第四十話「阿茶の局!の巻」
第四十一話「お梶の決断!の巻」
第四十二話「生きていた猛将!の巻」
第四十三話「冥府からの生還!の巻」
第四十四話「無言の別れ!の巻」
第四十五話「大坂城潜入!の巻」
第四十六話「天井の刺客!の巻」
第四十七話「届かぬ手紙!の巻」
第四十八話「眠れる獅子 立つ!の巻」
第四十九話「暗殺者…!?の巻」
第五十話「お万の方 懐妊!の巻」
第五十一話「生涯の盟友!の巻」
秘事各論『影武者 徳川家康』の世界

《感想》
最終巻です。。。。早っ。。。
これから秀忠とどう戦っていくのかという、
大事な部分が描かれる前に完結してしまいました。
原作小説はもっと長い話みたいなので、漫画は打ち切られたのかな…orz
好きな作品だったのでショックです。
ラストが気になるので時間があったら原作の小説も読みたいな。

4巻では、漫画版オリジナルキャラのすりの話が印象に残りました。
めんこい孫のために故郷に戻ったのにあんな事になってしまって…、
秀忠は本当に許せない冷酷な人間ですね。

お梶の方は、最初は気が強い女だな~と思ってあんまり好きでは
なかったけど、二郎三郎の事を心から愛しているというのが
伝わってきてじんわりしました。
あの時代って、将軍は複数の側妾と夜を共にするから、将軍の事を
心から愛していたお梶の方は本当につらかったでしょうね。

点数=7点(原哲夫先生、続きが読みたいよ。)

影武者徳川家康 4 完全版 (4) (トクマコミックス)
隆 慶一郎 原 哲夫
4197804164
徳間書店 2007-10
■チノミ 第1巻/吉永龍太
《ストーリー》
郊外の静かな町、東八森。
そこには、日曜日に「血」の料理を食べる人々「血飲み」が暮らしていた。
ある日、一人の女が全身の血を抜かれ殺される事件が起こる。
そんなとき、しがないフリーター、ユーイチは驚くべき「血」の秘密を握る!

《収録話》
第1話「パープル・ビギニング」
第2話「ウォーキング・ザ・レッド」
第3話「シンク・ブルー」
第4話「パープル・サンデー」

《感想》
絵柄もそうだけどコマ割りなども独特な作風です。
私は、チノミを読んで最初に荒木飛呂彦さんを思い浮かべたのだけど、
人の傷口や小物まで細かく描写してあるところが荒木さんに似ていると思います。

話も結構独特ですね。
毎週日曜日に血の料理を食べるって想像しただけでも
気持ち悪いのに、そういうチノミの人達が複数暮らしている町って
絶対行きたくない!って思いました。w
チノミ達のリストを作っている「クロセビロの人」なるものも存在する
みたいで、今後どういう風に絡んでくるのかな~と楽しみ。

あと、体中キズだらけの女性は、痛々しくて見てられなかったです。
(とは言いつつちゃんと全部読みましたが)、殺され方も酷かったし
救いどころがなくてかわいそうだったなぁ。

点数=6点(独特の雰囲気に包まれた世界観。まだ始まったばかりです。)

チノミ 1 (1) (アフタヌーンKC)
吉永 龍太
4063144704
講談社 2007-09-21
■ホタルノヒカリ 第10巻/ひうらさとる
《ストーリー》
古巣(=干物的世界)に帰還し、その居心地の良さにひたりきる蛍。
部長と“助けあう老人の会(会員2名)”を結成して、
ユル枯れな老後を目指すのもアリ?と妄想し始めるが、
あまりに達観しきった仙人のような部長を見て、
「このままではマズイ!」と思い直し……!?

《収録話》
LIGHT55「干物と部長、新たな関係」
LIGHT56「干物と羽衣」
LIGHT57「干物ファミリー」
LIGHT58「殿と干物のクリスマス-前編-」
LIGHT59「殿と干物のクリスマス-後編-」
番外編「干物女のできるまで」

《感想》
ホタルとマコトが別れたので、今度はホタルと部長のラブが
始まるかと思っていたら全然始まってなくてワロタ。
というか、もうすでに老人同士みたいな付き合いになってて
ホタルと部長の間には家族以上の空気が漂っております。
あの2人にラブが生まれるのはまだまだ時間がかかりそうな気がします。

そしてそして、今回はなんとホタルと要のラブ!?が始まっちゃいましたね。
これは全然予想していなかったのでビックリ。しかも、
クリスマスに朝までホテルで二人っきりで過ごした…って、展開早いし。
2人に何があったのか非常に気になるところで終わってます!!
11巻が超楽しみ。

点数=7点(面白い。ホタルの素朴なキャラが良いです。)

ホタルノヒカリ 10―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (10) (講談社コミックスキス)
ひうら さとる
4063406717
講談社 2007-10-12
■二人の騎士/黒子たいる
《ストーリー》
転校生の由奈に最初に声をかけてくれたのは
校内で大人気の超イケてる双子の陽一と太一。
仲良くなったのもつかのま、二人から別々に告白されちゃった!?
私、どちらを選んだらいいの~!?

《収録話》
「二人の騎士」
「二人の騎士Secomd」
「チェリーWE LOVE」
「迷宮心理学」
「幸せな人魚姫」
「あとがき」

《感想》
H度は普通。
表題作の「二人の騎士」は3Pモノです。
ストーリーはベタな展開ですが、双子の3Pモノが好きな人なら
満足の出来る内容だと思います。

表題作以外の読切作品は、3Pではなくて男女カップルモノです。
こちらもベタな内容ですが面白かったですよ。

点数=6点(主人公の子が小さくて萌え)

二人の騎士 (カルト・コミックス sweetセレクション)
黒子 たいる
4773096454
笠倉出版社 2007-12-15
■悪魔とラブソング 第2巻/桃森ミヨシ
《ストーリー》
キツイけど真っ直ぐな物言いのせいでクラスから孤立してしまったマリア。
しかし、そんなマリアを目黒伸がかばってくれた。少しずつマリアへの
視線が変わりだします。ある日、マリアは登校拒否になった友世を迎えにいくことに。
一緒にきた優介が意外な素顔を…。

《収録話》
Song.7~Song.13

《感想》
優介の変化と、担任教師の醜さ、が面白かった。そして、
「嘘をつらぬいて誰かを守る方が、本当の事を言うより難しいかもしれない」
というセリフは心にグサッときました。

優介は八方美人なところがあって皆に公平に優しいけど
それってマリアみたいにズバズバ他人の本心を暴くよりも難しい事だし、
優介は周りの人間関係も円滑にするために無理して自分に嘘をついている
ところがあると思うので、心の中ではいろいろ我慢してきたんだろうなぁと。
優介をちょっと見直しました。

マリアは、他人の気持ちを考えないで口走っちゃうところがあるので、
あんまり好きになれないですね。
基本的に無表情だから何を考えているのかも伝わりにくいし、
優介を主人公にした漫画の方が面白くなったんじゃないかと思ったりしてます。

とはいえ、3巻では新キャラも登場するみたいで何かまた進展がありそうですね。
楽しみです。

過去の感想はこちら

点数=5点(1巻に比べると話が転がって面白くなってきたかなぁ)

悪魔とラブソング 2 (2) (マーガレットコミックス)
桃森 ミヨシ
4088462211
集英社 2007-10-25
おすすめ平均 star
■恋空-切ナイ恋物語- 第3巻/原作:美嘉、作画:羽田伊吹
《ストーリー》
大きな悲しみを乗り越え、さらに愛を深めあった美嘉とヒロ。
ところが、突然のヒロの変化に美嘉は驚きととまどいを隠せない。
傷つきながらもヒロを受け入れようとする美嘉だけど…!?

《収録話》
「恋空#7」
「恋空#8」
「恋空#9」
「美嘉×羽田伊吹 恋空対談」

《感想》
3巻は美嘉の身にいろいろな事が起こりましたね。
内容を簡単にまとめるとこんなかんじです。

美嘉流産

美嘉とヒロはさらに絆を深める

美嘉が他の男にキスされた事をヒロが知り、喧嘩になるが仲直り。

ヒロ、シンナーを吸う

それでも別れたくない美嘉

ヒロが、非常に優柔不断で怒りやすいキャラになってきたので、
だんだん美嘉に感情移入出来なくなってきたなぁと思ったり。
シンナーを吸うヒロに対して、まだ別れたくないというのは
私は共感出来ないんですよね。
私だったら恋人がそんな事をしていたら、百年の恋も一気に醒めてしまうと思う。

映画も絶好調の恋空ですが、4巻ではどういう展開が待ち受けているのか!?

過去の感想はこちら

点数=4点(だんだん現実離れしたストーリーになってきました)

恋空~切ナイ恋物語 3 (3) (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
美嘉 羽田 伊吹
4575333468
双葉社 2007-11-21
おすすめ平均 star
■BLUE DRAGONラルΩグラド 第4巻/原作:鷹野常雄、漫画:小畑健
《ストーリー》
今まで見てきたものや出会った人達を守るために戦う…。
ラルはこの想いを胸に刻み、人類の存亡を懸けた闇女王との
最終決戦に臨む!現世に残りたるは光か闇か…。
ラルとグラドの一大叙事詩に幕が下りる!!

《収録話》
TALE23「Immortal」
TALE24「Fate」
TALE25「Scream」
TALE26「Strength」
TALE27「Awake」
TALE28「Run」
TALE29「Friend」
「ラルΩグラド設定資料集」
「あとがき」

《感想》
不人気のために連載打ち切り。
第4巻で終わりです。

個人的には好きな作品でした。

世界観は王道のファンタジーで良いし、
影の設定もジョジョのスタンドみたいで面白いし、
絵は小畑さんだし、キャラクターも個性的で良いし、
週刊少年ジャンプで連載してなかったら、最後まで
きっちり描かせてもらっただろうと思うぐらいの出来。

なんでこれが打ち切りに…orz
もったいない…orz

巻末に載っている「設定資料集」のラル・ダークバージョンの
デザインがかっこいいから、こっちのデザインで描いていたら
女子の人気も得て打ち切りにならなかったんではないか、とか
いろいろ考えてしまう。

あと、本編のエンディングのセリフはジャンプ編集者の助言により
書き直されたらしいのですが、書き直される前のセリフが巻末に載っています。
私は原作者の考えたセリフの方が良いと思いました。

点数=6点(王道ファンタジーで好きだったのに><)

BLUE DRAGONラルΩグラド 4 (4) (ジャンプコミックス)
鷹野 常雄 小畑 健
4088744373
集英社 2007-11-02
おすすめ平均 star
■ラウンダバウト 第1巻/渡辺ペコ
《ストーリー》
野村真(♀)・中学2年・14歳。
創作ダンス、初めてAV、妄想片想い…。
日々の景色はラウンダバウト(回転木馬)みたいにくるくる回る。
ダサくてキュートでほんのり切ない健康優良中学生漫画!

《収録話》
第1話「MANGA SICK」
第2話「涙目」
第3話「自転車にのって」
第4話「風をあつめて」
第5話「ポケットいっぱいの秘密」
第6話「しゃぼん玉」

《感想》
作者はリアルな中学生の青春を描いた漫画を描こうとしているのかなと
思いますが、主人公・真のキャラにリアリティがなかったところがちょっと残念。
周りのキャラがリアルなので、逆に真だけ浮いちゃってます。

でも、脇役を固めるキャラ達の話は共感出来る部分もあって面白く読めます。

周りの物事に対してイライラしてしまう日々が続いたと思っていたら、
生理が始まった。とか、女性なら一度は経験しているんじゃないかと。
男子との微妙な距離感。とか、上手く表現してあるなぁと思います。

中学生という難しい時期の女の子達を、可愛くリアルに
笑いも取り入れて描いた良作だと思います。

点数=7点(中学生が主人公ですが、大人向けっぽい)

ラウンダバウト 1 (1) (クイーンズコミックス)
渡辺 ペコ
4088654331
集英社 2007-10-19
おすすめ平均 star
■かな、かも。 第1巻/橘裕
《ストーリー》
高校生になり、念願の女友達をゲットした由奈。
神尾兄弟が作った映画研究部の部長にも任命され、
張り切る毎日。しかし入部希望者の轟の過去を知り、
幼い頃の心の傷が甦る!さらに友也の裏の一面も明かされて!?

《収録話》
「かな、かも。」
「P.S. 橘の言いたい放題」

《感想》
相変わらずモジモジした幼児系の主人公と、
主人公に惚れ込んでいる王子様系男子2名の構図は、
嫌いな人は本当に嫌いだと思います。

私は、キャラについては許せるんですが、
肝心のストーリーも面白くないのが最大の欠点。

兄への想いやりから、無意識に自分の体の成長を止めていた由奈。
神尾兄弟やクラスの友達と関わるうちに、心も体も成長するが、
それを知った兄は由奈を棄てる…。って、なんでそうなるのか
全然話についていけなくて、作者の妄想を読まされているみたいでした。
キャラクター全員が薄っぺらくてリアリティがないのが問題なんだと思う。

2巻で諸悪の根源だった兄が去ってしまったので、
3巻からは普通の学園モノになるのかな?
そうすれば少しは面白くなるかも。

点数=3点(キャラも展開もリアリティがなく、作者の妄想全開の漫画)

かな、かも。 2 (2) (花とゆめCOMICS)
橘 裕
4592184424
白泉社 2007-10-05
おすすめ平均 star
■桃色ヘヴン! 第1巻/吉野マリ
《ストーリー》
一見フツーの女子高生・椎名桃子は、じつは官能小説家。
こんなハズカシイ秘密、誰にも言えない!なのに、全校女子
羨望のスーパーモデル・伊縫蘭丸にバレちゃって、ど、奴隷!?
読めばたちまち桃色気分・超刺激的ラブコメディー!!

《収録話》
第1話「恋の奴隷?」
第2話「圏外からの脱出!?」
第3話「モデル初挑戦!」
第4話「合コン危機一髪!」

《感想》
S系スーパーモデルとヴァージン官能小説家の設定は、
わりとありがちな構図かなと思いますが、この作品は
キャラクターがしっかりしていたので非常に面白かったです。
ストーリーも設定を活かして上手く作ってありました。

蘭丸のキャラについては、オーバーに表現してあるので、
非現実的な事も多少はあるのですが、話が面白いので
気にならない範囲でした。
主人公・桃子のキャラは、純朴なところが可愛くて良かったです。

次回予告を見ると、2巻ではクール系イケメンも登場するようなので、
今後ますます面白くなっていきそう!要注目作品です。

点数=8点(キャラが良い!)

桃色ヘヴン! 1 (1) (デザートコミックス)
吉野 マリ
4063654753
講談社 2007-10-12
おすすめ平均 star
■のだめカンタービレ 第19巻/二ノ宮知子
《ストーリー》
おじゃま虫カップル付きでウィーンを訪れたのだめと千秋は、
留学中の清良と再会。コンクール出場を決めていた清良の迷いとは…?
パリでも、ターニャとユンロンがコンクールに向けて猛練習中。
それぞれが希望と迷いの中で揺れながら未来へと走り始める。
そして、一番星を背負って、あの男がパリの地に立つ!!

《感想》
コンクールに向けて、ターニャ、ユンロン、清良、
それぞれの思惑が交錯して、ちょっとせつない
シーンもあったりして面白かったです。
ギャグでいろいろ騒ぎながらも最後はしっかり
締めてあって上手い!

ターニャと黒木君の恋愛話は、黒木君の反応が
いちいち可愛くてかなり面白かった。
あの二人には幸せになって欲しいです。

のだめが千秋の真似して指揮している場面がウケました。

点数=9点(今回は登場人物も豊富でギャグとシリアス両方ありボリューム満点でした。)

のだめカンタービレ (19) (講談社コミックスKiss (673巻))
二ノ宮 知子
4063406733
講談社 2007-11-13
おすすめ平均 star
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。