「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ちゃんとしたレビューを書く時間がないので、
「プチ感想」というカテゴリーを作りました。
ここでは、最近読んだ漫画について簡単に感想を書いていきたいと思います。

■ひぐらしのなく頃に 目明し編 1/原作監修:竜騎士07、作画:方條ゆとり
今回も怖かった。
ひぐらしを読んだ後は、後ろを振り向くのが怖くなりますねw
サトシの「でもまだ許してもらえないんだ」ってコマは
まじでびっくりしましたよ!!!
直接的な恐怖よりもああいう表現の方が後に残りますねぇ><

■ホタルノヒカリ 1、2、3/ひうらさとる
まだ4巻の途中までしか読んでないのでとりあえずここまで。
少し前のエントリーでも書きましたが、
3巻後半の部長のエロスに完全にやられた…。
部長はこれまで全然意識してなかったのに、あれで、あれのせいで!!
部長の事がしばらく忘れられそうにないです><w

■天然系★王子/藤沢志月
作者初のコミックスとは思えないほど、クオリティが高い!!
キャラクターの性格がみんな分かりやすくて個性的。
で、面白い。笑える少女漫画ってかんじ。

■パピヨン-花と蝶- 1/上田美和
うーん…これは、正直微妙。キャラも話もありきたり。
読みやすくて普通に面白いけど、特に印象も残らない漫画。

■岳 1、2/石塚真一
まだ3巻は読んでないので、2巻までの感想で。
山岳漫画って、専門用語がたくさん出てきて小難しいかんじ
なのかなって思って手を出しにくいジャンルだと思いますが、
これは女性の方でも読める漫画だと思います!!
事実、私が読めたし、はまったし。
命を描いているのに、1話完結タイプってのもびっくりですね。
こんなにあっさり描いていいんか~~いって心配になるほど
あっさりあっさり軽く描いてあります。でも、重いんだけど。(どっちだw

■ちんつぶ 1/大和名瀬
ちんこのつぶやき、略してちんつぶ。。。。。
orz くだらねぇーー(褒め言葉ですよ)
くだらなさすぎて面白い。BL漫画ですけど、完全ギャグ漫画!
顔とちんこのギャップに何度も笑ってしまったー。

■ハツカレ 10/桃森ミヨシ
まず気になったのが、なんか絵が下手になった?
最終巻なのに全体的に絵が劣化してて萎えです。
次に気になったのが、二人がHした場所。
あんなに引っ張っておいて、あんな場所で!!!
布団がないところなんて!!
初体験があんなんで本当にかわいそう。
膝とかが擦れて絶対痛いよ。

■黒鷺死体宅配便 6/作:大塚英志、画:山崎峰水
今回も面白かった。
この作品はどの話も一定以上の面白さを提供してくれますね。
安心して読めます。

■文鳥様と私 8/今市子
文鳥達が弱っていく姿がかなしいです…。

■説得ゲーム/戸田誠二
サイコな内容を取り扱っていたので、
サイコっぽい話を求めて読んでしまったんですが、
蓋をあければ、普通の人間の話で、少しがっがり。
スポンサーサイト
ひぐらしのなく頃に 宵越し編 1/原作監修:竜騎士07、作画:みもり
エマージング 1/外菌昌也
魔人探偵脳噛ネウロ 1/松井優征
WジュリエットII 1/絵夢羅

以上4冊お買い上げ。

ひぐらしだけ買いに行ったはずなのに、気づいたら4冊も買ってるし…orz
でも、今回買ったエマージングが大当たりでした!!
突如、東京の交差点で血を吹きながら死んだ男が、
新型ウイルスに感染していた事が判明。。。。
日常から非日常に変わっていく。。
第1巻の内容はまだここまで。
死に方が、気持ち悪くってgoodです。サイコーです。
サイコホラー??いや、バイオホラー漫画ですね!!
筒井哲也さんのマンホール的ノリですよ、これは!!!
2巻まで発売されてるらしいんで、早く2巻も読みたいです!!!
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 1/原作監修:竜騎士07、作画:方條ゆとり
ボーイズ・オン・ザ・ラン 5/花沢健吾
泣く侍 1/中山昌亮
時をかける少女 1/原作:筒井康隆、漫画:ツガノガク
ホタルノヒカリ 5/ひうらさとる
ホタルノヒカリ 6/ひうらさとる
ホタルノヒカリ 7/ひうらさとる

以上7冊お買い上げ。

ホタルノヒカリおもしろーーーーーーーーー!
昨晩は夜2時まで夢中で読んでしまったよ!
もう部長が素敵すぎて、3巻後半のあのシーンでは
何度も読み返してしまいました。
蛍と部長の距離感ってすごくいやらしいね!!

ひぐらしの新刊は先週に発売してたみたいですね…。
全然気づいてなかったデスヨ…。

泣く侍は、試し読みで見て気に入って買ってみましたー。
コマ割りが、なんとなく、バガボンドっぽい??
まだちゃんと読んでないけど面白そうです。
ホタルノヒカリ 3/ひうらさとる
ホタルノヒカリ 4/ひうらさとる
銀と金 3/福本伸行
銀と金 4/福本伸行
岳 3/石塚真一
僕は妹に恋をする 1/青木琴美
僕の初恋をキミに捧ぐ 1/青木琴美
鈴木先生 1/武富健治
フィジカル☆エイジ/紫賀サヲリ

以上9冊お買い上げ。

ホタルノヒカリは、最近ちょっとはまりそうな漫画の一つ。
もう少し読んだら感想書こうかなぁ~~。

って、その前に書く時間を作らないといけないけど…><;
君に届け 3/椎名軽穂
ハツカレ 10/桃森ミヨシ
おおきく振りかぶって 7/ひぐちアサ
黒鷺死体宅配便 6/作:大塚英志、画:山崎峰水
キングダムハーツ FINAL MIX 2/天野シロ
百鬼夜行抄 15/今市子
文鳥様と私 8/今市子
ホタルノヒカリ 2/ひうらさとる

以上8冊お買い上げ。

忙しかった平日がやっと終わり、やっと漫画を読めるーー!!
新刊がたくさん出てたのでまとめて買ってきました

君に届け 第3巻は、恋愛漫画っぽくなっていくのかなー。と予想。
ハツカレはたしか今回発売の巻で完結ですね。

黒鷺死体宅配便は実は結構好きな作品なので早く読みたい。
こういうサイコっぽい漫画大好きなのよね(*´ロ`*)

百鬼夜行抄はもう第15巻なのですね。
終わりがない漫画だけにどこまで巻数を延ばすのか…。
全然関係ないけど、今市子さんは締切りを守る漫画家さんだそうですよ。
文鳥と戦いながらも締切りを守るなんて、素晴らしい方です( ゚д゚)

キングダムハーツの漫画は初めて買った。
第1巻だと思って買ったのに、いきなり第2巻買っちゃったよ…orz
ちょっと古いネタですが、いろいろなブログで紹介されてたこの作品を読んでみました。
原作:原田重光さん、作画:荻尾ノブトさんの「ユリア100式」第1巻です。

【ストーリー概要】
“オトコのロマンの結晶”汎用人型ダッチワイフ・ユリア100式がいま動き出す!
ユリア100式は最初に挿入されたペ○スの形状をインプリンティングし、
その男性の一生の性の奴隷となるのだ!!
ユリアは、好きになった男性のペ○スを挿入しようと頑張るが、
その男性には遠距離恋愛中の彼女がいて、頑なにユリアの誘惑を拒み続ける。
予想をはるかに上回る言動と、ナイスすぎる技の数々……。
その活躍っぷりは、人類にナニをもたらすのだろうか!?

オトコじゃないので、オトコの気持ちは分からないのですが、

これがオトコのロマンなんですかぁあああ!!!??

なんかとりあえず下品なギャグが多いんですけど、
ユリアの性格が明るいバカってかんじなんで笑って読めました。
真剣にエロの事ばっかり考えているユリアが面白いです。

2巻も出てるみたいだから、2巻も今度買ってみようと思います。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ユリア100式 1 (1)
萩尾 ノブト 原田 重光

4592144015
白泉社 2006-08-29
おすすめ平均 star
すえのぶけいこさんの「ライフ 第14巻」です。

ライフはいじめ問題を描いた漫画です。

今までのストーリーを簡単にまとめると、
主人公・歩(あゆむ)はリストカット癖のある少女。
クラスメイトの愛海(まなみ)にイジメの標的にされるが、
未来(みき)との友情に勇気づけられて立ち向かう。
いじめも最初はみんな見てみぬふりだったが、味方に
なってくれる先生が現れたりし、良い方向に向かうかと思われた。
しかし、愛海の父親(会社社長で県の実力者)の圧力から、
味方になってくれた先生が転勤させられてしまう。
何事もなかったかのように日常に戻ろうとする学校の態度に強い憤りを感じた歩は、
未来の姿を求め学校を飛び出すが、未来はどこにも見つからず……。
というかんじです。

第14巻では、前半部分は学校の外での話しになっていて、
歩と未来が愛海の父親をこらしめたり、未来の過去話が描かれています。
後半部分は、学校の話に戻ります。中間テストをしている時に、
悪い先生(愛海の味方)が、未来がカンニングをしたと罠にはめます。
しかし、「未来はカンニングなんかしない」「先生もいじめの加害者だ」
と、クラス中がそういう雰囲気になり、ついに立場逆転。

やっとここまできましたね。長かったです。
本格的に終わりに向けて動き出しているといったかんじ。

愛海は、今まで恐怖で仲間を支配していましたが、
すでに孤立しているうえに、いじめの主犯だと
クラスの人には、ばれてしまっていますね。
もう誰も信用してくれる人はいなさそう。
愛海の味方の先生も、もう終わりでしょう。。。

歩がここまでこれたのは、未来という友達がいたから!!
友情って良いものですねー。
いじめに対して一番有効なのは、信じてくれる友達なのだと、
教えている気がします。

今後、どうなっていくのか、また二転三転するのか楽しみです。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ライフ 14 (14)
すえのぶ けいこ

4063415058
講談社 2007-01-12
おすすめ平均 star
間瀬元朗(ませもとろう)さんの「イキガミ」第3巻です。

【収録話】
Episode5「命の暴走」
Episode6「最愛の嘘」

イキガミを知らない方のために簡単に説明しますねー。

【ストーリー設定】
「もし、あと一日しか生きられないとしたら」
それを国民に考えさせることで「生命の価値」を再認識させる法律「国家繁栄維持法」
全国民が小学校入学時にうける「国繁予防接種」…その注射器に混入した
ナノカプセルにより、1000人に1人の若者が18歳から24歳までの
あらかじめ設定された日時に命を奪われる。
だが、その若者が自分の運命を知らされるのは、死のわずか24時間前。
24時間前に「死亡予告証」通称「逝紙(イキガミ)」を渡されるのである。
そして、「逝紙(イキガミ)」を配るのが主人公の「藤本」の仕事。

あらかじめ設定された日時に命を奪われるっていう薬に無理をかんじますが、
そこは目を瞑って読んで欲しいです。

■さて、第3巻の本編の話ですが……
「命の暴走」は、区議会議員選挙に立候補した母親をもつ少年の話。
この母親が最低な人間で子供を道具としてしか扱ってこなかった。
しかも、イキガミを受け取った息子を選挙に利用しようとする始末。
ついにキレた少年は、母親を殺そうとしますが、寸前で警察に撃たれ、
そのまま何も語らず死んでいきます。

この母親は本当最低ですね。それを今まで見てみぬふりしていた父親も同罪です。
同情出来るところが一つもないのでフォローのしようがないです。
「国繁法」がなくても、いづれはこうなってしまったような気さえします。
しかし、残された24時間を、母親を殺すために
使おうとするなんて悲しい親子関係ですよね。

■「最愛の嘘」は、幼い頃に事故で両親を亡くし、
さらに、その時の事故で失明してしまった妹をもつ兄の話です。
施設で暮らす最愛の妹を引き取るために、詐欺で金を騙し取り、
身分を偽装し、嘘まみれの人間になり下がった兄。
(その事はもちろん妹に秘密。)
やっと妹を引き取る準備が整った頃、イキガミを受け取ります。
兄は、自分が死んだ後、自分の角膜を妹に移植させる事を決意するのですが、
イキガミを受け取った事を妹に知られてしまい、それを知った妹は大激怒。
角膜手術なんかうけないと言い出しますが、「嘘」をつく事で無事手術は行われます。

病院で兄がみんなにお辞儀をしているところで、うるっときた!!
兄は、最後まで妹の事しか考えてなくて、まっすぐな人間でしたね。
それだけに兄が詐欺などをしていたのが非常に残念です。
兄の性格設定が、もっとまっとうな人間だったら、
(一生懸命勉強をして社会に出て、妹を養えるようになった矢先に…みたいな)
より良い話になったような気がします。

以上、イキガミでしたー。
気になった方は読んでみて下さいね。
―――――――――――――――――――――――――――――――
イキガミ 3 (3)
間瀬 元朗

409151149X
小学館 2006-12-28
空色海岸 1/山田南平
ルードヴィッヒ革命 2/由貴香織里
オトメン(乙男) 1/菅野文
うる星やつら 新装版 5/高橋留美子
うる星やつら 新装版 6/高橋留美子
カッパの飼い方 8/石川優吾
バイオメガ 1/弐瓶勉
バイオメガ 2/弐瓶勉
岳 2/石塚真一

以上9冊お買い上げ。

仕事が早く終わったので本屋さんに行ってみると、
新刊がたくさん出てたのでたくさん買いました~。

弐瓶勉さんの漫画はまじでかっこいい!!!
漫画の新境地を開いたんじゃないかと思う!!
ただ、凄すぎて誰も真似出来ないと思う!!

オトメンは表紙買い。
乙女+男っていう発想にひかれました。

空色海岸は、紅茶王子を連載してた山田南平さんの新連載みたいですね。
この漫画の主人公が全然かわいくないよ~~(TωT)
GS美神極楽大作戦!! 15/椎名高志
GS美神極楽大作戦!! 16/椎名高志
ライフ 14/すえのぶけいこ
パピヨン 花と蝶 1/上田美和

以上4冊お買い上げ。

本当に本当に仕事が忙しくて
しばらくは週末しかレビューを書く時間がなさそうです(TωT)

レビュー書きたい本がたまってるのに…。orz
2006年12月に発売したコミックスの中から
自分的に面白かったものを5作品紹介しちゃいます。

もう1月の中旬になってしまいましたが、いってみましょう!

第1位
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
浦沢 直樹 手塚 治虫
4091810063
12月のランキング第1位は「PLUTO 第4巻」に決定!!
浦沢さんの漫画は、大体コミックス1巻~2巻ぐらいの部分が面白くて、
後は徐々に面白くなくなっていくっていうイメージがあったんですけど、
PLUTOはまだ絶好調に面白いと思います!!
アトム達最高のロボットと天才博士達が絡みあって、
緊迫したかんじがドキドキワクワクさせてくれます!
詳しいレビューについては、また後日書かせて頂きますね。

第2位
GANTZ 20 (20)
奥 浩哉
4088771877
和泉が集団に襲われたシーンはすごく迫力があったし、
記憶をなくした主人公がブルブル震えながらも戦うシーンでは、
こっちまでドキドキしたし、1冊で色々楽しめました。
詳しいレビューについては、また後日!

第3位
イキガミ 3 (3)
間瀬 元朗
409151149X
第5話「命の暴走」第6話「最愛の嘘」が収録されてました。
「命の暴走」では「家族って何なんだろう…」と考えさせられ、
「最愛の嘘」では、読んでて思わず涙が出そうになりました。
レビューはこちら

第4位
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 (1)
竜騎士07 鈴羅木 かりん
4757518269
「罪滅し編」はレナが主人公の話!!
この漫画は本当に原作が秀逸なんだろうね!!どの巻もハズレがないです。
原作の竜騎士07さんはスゴイ!!!
でも今回はイモ○シのページが、気持ち悪くてまともに見れませんでした…。
詳しいレビューは、また後日…。

第5位
One piece (巻44)
尾田 栄一郎
4088742877
エニエス・ロビー編、CP9編、メリー号編完結とボリュームもあったこの巻。
最後は思わずうるっときた人も多いはず!!
レビューはこちら
―――――――――――――――――――――――――――――――
総括。
今回は上位4作品のレビューがなくて、
ボリュームのない記事になってしまいました( p_q)エーン
出来れば今週中に全部の作品レビューを書いてしまいたいです。
が、仕事は忙しくて難しいかも( p_q)エーン
誰にも愛されない/山田ユギ
ホタルノヒカリ 1/ひうらさとる
銀と金 1/福本伸行
銀と金 2/福本伸行

以上4冊お買い上げ。

つ…疲れた。今日は仕事でぐったり。
でも、1冊は読んでから寝る…。(○´ω`○)
がっこうのせんせい 2/松本花
がっこうのせんせい 3/松本花
岳 1/石塚真一
ユリア100式 1/荻尾ノブト(作画)、原田重光(原作)
ぬくもり抱きしめて/花咲依織
永遠のカケラ/花咲依織
天然系☆王子/藤沢志月
説得ゲーム/戸田誠二
それもこれもが恋ってもんだろ。/日の出ハイム

以上9冊お買い上げ。

セブンアンドワイで注文してた商品が届きました!
岳は、「マンガノココロ」様で推薦されてたので購入。
天然系☆王子は、「このマンガがすごい!オンナ版」で紹介されてたので。

今週中に読めると良いなぁ~。。全部は厳しいかなぁ。
とうとうこれで完結。オタクの日常を描いた作品
木尾士目(きおしもく)さん「げんしけん」第9巻です。

【収録内容】
第50話「スージーといっしょ」
第51話「ボンノーはとめどなく」
第52話「Rain or Shine」
第53話「告白」
第54話「いつでも夢を」
第55話「げんしけん」
巻末特別描き下ろし「恋と妄想の追い出しコンパ」

この作品、どうやって終わるのだろうと思っていましたが、
まさか最後は斑目と咲の話で終わるとは…。
連載始まった時は、こういう終わり方するなんて想像もつきませんでしたよ。

本当の主人公は斑目だったのかなぁ…
うむ。よくよく考えれば、「げんしけん」読者が
一番共感出来るのは斑目なのかも。

9巻の内容ですが、初詣、卒業と、
オタク学生の日常生活を淡々と描いているんだけど、
その中でも、斑目と咲が二人っきりで部室で話しているシーンが良かった。
斑目の気持ちとかすごいリアルでしたね。
「あるある!」てかんじで読んでて面白かった。
あと、斑目が告白しようとしてた時、絶対咲さん気づいてたよ!(告白されるって)
あの空気感はもう間違いなく。。。

そして話変わって、げんしけん第9巻は通常版(コミックスだけ)と
特装版(ドラマCDと同人誌とコミックス)が発売されました!!
自分は、特装版の存在を知らなかったので見事に買えませんでしたw
でも同人誌は知人に売って貰ってなんとかゲット。
こちらの同人誌もなかなか豪華で面白かったのです。

以上、げんしけんのレビューを終わります。
木尾士目先生お疲れ様でした。
―――――――――――――――――――――――――――――――
げんしけん 9 (9)
木尾 士目

4063211835
講談社 2006-12-22
おすすめ平均 star
発売してから1ヶ月近く経ってしまいましたが、
この作品のレビューはやっとおかないと。って事で、
今回は、尾田栄一郎さん「ONE PIECE」第44巻です。

【ストーリー概要】
ロビンと合流し、脱出経路を模索する麦わら一味。
だが、「バスターコール」の影響で絶体絶命に!
そしてルフィVSルッチの死闘の行方は!?緊迫のCP9編決着!!

ついにエニエス・ロビーの戦いが終わりました。
全体的に戦闘シーンばっかりで少年漫画っぽかったですね。
ルフィVSルッチの戦いは、ルフィのとっておき
「ギア2」と「ギア3」出しまくりで辛勝でしたね。

■ギア2とギア3の仕組みが判明したので書いておきます。
・ギア2
足をポンプにして血の流れを加速させている。ドーピングのようなもの。
心臓がはり裂ける程の血圧にも、全てが“ゴム”ならば耐えられる。
ゴム人間ならではの技。   
・ギア3
骨に空気をいれて、体の一部を巨大に膨らませる技。
腕を膨らませて「巨人族の腕」。胴体を膨らませて「骨風船」等応用出来る。

そして、エニエス・ロビー編の肝心のラストですが、
「ゴーイングメリー号」が迎えにきてくれた時は、ウルッときた(TωT)
今読み直してもウルッときますね、これは(ノД`)
連載当初からワンピースを読んできたので、メリー号の話はいつも泣ける。

でも、その後、メリーが語り始めたのは微妙でした。
あそこで「ん?なんで?」と思って、涙が枯れてしまったので…
あのまま無言で散っていったら、号泣になったかも。

自分的には少し後味が悪いラストだったかな。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ONE PIECE 巻44 (44)
尾田 栄一郎

4088742877
集英社 2006-12-04
おすすめ平均 star
今更ってかんじもしますが、
管理人が2006年に発売した本の中で
特に面白いと思った10作品を発表します!!
順位は特にないデス。

【少年漫画】部門
■DEATH NOTE 全12巻/大場 つぐみ(作)、小畑 健(画)
作品が終了した後も人気が衰えないこの作品。
いろいろ辛口評価もされてたりしますが、
私は素直に面白かった。楽しめた。
Lが死んだ後の第2部も大好きです!

■ひぐらしのなく頃に
原作のゲームはやった事ないので新鮮に楽しめました。
出題編4作品の内3作品(鬼隠し、祟殺し、綿流し)は、どれも本当に怖かった!!
「どうせ最近流行の萌え系マンガなんでしょ~~」てなめててゴメンナサイ。
内容もさる事ながら演出も展開も全て一流だと思います。
こんな面白い作品はなかなか出会えないでしょう!
ひぐらしは特集書いて記事にしてみたいです。
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(1)
竜騎士07 鈴羅木 かりん
4757515901

■未来日記 既刊2巻 以下続刊/えすの サカエ
上記2作品には劣りますが、面白い作品だったと思います。
漫画の描き方はまだ未熟かなってかんじもありますが、
アイデア、スピード感は優れていました。
レビューはこちらからどうぞ→第1巻第2巻

【青年漫画】部門
■マンホール 全3巻/筒井 哲也
筒井哲也さんの漫画が大好きです!
サイコホラーというジャンルの中では
今いる新人作家の中で1番素晴らしいと思います!
今後に期待しています。
作者のサイトはこちらからどうぞ→STUDIO221
マンホール 1 (1)
筒井 哲也
4757515073

■ぼくらの 既刊6巻 以下続刊/鬼頭 莫宏
月刊IKKIで連載されている漫画です。
地球を守るゲームに巻き込まれた少年少女15人の物語。
少年少女達が操縦する巨大ロボットジアースは
1回戦闘する毎に、操縦者1人の命を奪う。
自分自身の死と向き合う少年少女達の話が、痛い。(良い意味で)
2007年アニメ化も決まって絶好調のこの作品を選んでみました。

【女性向け漫画】部門
■砂時計 全10巻/芦原 妃名子
砂時計は本当に面白かった。
変に話を引き伸ばしたりしないで、全10巻で
綺麗にまとまってくれたのも編集さんに感謝。
主人公の性格が暗いので若干暗い話に偏りがちですが、
ラストは幸せになってくれて良かった。涙涙のお話でした。
来春TBSでドラマ化されるみたいですー。

■君に届け 既刊2巻 以下続刊/椎名 軽穂
第1巻はギャグ色が強いので、男の人でも読める少女漫画です。
第2巻は個人的にはあまり好きではナカッタのですが(´・ω・`)
今後に期待という意味も込めつつ選びました。
今月1月25日に第3巻が出ます!
レビューはこちらからどうぞ→第1巻第2巻

■キャットストリート 既刊5巻 以下続刊/神尾葉子
「花より男子」の作者の新作漫画です。
有名な子役だった女の子が、ある事件をきっかけに挫折し芸能界から引退。
その後、不登校&ひきこもりの生活を送る彼女が
1人の男に誘われフリースクールへ通い始めるっていう、
割とよくありがちな流れなんだけど、なんか面白い。
自分でもなぜ面白いのか分からないんですけど。。。
漫画の描き方が上手いのかな?
気づいたら5巻を一気に読んでたんですよね。

■山手奇譚/天野 ちぎり
これは女の子向けエロ漫画です!!!(○´▽`○)
短編が4作品収録されているんですが、
中に収録されていた「エロスの法則」が良かった。
ラブコメながらもエッチな内容にドキドキです!
山手奇譚
天野 ちぎり
4253135218

【動物漫画】部門
■たもちーの動物小国~ウサまみれ~/高群 保
かわいい!!たれみみうさ飼いにはたまらんです。
うさぎ漫画を探している方はこの漫画を買って下さい!
レビューはこちらからどうぞ→ここ。

と、以上10作品選び終わりました。が、
今年2007年大注目の作品を2つだけですが、紹介させて下さい。

【今後注目作品】
■4ジゲン 既刊1巻 以下続刊/にざかな
あの「B.B.joker」を生んだにざとかなの黄金コンビが戻ってきた!!
にざがネタを作り、かながイラストを描くというこのコンビ。
やっぱり笑わせてくれました。(正直期待してなかったんだけど)
このギャグマンガに今後大注目です!
4ジゲン 1 (1)
にざかな
4592187555

■惑星のさみだれ 既刊2巻 以下続刊/水上 悟志
惑星と書いてほしと読みます「ほしのさみだれ」
ごく平凡の大学生が、ある日現れたトカゲに「地球の危機」を救う協力を依頼される。
拒否する間もなく、指輪と能力が与えられ、早くも敵に襲われる!
そんな主人公を救ったのは、お隣に住むの少女・さみだれ。
というのが物語の最初の内容です。これだけ読むとありきたりなかんじがしますが、
「未来日記」と「寄生獣」の雰囲気に似ていて、だんだん作品全体が殺伐としてくる。
あと謎がたくさん散らばっていて、、、
空に浮かんでる巨大ハンマーとか。主人公達が見る夢の世界とか。
姫を守る従者達とか。魔女は何かとか。
気になる事がいっぱいです!
今後注目したい作品です。
惑星のさみだれ 1 (1)
水上 悟志
4785926058

以上で2006年漫画の総括を終わります!!!

おまけ
他のブログさんの真似ですが、管理人が購入した漫画の数を発表!
2006年10月…47冊+忘れた本ちょびっと
2006年11月…73冊
2006年12月…53冊
お知らせで~~す(○´ロ`○)

漫画のレビューを書かれているブログ
「マンガノココロ」様と相互リンクさせて頂きました。

毎月約4万円を漫画の購入に使われているとの事で、ブログの内容も濃いです。
文章がたくさん書いてあって読み応えもあり!
じっくり読みたいブログですね
ぼくらの 5/鬼頭莫宏
ぼくらの 6/鬼頭莫宏

以上2冊お買い上げ。

明日からの3連休に備えて「ぼくらの」を
今発売している巻全部買いました!
それから、本屋に売っていなかった本を
ネット注文したので来週には届くはず。
楽しみだー(○´皿`○)ぐふふ
るろうに剣心 13【完全版】/和月伸宏
るろうに剣心 14【完全版】/和月伸宏
Dr.SLUMP 5【完全版】/鳥山明
Happy! 3【完全版】/浦沢直樹
ぼくらの 3/鬼頭莫宏
ぼくらの 4/鬼頭莫宏

以上6冊お買い上げ。

まだ第2巻までしか読んでいないけど「ぼくらの」面白いかも。。。
「無限のリヴァイアス」とか「エヴァンゲリオン」を思い出すような話ですね。
キャラクターの心理が結構淡々と描かれているけど、
かなり考えさせられるような内容なので、
時間があればゆっくり掘り下げながら読みたい漫画です。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

大晦日の昨日は、2006年最後の記事をアップするために、
年越し数分前までブログを書いていてなんだか慌しかったです。

2007年の目標はとりあえず、たまっている未読本を読まなきゃ…というかんじ。
現在、未読本だけで100冊を越えてしまっているので…
読むだけでも3ヶ月ぐらいかかりそう…(´-`;)

そして、遅くなりましたが2006年漫画ベスト10とかやりたいな。
あと恒例になった月別ベスト5の2006年12月分も近いうちにアップしますよ!

ちまちま更新していきますので、今後ともよろしくお願いしますね(*´∇`*)

ではっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。