「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■あいらぶ日和 第1巻/アキタコウ
《ストーリー》
あい&コウヘイ、ふたりのふたりによるふたりのための
……むしろふたりでやってろ!な愛の日々。
うざったくもカワイイ、苦笑い&半笑いショートコメディ!
主な登場人物
馬場あい(24歳。コウヘイと同棲中のホラー漫画家。自由人)
中嶋コウヘイ(21歳。あいちゃん大好きな探偵)

《収録話》
#1~#14
おまけ「完璧だよ」

《感想》
らぶらぶの2人を描いたほのぼの漫画です。

ただIKKIで連載されているだけあって
普通のほのぼの漫画とはちょっと違います。

主役2人の職業がホラー漫画家と探偵という癖のあるもので、
あいちゃんは子供が大っ嫌いだったりします。
あと、2人が暮らしている部屋におじさんが一緒に住んでいます。
小さいおじさんと普通サイズのおじさんがいるのですが、
小さいおじさんはあいちゃんにだけ見えているかんじで、
普通サイズのおじさんは2人とも見えていないみたいですね。
あのおじさんの正体がとっても気になります。

お話の流れは、2人のらぶらぶ生活を1P~2P程度のショート漫画で描いていくもの。
コウヘイがあいちゃんの事を好きなのが伝わってきてほのぼのします。

あいちゃんは、性格に一貫性が感じられないところがあって、
お話によって良い人だったり極悪人?みたいだったりしますね。
そこがちょっと気になるかな。。。
そういう情緒不安定気味な性格なだけかもしれませんが。

点数=4点(良い話もありましたが疑問点も多くキャラ設定・世界観が不安定なかんじ。)

あいらぶ日和 1 (1) (IKKI COMICS)
アキタ コウ
4091883877
小学館 2007-12
スポンサーサイト
■ねくろまねすく 第1巻/玉置勉強
《ストーリー》
死んだはずなのに生きてる――。
ある日突然「不死者」になってしまった阿美健一郎(アミ)。
「不死者」になった理由も、これからどうすればいいかもわからず
途方にくれるアミが出会ったのは眼帯の美少女・カタリナと、
その妹でアミと同じく「不死者」のノラだった。
何故か3人での奇妙な共同生活が始まってしまったが!?

《収録話》
第1話~第9話

《感想》
冒頭で、殺されたはずのアミが何故か不死者になっていて…!?
という出来事から始まり、サイコっぽい展開になるのかなとワクワクして
読み進めてみたら、そこからはなんてことない普通のラブコメに。

不死者についても、アミ本人がそんなに問題にしていないみたいだったので
何か妙な違和感があり作品に入り込めなくなってしまいました。

その後、美少女2人と同居する事になるという展開は許容範囲だったのですが、
3人で秋葉原に繰り出し、周りのオタクに絡まれ、挙句の果てに
美少女の1人が強姦されそうになるとう展開には、ただただドン引き。

エログロとして中途半端だし、コメディにしては笑えない。
今後の展開で、もっと強烈なエログロがあれば楽しくなりそうだけど。

点数=4点(1巻を読んだだけでは良い要素が見つからなかった。オタク向け。)

ねくろまねすく 1 (1) (バーズコミックス)
玉置 勉強
4344811240
幻冬舎コミックス 2007-10-24
おすすめ平均 star
■彼はトモダチ 第1巻/吉岡李々子
《ストーリー》
運命はあると信じてた15歳の秋。
中3のヒヨリは隣のクラスの水野に片想い中。
そんなとき、席替えで隣になった佐々本が水野と
幼なじみだということを知り、協力を依頼。
だけど、友達だったはずの佐々本が次第に気になりはじめて……!?
ゼロから始まるスクール・ラブ連載、待望の第1巻!!

《収録話》
第1話~第4話

《感想》
この1巻は中学生編で、2巻からは高校生編が描かれるようです。

人間関係がややこしいので少し整理します。
ヒヨリ(女・明るい性格)→水野の事を好きだったが、いろいろあり佐々本を好きになる。
佐々本(男・メガネ)→ヒヨリの事が好きだが神原も特別な存在。一時はそれが原因でヒヨリと険悪に…。
水野(男・イケメン)→ずっと前から神原が好きで両思いだが、おあずけ状態。
神原(女・美人)→佐々本と水野とは幼なじみ。本命は水野だが佐々本も手放したくない。

と、ヒヨリ+佐々本、水野+神原、でカップリングは出来ているものの、
神原が、佐々本と神原を二人とも独占したいために、主人公の邪魔を
してくるので非常にウザイです。佐々本も、本命はヒヨリにも関わらず、
ヒヨリより神原を大切にしているのでムカムカするし!!><

主人公もちょっと意味が分からない行動があって、佐々本にヒドイ事を言われて
ショックでクラスメイトの前で泣いてしまったんですが、その後すぐに佐々本を
許してしまいました。この展開は予想外でしたよ。
私、読んでて主人公に同情してちょっと悔し涙を流したんですが、
その後の展開には、主人公に裏切られた気持ちでいっぱいでした(TロT)

とはいえ、四角関係ものはこれから面白くなったりもするので今後に期待しています。

点数=4点(心理描写ヘタで、キャラの行動が理解不能な時があるため感情移入出来ないのが欠点。)

彼はトモダチ 1 (1) (講談社コミックスフレンド B)
吉岡 李々子
4063415597
講談社 2008-01-11
■ナインストーリーズ 第1巻/トジツキハジメ
《ストーリー》
白金のエクソシスト、ギィジャルルクロオ。
自ら対悪魔の武器と同化したクロおは永遠の魂を手に入れた――。
子供の頃、武器となった「彼」を手にしたことにより、千架の中にクロオが入りこむ。
クロオが千架の体を使うときは、千架の意識は奥深く眠る。
そんなふたりの秘密に気づいた香澤は、クロオの最愛の錬金術師を思い出させ……!?

《収録話》
「ナインストーリーズ」第1話~第5話
「ゲーマーズハイ」読切
あとがき

《感想》
表題作はあまり褒められる部分がなかったです。

設定が複雑なのに、作中での説明がほとんどされておらず、
話が分かりにくかったのが一番の難点だったと思います。
登場人物が多く、場面がよく変わり、またキャラの心理描写が少ないため
人物の相関関係を理解するまえに読み終わってしまいました。
ただ、絵は見やすいし上手くて良かったと思います。

読切「ゲーマーズハイ」は、明るいBLもの。笑えたし面白かったです。
ノンケの男がホモになったのがウケた。

点数=4点(表題作は2点。読切は6点。)

ナインストーリーズ 1 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)
トジツキ ハジメ
4344811259
幻冬舎コミックス 2007-10-24
おすすめ平均 star
■恋空-切ナイ恋物語- 第3巻/原作:美嘉、作画:羽田伊吹
《ストーリー》
大きな悲しみを乗り越え、さらに愛を深めあった美嘉とヒロ。
ところが、突然のヒロの変化に美嘉は驚きととまどいを隠せない。
傷つきながらもヒロを受け入れようとする美嘉だけど…!?

《収録話》
「恋空#7」
「恋空#8」
「恋空#9」
「美嘉×羽田伊吹 恋空対談」

《感想》
3巻は美嘉の身にいろいろな事が起こりましたね。
内容を簡単にまとめるとこんなかんじです。

美嘉流産

美嘉とヒロはさらに絆を深める

美嘉が他の男にキスされた事をヒロが知り、喧嘩になるが仲直り。

ヒロ、シンナーを吸う

それでも別れたくない美嘉

ヒロが、非常に優柔不断で怒りやすいキャラになってきたので、
だんだん美嘉に感情移入出来なくなってきたなぁと思ったり。
シンナーを吸うヒロに対して、まだ別れたくないというのは
私は共感出来ないんですよね。
私だったら恋人がそんな事をしていたら、百年の恋も一気に醒めてしまうと思う。

映画も絶好調の恋空ですが、4巻ではどういう展開が待ち受けているのか!?

過去の感想はこちら

点数=4点(だんだん現実離れしたストーリーになってきました)

恋空~切ナイ恋物語 3 (3) (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
美嘉 羽田 伊吹
4575333468
双葉社 2007-11-21
おすすめ平均 star
■ショートソング 第1巻/原作:枡野浩一、漫画:小手川ゆあ
《ストーリー》
ハーフの美男子なのに内気なチェリーボーイの克夫は、
憧れの舞子先輩と初デート。だが連れて行かれた先は
短歌の会で…。カフェの街・吉祥寺を五・七・五・七・七の
リズムで駆け抜ける、ラブポップ青春短歌ストーリー。

《収録話》
song#1「舞子先輩が好きだ…」
song#2「会いたいよ舞子先輩…」
song#3「瞳さんの胸が…」
song#4「瞳を閉じて…」
song#5「瞳さんと伊賀さんが…」
song#6「伊賀さんのHな…」
song#7「瞳さんと公園で…」
song#8「さよなら瞳…」

《感想》
小手川ゆあさんの漫画って私には合わないみたいで
昔から好きになれないんですが今回も好きになれそうにない
というのが素直な感想です。

ショートソング=短歌って事で、作中には登場人物たちの
心情をあらわす短歌が随所に登場します。
今時の若者の生活に短歌を合わせるっていう発想は面白いと思っていて、
短歌に興味がない若者にも興味を持ってもらえますし
その部分は良かったと思います。

ただ私には登場人物が好きになれなかったです。
特に嫌いなのが伊賀さん。
作中では、モテキャラで主人公のライバルであり尊敬する相手でもあるのですが、
女に執着しているかんじが気持ち悪くて生理的に駄目でした。
男相手に顔を赤くしているところも気持ち悪い><

主人公のキャラも現実味がなくて好きになれなくて…。
ハーフで美男子なのに童貞って……ありえない!
普通に考えたら伊賀さんより主人公の方が絶対モテますよ。
ださくても。ハーフで美男子ですもん。

そんなかんじで、肝心の主人公とそのライバルを全然好きになれなかったので
漫画自体もそんなに良いとは思えなかったです。

青春+短歌の発想は良いと思うんですが、もう少しなんとかならなかったのかな。

点数=4点(登場人物が受け付けませんでした。)

ショートソング 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)
枡野 浩一 小手川 ゆあ
4088596617
集英社 2007-09-04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。