「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ONE PIECE 第49巻/尾田栄一郎
《ストーリー》
夜明けが迫り、影奪回のリミットが近づく。
そんな中、モリアはオーズの腹に収まり、益々手に負えない状態に!
だが、劣勢の一味の前に変身したルフィが現れ!?

《収録話》
第471話「MY FRIEND」
第472話「ダウン」
第473話「王下七武海バオーソロミュー・くま現る」
第474話「やるしかねェ!!!」
第475話「森の海賊団」
第476話「ナイトメア・ルフィ」
第477話「3/8」
第478話「ルフィVSルフィ」
第479話「希望の戦士」
第480話「迎撃」
第481話「影の集合地」

《感想》
今回は戦闘がメイン。
敵に対して、ルフィ達だけではなく島の人達まで巻き込んで
盛大な?スケールで描かれています!!
目的が一緒の人達と仲間として一丸となって戦う姿は素晴らしい。
ワンピはこういうところが良いんですよね。

しかしモリアはシブトイ…。まだ勝てる気がしないです。
どうやって逆転するのか非常に楽しみです。

第48巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=10点(仲間の大切さなど描かれていて良い漫画です。)

ONE PIECE 巻49 (49) (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088744853
集英社 2008-03-04
おすすめ平均 star
スポンサーサイト
■HUNTER×HUNTER 第25巻/冨樫義博
《ストーリー》
ついに宮殿内に突入!!中央大階段の脇から飛び出したゴン達!!
そして空からやってくる会長。一方ユピーは、ゴン達が予期しなかった階段にいた。
対峙するゴン達一行。壮絶な死闘の幕が上がる中、王は…。

《収録話》
No.261/突入1
No.262/突入2
No.263/突入3
No.264/突入4
No.265/突入5
No.266/『万が一』
No.267/発動
No.268/王。
No.269/逆境○
No.270/貸し

《感想》
あらためて冨樫さんはコマ割のセンスが良いと思いました。
場面によってコマ割が結構変わるので面白いですね。
大ゴマの使い方やセリフの配置など上手いです。
ページをめくる楽しさがあります。

ストーリーの面でも緊張感のある展開でぐ~~っと読者を引き寄せてから
ぱっと違う話描いたりして展開に飽きなくて良いです。

表紙に描かれている少女が重要なポイントになっていて
王の立場もきちんと描かれておりなかなか面白かったです。

それと、作者描きおろしのページが多くて嬉しかった(*´ω`*)

第24巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=10点(どのキャラも素敵です。)

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
4088745353
集英社 2008-03-04
おすすめ平均 star
■ONE PIECE 第48巻/尾田栄一郎
《ストーリー》
モリアから夜明け前までに影を奪回する為、スリラーバークへ再突入したルフィ一味。
だが四怪人&ゾンビ軍団&ルフィの影が入った魔人オーズが行く手を遮る!!

《収録話》
第460話「夜明け前に取り返せ!!」
第461話「ゴーストバスター」
第462話「オーズの冒険」
第463話「海賊サンジvs怪人アブサロム」
第464話「サンジの夢」
第465話「海賊ウソップvs怪人ペローナ」
第466話「決着」
第467話「海賊ゾロvs侍・リューマ」
第468話「海賊チョッパーvs怪人ホグバック」
第469話「出て来い麦わらの一味!!!」
第470話「オーズvs麦わらの一味」

《感想》
今回はほとんどが戦闘シーンでしたが、
それぞれの戦いが1話で完結しているので非常に分かりやすかった。

尾田栄一郎さんは戦闘シーンも上手くまとめられるようになったみたいですね。
いやはや凄いです。さすがです。それぞれ演出も違ってて全部良かったです。

その中でも特にゾロの戦いが良かったですね。演出がかっこよくて。
ゾロが負けたのかと思ってハラハラしてしまいました。

チョッパーの戦いもなかなかでした。緊張感のある戦闘シーンの間に
シンドリーちゃんのホロリと涙を誘う演出があってぐっときました。

第470話もルフィ達みんなで戦っているという雰囲気がビシビシ伝わってきました。

それにしてもオーズは強すぎる…どうやって倒すんだろう…。

第47巻の感想を書いた記事はこちら
単行本の試し読みはこちら

点数=10点(戦闘シーン満載で面白かったです。)

ONE PIECE (巻48) (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
408874442X
集英社 2007-12-04
おすすめ平均 star
■ONE PIECE 第47巻/尾田栄一郎
《ストーリー》
影を取られたブルック、ゾンビに襲われるナミ達、仲間が次々と消えるルフィ達。
不思議な事ばかりが起こるスリラーバーク…!!
その全貌が徐々に明らかになり!?

《収録話》
第450話「将軍ゾンビnight」
第451話「ペローナの不思議の庭」
第452話「風のジゴロウ」
第453話「くもり時々ホネ」
第454話「ハナウタ」
第455話「王下七武海ゲッコー・モリア」
第456話「氷の国から来た魔人」
第457話「肉~~!!!」
第458話「アフロだけは」
第459話「死んでごめんじゃないでしょうに」

《感想》
徐々に明らかになってくるスリラーバークの全貌!

今回は敵キャラが続々と登場しました。
ツギハギだらけのゾンビ達に、王下七武海まで登場して
なんだか今回もルフィ達は苦戦しそうなかんじがします。

とはいえ、まだ戦闘シーンはなくいつもの明るい雰囲気でお話は展開します。
新たな能力者たちに戸惑うルフィ達、ゾンビの謎とは?魔人とは?
気になる要素が満載で読み出したらとまりません。
ギャグあり、名ゼリフあり、飽きさせない展開で素晴らしいです。

ブルックの過去…昔の約束にはびっくりしました。
まさかあの話と繋がるとは…。

あと、コマの隅々まで細かく描きこまれていてコストパフォーマンス最高ですね。

単行本の試し読みはこちら

点数=10点(名作だなー。アフロに痺れました。)

ONE PIECE 巻47 (47) (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
408874411X
集英社 2007-09-04
おすすめ平均 star
■岳 第6巻/石塚真一
《ストーリー》
山が持つ厳しい顔と美しい顔。
山の魅力に惹かれた人間たちのドラマ。
島崎三歩、山岳救助ボランティア。
世界中の山を登り、山の素晴らしさと事故の悲劇をよく知る男。
三歩のいる日本アルプスには今日も山の魅力に惹かれて、
たくさんの人間たちが訪れる。
三歩は彼らの山への思いと彼らの命を全力で受け止める。

《収録話》
第0歩「日本一の山」
第1歩「半分成人式」
第2歩「旅立ち」
第3歩「運勢」
第4歩「信念」
第5歩「僕にとっての山」
第6歩「ルート(前編)」
第7歩「ルート(後編)」
第8歩「山男」

《感想》
読んでて何回か泣きそうになりました。
良い話ばかりで感動します。

作者の石塚真一さんが、実際に世界中の山を上っているためリアリティがあります。

各話の間に、作者が体験した山での思い出を簡単に描いてあるんですが、
その内容が結構凄いものが多いので驚かされます。

たとえば…。

「カリフォルニア州北部にあるシェスタ山。
雪面をかけ降り、滑り、そしてピッケルで停止するという練習をくりかえした山。
雪深い尾根をラッセルしながら頂上を目指しました。」

など、ハイキングとはスケールが違くてビックリです。

「岳」は、この作者にしか描けない素晴らしい漫画です。
老若男女問わずいろんな人に読んで欲しいです。

第5巻の感想を書いた記事はこちら
第1巻の中はこちら

点数=10点(山の魅力に惹かれた人間たちのドラマ。名作)

岳 6 (6) (ビッグコミックス)
石塚 真一
409181719X
小学館 2008-01-30
おすすめ平均 star
■岳 第5巻/石塚真一
《ストーリー》(単行本より引用)
美しさと危険が共存する「山」という世界。
山の素晴らしさと厳しさを知り抜いた男・島崎三歩。
三歩が山岳救助ボランティアを務める日本アルプスにやってくる人たち。
彼らもまた、三歩を通して山の魅力に魅せられていく。

《収録話》
第0歩「三歩の山」
第1歩「あの一杯」
第2歩「朋友 1」
第3歩「朋友 2」
第4歩「朋友 3」
第5歩「夢にみた山」
第6歩「救助士(前編)」
第7歩「救助士(後編)」
第8歩「背中」

《感想》
遭難者を救助した時に、三歩が言う「生きててくれてありがとう」
って言葉に毎回ジーンとしてしまう。
遭難して亡くなった人を何人も見てきた三歩が言うからこそ重みがありますね。

どの話も面白かったのですが、「あの一杯」が特にお気に入りになりました。
あの時おじさんが飲んだコーヒーは今まで飲んだコーヒーの中で
一番おいしかったでしょう!

また、「救助士(後編)」では三歩の顔に傷が出来た時の話が描かれていましたが、
助ける方も命懸けでやっているんだなと改めて思い知らされました。

いつも明るい三歩ですが、いろんな人の死を見て成長したからなんですよね。
クミちゃんはまだ新米救助士だから死を割り切れないところがありますが、
三歩から学びながら少しずつ成長してて応援したくなります。

各話の間に描かれている作者の山の思い出話が結構好きです。

ここで第1巻の冒頭8ページが試し読みできます。

点数=10点(老若男女問わず全ての人にオススメしたい作品)

岳 5 (5) (ビッグコミックス)
石塚 真一
4091814700
小学館 2007-09-28
おすすめ平均 star
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。