「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2006/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと古いネタですが、いろいろなブログで紹介されてたこの作品を読んでみました。
原作:原田重光さん、作画:荻尾ノブトさんの「ユリア100式」第1巻です。

【ストーリー概要】
“オトコのロマンの結晶”汎用人型ダッチワイフ・ユリア100式がいま動き出す!
ユリア100式は最初に挿入されたペ○スの形状をインプリンティングし、
その男性の一生の性の奴隷となるのだ!!
ユリアは、好きになった男性のペ○スを挿入しようと頑張るが、
その男性には遠距離恋愛中の彼女がいて、頑なにユリアの誘惑を拒み続ける。
予想をはるかに上回る言動と、ナイスすぎる技の数々……。
その活躍っぷりは、人類にナニをもたらすのだろうか!?

オトコじゃないので、オトコの気持ちは分からないのですが、

これがオトコのロマンなんですかぁあああ!!!??

なんかとりあえず下品なギャグが多いんですけど、
ユリアの性格が明るいバカってかんじなんで笑って読めました。
真剣にエロの事ばっかり考えているユリアが面白いです。

2巻も出てるみたいだから、2巻も今度買ってみようと思います。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ユリア100式 1 (1)
萩尾 ノブト 原田 重光

4592144015
白泉社 2006-08-29
おすすめ平均 star
スポンサーサイト
すえのぶけいこさんの「ライフ 第14巻」です。

ライフはいじめ問題を描いた漫画です。

今までのストーリーを簡単にまとめると、
主人公・歩(あゆむ)はリストカット癖のある少女。
クラスメイトの愛海(まなみ)にイジメの標的にされるが、
未来(みき)との友情に勇気づけられて立ち向かう。
いじめも最初はみんな見てみぬふりだったが、味方に
なってくれる先生が現れたりし、良い方向に向かうかと思われた。
しかし、愛海の父親(会社社長で県の実力者)の圧力から、
味方になってくれた先生が転勤させられてしまう。
何事もなかったかのように日常に戻ろうとする学校の態度に強い憤りを感じた歩は、
未来の姿を求め学校を飛び出すが、未来はどこにも見つからず……。
というかんじです。

第14巻では、前半部分は学校の外での話しになっていて、
歩と未来が愛海の父親をこらしめたり、未来の過去話が描かれています。
後半部分は、学校の話に戻ります。中間テストをしている時に、
悪い先生(愛海の味方)が、未来がカンニングをしたと罠にはめます。
しかし、「未来はカンニングなんかしない」「先生もいじめの加害者だ」
と、クラス中がそういう雰囲気になり、ついに立場逆転。

やっとここまできましたね。長かったです。
本格的に終わりに向けて動き出しているといったかんじ。

愛海は、今まで恐怖で仲間を支配していましたが、
すでに孤立しているうえに、いじめの主犯だと
クラスの人には、ばれてしまっていますね。
もう誰も信用してくれる人はいなさそう。
愛海の味方の先生も、もう終わりでしょう。。。

歩がここまでこれたのは、未来という友達がいたから!!
友情って良いものですねー。
いじめに対して一番有効なのは、信じてくれる友達なのだと、
教えている気がします。

今後、どうなっていくのか、また二転三転するのか楽しみです。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ライフ 14 (14)
すえのぶ けいこ

4063415058
講談社 2007-01-12
おすすめ平均 star
間瀬元朗(ませもとろう)さんの「イキガミ」第3巻です。

【収録話】
Episode5「命の暴走」
Episode6「最愛の嘘」

イキガミを知らない方のために簡単に説明しますねー。

【ストーリー設定】
「もし、あと一日しか生きられないとしたら」
それを国民に考えさせることで「生命の価値」を再認識させる法律「国家繁栄維持法」
全国民が小学校入学時にうける「国繁予防接種」…その注射器に混入した
ナノカプセルにより、1000人に1人の若者が18歳から24歳までの
あらかじめ設定された日時に命を奪われる。
だが、その若者が自分の運命を知らされるのは、死のわずか24時間前。
24時間前に「死亡予告証」通称「逝紙(イキガミ)」を渡されるのである。
そして、「逝紙(イキガミ)」を配るのが主人公の「藤本」の仕事。

あらかじめ設定された日時に命を奪われるっていう薬に無理をかんじますが、
そこは目を瞑って読んで欲しいです。

■さて、第3巻の本編の話ですが……
「命の暴走」は、区議会議員選挙に立候補した母親をもつ少年の話。
この母親が最低な人間で子供を道具としてしか扱ってこなかった。
しかも、イキガミを受け取った息子を選挙に利用しようとする始末。
ついにキレた少年は、母親を殺そうとしますが、寸前で警察に撃たれ、
そのまま何も語らず死んでいきます。

この母親は本当最低ですね。それを今まで見てみぬふりしていた父親も同罪です。
同情出来るところが一つもないのでフォローのしようがないです。
「国繁法」がなくても、いづれはこうなってしまったような気さえします。
しかし、残された24時間を、母親を殺すために
使おうとするなんて悲しい親子関係ですよね。

■「最愛の嘘」は、幼い頃に事故で両親を亡くし、
さらに、その時の事故で失明してしまった妹をもつ兄の話です。
施設で暮らす最愛の妹を引き取るために、詐欺で金を騙し取り、
身分を偽装し、嘘まみれの人間になり下がった兄。
(その事はもちろん妹に秘密。)
やっと妹を引き取る準備が整った頃、イキガミを受け取ります。
兄は、自分が死んだ後、自分の角膜を妹に移植させる事を決意するのですが、
イキガミを受け取った事を妹に知られてしまい、それを知った妹は大激怒。
角膜手術なんかうけないと言い出しますが、「嘘」をつく事で無事手術は行われます。

病院で兄がみんなにお辞儀をしているところで、うるっときた!!
兄は、最後まで妹の事しか考えてなくて、まっすぐな人間でしたね。
それだけに兄が詐欺などをしていたのが非常に残念です。
兄の性格設定が、もっとまっとうな人間だったら、
(一生懸命勉強をして社会に出て、妹を養えるようになった矢先に…みたいな)
より良い話になったような気がします。

以上、イキガミでしたー。
気になった方は読んでみて下さいね。
―――――――――――――――――――――――――――――――
イキガミ 3 (3)
間瀬 元朗

409151149X
小学館 2006-12-28
とうとうこれで完結。オタクの日常を描いた作品
木尾士目(きおしもく)さん「げんしけん」第9巻です。

【収録内容】
第50話「スージーといっしょ」
第51話「ボンノーはとめどなく」
第52話「Rain or Shine」
第53話「告白」
第54話「いつでも夢を」
第55話「げんしけん」
巻末特別描き下ろし「恋と妄想の追い出しコンパ」

この作品、どうやって終わるのだろうと思っていましたが、
まさか最後は斑目と咲の話で終わるとは…。
連載始まった時は、こういう終わり方するなんて想像もつきませんでしたよ。

本当の主人公は斑目だったのかなぁ…
うむ。よくよく考えれば、「げんしけん」読者が
一番共感出来るのは斑目なのかも。

9巻の内容ですが、初詣、卒業と、
オタク学生の日常生活を淡々と描いているんだけど、
その中でも、斑目と咲が二人っきりで部室で話しているシーンが良かった。
斑目の気持ちとかすごいリアルでしたね。
「あるある!」てかんじで読んでて面白かった。
あと、斑目が告白しようとしてた時、絶対咲さん気づいてたよ!(告白されるって)
あの空気感はもう間違いなく。。。

そして話変わって、げんしけん第9巻は通常版(コミックスだけ)と
特装版(ドラマCDと同人誌とコミックス)が発売されました!!
自分は、特装版の存在を知らなかったので見事に買えませんでしたw
でも同人誌は知人に売って貰ってなんとかゲット。
こちらの同人誌もなかなか豪華で面白かったのです。

以上、げんしけんのレビューを終わります。
木尾士目先生お疲れ様でした。
―――――――――――――――――――――――――――――――
げんしけん 9 (9)
木尾 士目

4063211835
講談社 2006-12-22
おすすめ平均 star
発売してから1ヶ月近く経ってしまいましたが、
この作品のレビューはやっとおかないと。って事で、
今回は、尾田栄一郎さん「ONE PIECE」第44巻です。

【ストーリー概要】
ロビンと合流し、脱出経路を模索する麦わら一味。
だが、「バスターコール」の影響で絶体絶命に!
そしてルフィVSルッチの死闘の行方は!?緊迫のCP9編決着!!

ついにエニエス・ロビーの戦いが終わりました。
全体的に戦闘シーンばっかりで少年漫画っぽかったですね。
ルフィVSルッチの戦いは、ルフィのとっておき
「ギア2」と「ギア3」出しまくりで辛勝でしたね。

■ギア2とギア3の仕組みが判明したので書いておきます。
・ギア2
足をポンプにして血の流れを加速させている。ドーピングのようなもの。
心臓がはり裂ける程の血圧にも、全てが“ゴム”ならば耐えられる。
ゴム人間ならではの技。   
・ギア3
骨に空気をいれて、体の一部を巨大に膨らませる技。
腕を膨らませて「巨人族の腕」。胴体を膨らませて「骨風船」等応用出来る。

そして、エニエス・ロビー編の肝心のラストですが、
「ゴーイングメリー号」が迎えにきてくれた時は、ウルッときた(TωT)
今読み直してもウルッときますね、これは(ノД`)
連載当初からワンピースを読んできたので、メリー号の話はいつも泣ける。

でも、その後、メリーが語り始めたのは微妙でした。
あそこで「ん?なんで?」と思って、涙が枯れてしまったので…
あのまま無言で散っていったら、号泣になったかも。

自分的には少し後味が悪いラストだったかな。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ONE PIECE 巻44 (44)
尾田 栄一郎

4088742877
集英社 2006-12-04
おすすめ平均 star
田中メカさん「セーラー服にお願い!」第4巻の感想です!
今回は、話の展開がとてもはやく、一気に最終回まで行ったってかんじですね!
打ち切りになっちゃったのかなぁ~。面白い作品だったのに残念。

【ストーリー概要】
シシと一緒にいられる方法を探すため、美里の神に会いに行く雛菊。
そこで、200年前の哀しい真実を知ることに――。
時代を超えた2人の恋の結末は!?

えぇ、まず第3巻までのあらすじを書きますと、
主人公・雛菊は、ひょんな事から、美里神社のご神体<鏡>を体内に取り込んでしまい、
狛犬のシシとコマに頼まれて「神さま代理」をやる事に。
少しずつシシに惹かれていく雛菊。そしてついにシシに告白をするが、
シシが「人間を愛さない」という約束で狛犬になり、約束を破ると身体が消滅してしまう事を知る!
雛菊はシシを救う方法を探そうとするが――??

以下、感想。
つ、つ、ついに美里神の登場です!!
そして、シシが狛犬になった過去も明らかになったり、九尾の狐も大活躍!
今までの秘密がつまった第4巻!!これで本当に最後。終わりです~~。(TωT)

いやしかし、息つくまもなく勢いよく最後まで読めました。
やっぱりこの人の漫画の描き方は上手だなぁと再認識。

三途の川の「もうやだ。おいてかれるのやだ。」ってシーンはウルッときた!

んで、今回やっと登場した美里神はかわいらしいキャラクターで好感もてたー。
メソメソ泣いてばっかりで神様っていうかんじじゃなくて良い。
あと九尾の狐がかっこよかったぁ!彼は何気に最強!だったのですねぇ

雛菊とシシは最後までラブラブいちゃいちゃしてて、
読んでる時、ちょっと恥ずかしくなりましたよ…。
彼女達には年齢差を乗り越えて幸せになって欲しいですvv

田中メカさん連載お疲れ様でした。
次回作も楽しみにしています(*´∇`*)ノシ
―――――――――――――――――――――――――――――――
セーラー服にお願い! 4 (4)
田中 メカ

4592182545
白泉社 2006-11-04
おすすめ平均 star
河原和音さんの最新刊「高校デビュー」の第7巻です!!
もう7巻目なんですね!早いですね~~。
今回もところどころに、笑えるところがありましたw

【ストーリー概要】
ヨウの前カノ騒動も解決し、平和な日々…かと思いきや、
麻美からヨウが風邪で寝込んでいると聞いた晴菜。
留守中の家族の代わり、ヨウの看病をと張り切るけれど、
ついついやり過ぎて!?

晴菜が看病なんて普通に出来るわけないと思ったけど、
本当にめちゃくちゃでしたね!!
でもヨウはいつも晴菜に優しくてかっこよくて良い男だ
最後、晴菜とヨウがチューするとこは、読んでるこっちが恥ずかしくなった。
ああいう演出は、ちょっと古臭いんじゃないかなぁ…と思いました。
なんか最近の河原和音さんは暴走気味なので少し心配です。

麻美の暴走の話は、普段みれない麻美の黒い部分
たくさん描かれていて面白かったですね~。
でも、たしかに優しすぎる彼氏は、麻美には似合っていないのかも。
ていうか、あんな彼氏だったら誰が彼女でも退屈しそうですね…。

そして、新1年生に新キャラがたくさん登場しました!!
おとなしめの美形君。派手なナンパ男。元気素直系男。
各種揃っておりますw
個人的には、おとなしめの美形君が気に入ったので、
これから彼の登場が増えると嬉しいなぁ~~~とか思ったり、
ってやっぱり3人ともヨウの恋のライバルになっちゃったりするのかなぁ。
あの晴菜がモテ始めたりするのでしょうかっ!?

今後の展開も楽しみ!!
高校デビューのレビューを終わります。ダジャレじゃないよ。
―――――――――――――――――――――――――――――――
高校デビュー 7 (7)
河原 和音

4088461185
集英社 2006-11-24
おすすめ平均 star
今回のレビューは、芦原妃名子さんの短編集「蝶々雲」です!

【収録作品】
蝶々雲
中学1ねんせい-恋未満-
中学2ねんせい-男嫌い-
中学3ねんせい-サクラチル。-

表題作の蝶々雲は、砂時計の元になっている話だそうで、
いろいろ内容がかぶっています。
というか、砂時計を分かりやすく短くまとめたかんじの作品です。

キャラクターの性格もストーリーも少女漫画の王道なので、
普段から漫画を読んでいる漫画オタクな人達には、
ちょっとつまらない内容かもしれません。

良くも悪くも、とっても少女漫画らしい少女漫画です。

私は、「砂時計」のようなドロドロしてハラハラする展開を
期待して読んでしまったので、ちょっと期待はずれでした。

漫画としての評価は、10点満点中4点か5点ぐらいだと思うんですが、
少女漫画としては良く出来てたから6点か7点ぐらいが妥当だと思った。

小学生・中学生ぐらいの女の子だったら、楽しめると思います!!
―――――――――――――――――――――――――――――――
蝶々雲
芦原 妃名子

4091307299
小学館 2006-11-24
小畑友紀さん「僕等がいた 第11巻」です!!

【ストーリー概要】
上京した矢野は七美との距離を感じながら、バイトに明け暮れていた。
ある日、母親の病気が判明し、治療費で苦しくなっていく家計に、
受験勉強どころではなくなってしまう。
心配させないために、七美には言わずに看病を続ける矢野。
そんな矢野に思いを寄せる千見寺が手を差し伸べるのだが…。

ついに転校した後の矢野の人生が明らかになりました。
もうなんといっていいのか…矢野はよく頑張ったと思いますけどね。
ただ、矢野のお母さんがちょっと弱すぎたね。

第12巻からは、おそらく変わってしまったであろう矢野が
再登場するみたいですけど、七美ちゃんと上手くいくと良いな…。。。
でも、竹内くんも今まで七実を支えてきたのだから、
彼も報われて欲しいと思う。

んー、、、
矢野も竹内くんも七美も皆幸せになって欲しい!!
そんなエンディング希望!!!って、無理だろうけど。

あと、漫画の描き方的に、すごく良いシーンがありました。
矢野と七美が電話で話している時の、矢野が七美に会いにいく妄想のところ。
あそこの描き方はめっちゃ上手かった!!!!!
セリフとコマ割りとイラストが本当良く出来てて、漫画にぐいぐい引き込まれていきました!!
素晴らしかったです。
―――――――――――――――――――――――――――――――
僕等がいた 11 (11)
小畑 友紀

4091307183
小学館 2006-11-24
おすすめ平均 star
南波あつこさん「スプラウト 第3巻」レビューです。

【ストーリー概要】
片岡さんに別れを切り出した実紅。
理由をきかれても答えられないのは、
自分でも、自分の気持ちがわからないから。
一方、深夜になっても帰宅しない実紅に
池ノ内家の面々は不安を募らせて…。

うわーん(´ロ`)
この漫画せつないよ~~。

好きになった人には、めっちゃくちゃかわいい
(しかも性格もかわいい)彼女がすでにいた!!!
って、もう主人公出る幕なしってかんじですやん(´ロ`)

これ絶対つらいですよーー。
諦めようと思っても、好きな人と同じ屋根の下で過ごさないとダメだし。。
好きな人と彼女のラブラブなとこ見たりするし。。

今後どういう展開になっていくのか全く分からないですね~。

個人的には、主人公&タッキーが付き合うのを望んでおきます!
―――――――――――――――――――――――――――――――
スプラウト 3 (3)
南波 あつこ

4063414949
講談社 2006-11-13
おすすめ平均 star
荒川弘さんの大人気漫画「鋼の錬金術師 15巻」のレビューです!

謎だったイシュヴァールでの戦争の話です!!
今回は主人公の出番は少なく、ロイ・マスタングを中心に描かれています。

ロイさんって、「本当にかなりの人間を殺していたのだなぁ」と
改めて実感しちょっと悲しくなりましたよ~。
彼に殺された人々が無駄にならないように、ロイさんには
絶対!ブラッドレイより偉くなってもらいたいものです。

がんばれー!ロイー!!

あと、印象に残ったのが、イシュヴァールの人々を助け続けた医者夫婦です。
国とか種族とか関係なく、人を救い続けたその信念が素敵!!

いろいろな人々の重い話が詰まったこの第15巻!!
戦争漫画としてもすごく面白かったです。おすすめ!
―――――――――――――――――――――――――――――――
鋼の錬金術師 15 (15)
荒川 弘

4757518129
スクウェア・エニックス 2006-11-22
おすすめ平均 star
今回のレビューは、佐藤マコトさんの新刊「サトラレneo」第2巻です!
面白かった!!!!!

この作品は連載当初からずっと応援していて、
映画版のDVDも所持しているほど大好きな作品。
そんな「サトラレ」の初レビューなので、気合いれて書きます(`・ω・´)
ネタバレ盛りだくさんなので、見たくない人は気をつけて!

【収録内容】
第6話「岩田の決断」
第7話「サトラレの力」
第8話「一つの生命体」
第9話「おばあちゃんの秘密」
第10話「美咲の気持ち」
第11話「二人のサトラレ」
裏サトラレneo

■まずは第6話の簡単なストーリーから。
核融合炉の事故によって、サトラレ・岩田治郎(総理大臣)
の息子である岩田忍は、意識不明の重症をおってしまう。
そして、事故後、核融合炉の事故現場を見た岩田治郎は、
サトラレがもたらす力の大きさに恐れ、サトラレを人間の
社会から隔離するべきだと決意する。
一方、サトラレ・浩は、核融合炉の完成によって得られる利益を
利用して地下都市を建設し、サトラレと人間の共存する世界を望む。

↓感想
岩田治郎さん!!!!あんたもサトラレだろううがああ!!
というのが読んだ感想w
サトラレ本人が、サトラレと人間の隔離を望むとは皮肉なものですね。
岩田治郎さんは自分がサトラレだと知らないから、しょうがないのかも
しれないけど、、、、岩田さんは総理大臣だから(サトラレと人間の隔離)が
実現可能な立場にいて、サトラレ故にその影響力は絶大です。
第7話以降では、世論も岩田さんの思う方向に導かれていき、これから
どうなっていくのか大変楽しみです。
個人的には、サトラレと人間が社会的に隔離している世界も面白そうだし
良いんじゃないかなと思いました☆

■第7話、第8話は簡単にストーリーをまとめると↓
世論は、サトラレと人間の社会的な隔離を望む方向へと傾いていく。
それを受けて、サトラレの白木・浩・光の3人は、今後のサトラレ側の
考えをまとめるため、光が住んでいる島に集まる事にした。
一方で、核融合炉開発を闇に葬ろうとする謎の組織が、サトラレ3人の暗殺を遂行する。
しかし、白木・浩・光たちの見事な連携プレーにより暗殺は失敗に終わる。
その連携プレーは、まるで3人の意識が1つになり12本の手足を操る
一つの生命体
のようであった!
また、サトラレ・片桐りんは、通常植物の50倍以上のCO2吸収と20倍以上の
でんぷん合成をする植物を完成させた。

↓感想
興奮の第7話・第8話でしたね!!
サトラレの、人間には到底不可能な行動には、毎回ゾクゾクしてしまいます。
サトラレ達が集まった時の怪物みたいな動きは、今後のサトラレ達の未来に
どう影響していくのか大変気になります!!!ますます目が離せません!!
あと、片桐りんちゃんの発明は凄すぎる!!w
そんな反則な植物あって良いのだろうか…w

さて、次は第9話・第10話・第11話ですが、読みきり形式になっていて
本編にはあまり絡んでいない話なので、紹介は簡単にいきたいと思います。

■第9話は、片桐りんの父親とその父親の母(片桐りんの祖母)との話。
このエピソードによって、片桐りんの父親はサトラレと人間は地続きだと実感する。
↓感想
数センチしか思念が届かないサトラレがいたって事は、まだ気づいていないだけで、
他にもこういうサトラレ達がいそうですね。

■第10話は、サトラレ・浩の恋人である川原美咲の話。
川原美咲は、嘘のつけないサトラレとつかなくていい嘘をついてしまう人間との間には、どうしても埋まらない違いがあると思う。
↓感想
第9話とは、対称的なストーリーでしたね。
たしかに「嘘」というものに限って言えば、サトラレと人間は絶対分かり合えないでしょうねぇ~。

■第11話は、双子のサトラレの話!
双子のサトラレが出会わないように、委員会の人達があの手この手で頑張ってます。
↓感想
この話はすごい自分好みで面白かった~~!!
サトラレ同士が出会いそうになるところでは、ドキドキしながら読めました。
オチもきれいにまとまってて良かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――
サトラレneo 2 (2)
佐藤 マコト

4063521729
講談社 2006-11-22
おすすめ平均 star
井上雄彦(いのうえたけひこ)さんの漫画「リアル」第6巻を読みました!
今回もなかなか良い話でした!!

高橋は嫌な奴!!嫌な奴だと思ってたけど、
過去にあんな事があったなんて…(´;ω;`)ブワッ
最後の数ページはウルウルときてしまいました。

高橋が嫌な奴になってしまったのも、過去の両親の離婚
傷になってしまったからだったんでしょうねぇ。憎らしいけど憎めない奴め!
子供だった時、父親ともっと話したかった…けど、話せなかった…
て、たしかに小学生の頃って両親の存在は大きいですからね。
ずっと言いたかった事を、やっと父に言えて、
彼の人生はこれから大きく変わっていきそうです。今後の展開が楽しみです。
あと、お父さんのキャラがいい味出してました。
子育てには向いていなかったのかなとは思いましたけども、
不器用だけど、優しくて、高橋が好きになるのも分かります。
家族3人力を合わせて、乗り越えていって欲しいです!!

そして、運送業で働いている野宮君は好きだな。
彼が言っていた
「今いる場所がつまんねぇ職場だろうと俺の道であることに変わりはねえ
俺のゴールにどうやってつながるかは知らねえがいつかつながることだけは確かだ」

って言葉はずぅぅ~~~んと胸に響いた。
無駄な事なんかひとつもないんだなと思った。
自分も今を精一杯生きるのだ~~~。

てわけで?、リアルのレビュー終わります。
次巻の発売予定は2007年秋!!!
―――――――――――――――――――――――――――――――
リアル 6 (6)
井上 雄彦

4088771737
集英社 2006-11-17
おすすめ平均 star
えすのサカエさん「未来日記」第2巻です!

【ストーリー概要】
天野雪輝は、日記が趣味の中学生。
彼は知らぬ間に「未来の出来事が書かれた日記」を巡る
殺人ゲームに巻き込まれてしまう。
ストーカー少女・由乃と同盟を組み、他の日記所有者の攻撃に備える雪輝。
だが、そんな彼の前に新たな所有者・春日野椿が。
彼女は由乃に「雪輝君を私にください」と迫るが…。
三人の奇妙な三角関係の行方は!?
緊迫のデスゲーム第2巻!

第2巻は、第1巻と同じくストーリー展開のスピード感はすごく良かった!!
けど、その反面、キャラクターの行動についての動機がなんか適当で
ストーリーがな印象を受けました。

第2巻の最初の方に、由乃と雪輝のデートシーンがあったけど、
急にラブラブの恋人っぽくなってて、なんで!?てかんじだし、
かと思えば、第2巻の後半の方では、雪輝が由乃を裏切るような事をするし、
由乃は雪輝のためなら大量殺人しまくりだしで、
もうちょっとついていけなくなっている私…。

由乃の大量殺人は第1巻からあったけど、
第2巻で明らかになった、由乃が雪輝を助ける理由が、
「そんな事でっ!?」てかんじなんだもん。
まだ明かされていない他の理由もありそうなニュアンスで描かれてたけど、
その理由もたいした事なさそうな気がする…。なんとなく。

あと、個人的には主人公の雪輝が気に入らない~。
「誰が由乃なんか信じるか!」と言っておきながら、
由乃がいないと何も出来ないところがイライラ。
エ●ァンゲ●オンの某主人公級のダメ野郎ですね。

でもそんな第2巻ですが、個人的にすごく良いところもありました!!
12th「平坂黄泉」の登場。
登場してすぐにDEAD ENDになってしまった彼ですが、
「12thレッド!」「12thイエロー!」「12thブルー!」「12thピンク」「12thグリーン!」
「五人揃ッテ! “ゴ12th”ッ!!!」は笑ったw
さりげなく12thイエローが爆煙のスイッチ押してるとことか好き。
彼にはもうちょっと長生きして欲しかったけど、
まぁあのキャラの濃さだからしょうがないのかな。

さて、各所で話題?の「未来日記」ですが、
今後の展開に不安を覚えつつ今回のレビューは終わりデス。

第1巻のレビューはこちらをクリック
―――――――――――――――――――――――――――――――
未来日記 (2)
えすの サカエ

404713872X
角川書店 2006-10-24
おすすめ平均 star
鈴木ジュリエッタさんのコミックス「カラクリオデット」第2巻のレビューです。

【ストーリー概要】
人間の高校に通うアンドロイドのオデット。
進級して2年生になったけど、人間に近づく為には、
まだまだ知らない事がいっぱい。
そんなオデットは、恋をして“キラキラ”に見える洋子みたいになりたくて…!?

個人的には、すご~~~~~~~く残念な事になった第2巻。

もうもうもう、、、、!!
第1巻のようなホラー路線はどこへやら…てかんじです。
いや、私が勝手にホラー漫画にして盛り上がってただけなんですけど。。
すっかり普通の少女漫画になってしまいました、第2巻。がっくり(しつこい)
個人的にはもう少し大人向けなダークな話にして欲しかったな。
連載誌が「MELODY」だったらそういう路線になったのかなぁ~。ん~、惜しかったな。
クリスの再登場とか萎え萎え萎えまくりでした。

でも、少女漫画だと思って読むと普通に面白いです。よく出来てます。
クリスを再登場させた事も、少女漫画的には成功していたかと。
彼がいるからこそ、オデットの成長過程がよく分かるし、
同時に彼の成長も見れるから、読者としては楽しみが増えますね。
なによりクリスはファンが多そうだし。

朝生とオデットの関係の変化と、ホラー路線復帰に淡い期待を持ちつつ
次巻楽しみにしてます!!

第1巻のレビューはこちらをクリック
―――――――――――――――――――――――――――――――
カラクリオデット 2 (2)
鈴木 ジュリエッタ

4592181174
白泉社 2006-10-19
おすすめ平均 star
今回のレビュー作品は、山本直樹さんの過激な漫画「BLUE」です。

短編集です。下記の漫画が収録されています。
■BLUE
■ヒポクリストマトリーファズ
■なんだってんだ7days【家庭の事情の巻】
■197X
■激しい王様
■希望の友
■ずびずば

1作品ずつ感想書きます~。
まず、表題作のBLUE!!
「協調性C」の主人公が、屋上で、クスリを飲んでクラスの女の子とやりまくる話。
相変わらず山本直樹さんが描く女の子はたんたんとエッチな事しますね!
でも、なんかこう女の子の影のあるかんじが、なんとも上手く描かれていて
作品に引き込まれていきます。山本直樹流とでも言いますか。上手いです。
ラストは大人になった主人公の話なんだけど、
最初に登場してた女の子が姿も見せないとことか、そういう演出もまた良い。

次は、「ヒポクリストマトリーファズ」!!
援交のお話。この話もエッチなシーンがいっぱいあります。
さびれたサラリーマンが街で出会った素朴そうな女の子を
10円で買うところから話は始まるのですが、
ちょっとホラーなシーンもあったりして、
ラストはちょっぴりせつないかんじ。

「なんだってんだ7days」
これも若い大学生の男女が、やってやってやりまくる話。
二人は友達関係だったんだけど、酔った勢いでエッチしてから、
だらだらと約1週間やりまくります!!!
ラストで、男の子は女の子に告白しなくちゃ!!って思うのですが、
タイミングが悪くて出来なくて、、そのまま男の子は死んじゃったのかな?たぶん。

さて、お次は「197X」
これは映画館でエッチな事してます~~~。
エッチといっても映画館の中で出来る範囲ですけど。
本番は家でじっくりと…。

「激しい王様」
これは「BLUE」の次に好きな作品ですね。
珍しい設定だったから、記憶にすごく残りました。
王様は中学生だから中学校に通っているんだけど、
先生やら生徒やらいろんな女性達が王様の子供を
生むために積極的にエッチを誘ってくる。。というお話。すごい設定ですw
王様はいろんな女性達とエッチをするんだけど、そこには愛は全くないから、
もう女性不信になってしまっているわけで…
コメディっぽくて面白かった。

「希望の友」
怪しい宗教勧誘の女性と、男の子の話。
これに出てくる男の子の容姿が、
「激しい王様」の王様とそっくりなんだけど、設定は違うっぽい。
女性の方が一枚上手でしたね。

最後は「ずびずば」です。
16Pしかないすごく短い話!!
ホラーです。いや、ミステリーかな??
学校の廊下に倒れていたのに、気がつくと保健室にいて、
そこで不思議な治療をされて、便秘が治ったという話。
なんじゃそりゃってかんじですが、まぁ読んでみて下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――
BLUE
山本 直樹

4778320212
太田出版 2006-07-20
うさぎ漫画です!!かわいい!!面白い!!
こんな面白いうさぎ漫画初めて読みました!!

自分もうさぎを飼っているので、
本屋に行くとうさぎの面白い漫画を度々探していたのですが、
今回読んだ漫画が今までで一番面白かったです。

なんと言っても、ホーランドロップが主人公?で
描かれているのが嬉しかった。
ほとんどのうさぎ漫画はネザーランドが主人公だったりするので。
たれうさ飼いとしては嬉しい1冊です。
でも本の後半部分は、たちみみうさぎの話もあるので、
たちうさ飼いさんでも楽しめると思います!!

本の内容は、前半が
「ロップイヤー ミミィちゃんと七匹の仔ウサたちの育児日記」になっていて
後半は、「生まれた仔ウサ達のその後の話」が少しと
「たちウサ2匹のわがまま?甘えん坊漫画」です。

登場するうさぎ達がみんな個性的で面白いので、
うさぎを飼っていない人にもおすすめな1冊です!!
―――――――――――――――――――――――――――――――
たもちーの動物小国~ウサまみれ~
高群 保

4403670296
新書館 2006-10
鈴木ジュリエッタさんのコミックス「カラクリオデット 1」です!

【ストーリー概要】
天才科学者・吉沢博士に創られたアンドロイド・オデット。
自分の人間の違いが知りたくて高校に通い始めたオデットだけど、
学校の皆にはアンドロイドだということは内緒。
そんなオデットの学園生活とは…!?

こぉぉぉぉぉぉぉれは、面白い。久しぶりの大ヒット。
ほんと、まだ読んだ事のない人には読んで欲しい。
しかもなんと作者初のコミックスだというのだから、今後が末恐ろしいです。

ジャンルは少女漫画なんだけど、男の人でも楽しめる内容ですよ。
恋愛漫画ではないから。
あと、基本的に一話完結話になっていて、読みやすくて、
う~~ん、なんか各話のテーマがわりと重いです。
でも作者さんの描き方が上手だから、重苦しさは出てない。
とにかくすらすら読みやすいし、考えさせられます。そんな漫画。

巻末描き下ろしスペースには、4コマ漫画と
本編それぞれの話に対して作者さんがコメントされています。
読み応えあるので本誌でしか読んでない人もコミックスを買ってみるべし!!

以下、かなりネタバレなので気をつけて。

■第1話について
オデットが学校に入学し、守野洋子という体の弱い少女と知り合う話。
オデットと洋子が井戸に座って話しているシーンから、
その後どうなるかオチは分かったけど、とにかく話の作り方が上手。
よくまとまっているなぁ~と感心していたら、
巻末に、もともとは読みきりだった事が書いてあって納得しました。

■第2話について
クリスマスの日に爆弾を持った少年がやってきて
オデットと一緒に、博士の帰宅を待つ話。
少年は、オデットと同じアンドロイド。
だけど、二人が決定的に違ったのは、少年は殺人のために創られたって事。
少年がオデットと出会って、少しずつ変わるところが見所!かな?
じわじわくるホラーです。
これ一番好きな話かも!!
第2話にいきなりこんな暗い話をもってくるとことかすごく自分好み。
ニヤニヤしながら読んでしまいそう。
人生捨ててる危なげな少年の話って最高。

■第3話について
不良少年とオデットの話。
保健医のせいで、オデットがアンドロイドである事が少年にバレてしまう。
少年は性格悪いけど、根はいい奴ですねぇ。

■第4話について
アメリカからアーシアというアンドロイドが届いた!
アーシアはオデットと一緒に一週間だけ学校に体験入学します!
一見、表情が豊かでオデットよりも人間らしいアーシアだったのですが…
ラストは((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル!!!!!!!!!!

しかし、自分はアーシアこそアンドロイドらしいのかなっと思った。
オデットって人間らしすぎる気がする。
もし自分がアンドロイドと一緒に生活するなら、アーシアの方がいいな。

■第5話について
コンピューターウイルスに感染したオデット!
しかし、オデットがウイルスと共存する事を選択した時、ウイルスは自ら消滅する。
ちょっぴりせつないかんじのお話。
矛盾点とか疑問点は山のように残りましたが、
話自体なかなか良かったのではないかと思います。

■まとめ
あらためて各話のストーリーをまとめてみると、
日常の楽しい学園生活の話の合間合間に、
暗いホラー話がポンっと挟まれてるんですね。
もうこういう漫画大好き!!
第2巻も絶対買いますよ~~~!!
―――――――――――――――――――――――――――――――
カラクリオデット 1 (1)
鈴木 ジュリエッタ

4592181166
白泉社 2006-06-19
おすすめ平均 star
ドラマも好評放送中!!
二ノ宮知子さん「のだめカンタービレ 16」です。

【ストーリー概要】
常任指揮者としてマルレ・オケの大改革に挑む千秋。
しかし、ヤル気満々新団員と、ヤル気ナシ旧団員との実力の差は歴然!
暗雲たちこめるオケに千秋は光を呼びこめるのか?
のだめは順調に新学期を迎えるが、その陰にはライバルが!?

もう今一番の話題作といってもいいという漫画「のだめカンタービレ」です。

第16巻は、千秋メインの話が多いです。
自分は千秋好きなのでなかなか面白かった。

今後気になるのは、ターニャの恋の行方かな。

う~~ん…。。。。
のだめに関しては、特に思い入れもないのでレビュー終了!!ヾ(´ε`*)ゝ
―――――――――――――――――――――――――――――――
のだめカンタービレ #16 (16)
二ノ宮 知子

406340613X
講談社 2006-10-13
おすすめ平均 star
いくえみ綾さんの新刊「バイ・アンド・バイ」です。

【ストーリー概要】
ごく普通の女子高生が、ひょんなことから巻き込まれた事件。
あれよあれよという間に、予想もできない展開になって…。

いくえみ綾さんの漫画には珍しく恋愛要素が全くといっていいほどない漫画。
いつものノリで読もうとしたら、ことごとくはずされたかんじ。

でも、内容は面白かった。
人によって好みは分かれそうですが…。
ダメな人は全然ダメだと思う。

主人公は、いつもと逆方向の電車に乗ってみるんだけど、
辿り着いた先でこれでもかというほど、いろんな事件に巻き込まれます。
普通じゃ絶対ありえないような事件の数々。

抜粋して書くと、修羅場中のカップルに巻き込まれたり、
コンビニ強盗に巻き込まれたりとか…。
←反転したら読めます。

少女漫画には珍しく主人公の気持ちが描かれているシーンは少なめ。
とにかくいろんな事件が次々に起こります。

自分的に印象に残ったシーンは、偶然入った喫茶店で
あったかいココアを飲みホッとするシーンですね。
ほんの数コマだったけど、読んでる自分もホッと一息つけた気がして…。

そして、このコミックスには表題作の他に読みきりが2作収録されてます。

「おむかいのさちこちゃん」「友達の子供」です。

「おむかいのさちこちゃん」はたぶん男性向けかな。
エロいという意味の男性向けではなくて、ラブ要素がないから。
主人公も男だし、ヒロイン?はかわいくないし。
この漫画もすごく好みが分かれそう!!

自分はあまり好きにはなれなかったけど、
海のシーンは好き。青春!!てかんじです。

「友達の子供」は良かった!すごく良かった!!
家で留守番していた息子の元に、父親(半年前に死亡)の知り合いという
綺麗めな女の人が訪ねてくるんだけど、
どうも父とその女の人はワケありっぽい!!
大人の駆け引きがこわああぁぁぁぁい。
息子達とその女のやり取りが自分好みで良かった!
―――――――――――――――――――――――――――――――
バイ・アンド・バイ
いくえみ 綾

バイ・アンド・バイ
集英社 2006-10-25
えすのサカエさんのコミックス「未来日記 1」です。

【ストーリー概要】
天野雪輝は、日記が趣味の中学生。
ある朝彼は、未来の自分の日記が携帯に打ち込まれているのを見つける。
だが読み進めた彼が目にしたのは自らの「死」の記述。
彼は知らぬ間に、未来日記を巡るサバイバルゲームに巻き込まれていたのだ…。
敵か味方か、雪輝を狙うストーカー少女・由乃を交え、
未来予知能力者12人による殺人ゲーム勃発!

普段は、こういうアニメ向きな漫画って買ったりしないんですけど、
本屋で見かけて、帯に惹かれて買いました。

帯に「12人の未来予知能力者による殺人ゲーム!
生き残ろるのは果たして誰だ!?」

って書いてあって、こういうサイコ的な設定大好きなので…

どこにでもいるような凡人の主人公が、
自分を中心とした周囲の未来を無差別に全て予知する事が出来る
「無差別日記」を手に入れる事から物語は始まります。
未来日記にはいろいろな種類があり、たぶん登場する12人全てが
違う日記を持っているんだと思います。
(第1巻では全ての登場人物が紹介されません)

自分の持っている日記や他人の日記を上手く利用して
他の参加者を殺していくみたい。今後に期待!

コマ割りは上手ですごく読みやすいです。
さくさくテンポ良く話が進みます。
イラストも手抜き感はあんまりない。背景もわりと上手。
絵柄も万人受けしそうなかんじだし、これは本当にアニメ化されそう。

あと自分が思ったのは、ちょっと「ひぐらしのなく頃に」ぽいかなって事ですね。
ひぐらしの中に出てくるレナっていう女の子と
この漫画の由乃っていうキャラが若干デジャヴでした。
由乃にはレナの怖さ?みたいなものがあります。
でもそれがまたいい味を出しているっていうか、
由乃がいる事で、作品全体に緊張感があるので良いですね。

巻末には「ムルムル先生の裏未来日記コーナー その1」という2ページの漫画があります。
作中ではあまり出番のなかったムルムルですが、ここでは主役!
かわいいよ~
―――――――――――――――――――――――――――――――
未来日記 (1)
えすの サカエ

4047138398
角川書店 2006-07-21
おすすめ平均 star
松本花さん「がっこうのせんせい 1」です。

【ストーリー概要(コミックス裏表紙より)】
新米教師・多田温之(ただはるゆき)は、初登校の朝に
校長先生と一悶着…即クビ宣告!
ようやく赴任先が決まったある日、雪の三道でつぶらな瞳の少年に遭遇。
学校へ案内してくれるというのだけど、その学校はどうも様子がおかしいぞ。
魅惑の“動物耳&尻尾”なプリティ・スチューデンツにご用心☆
微熱ドキドキ・スクール、第一巻!

1年半程前に発売されたコミックスですが、
最近、本屋で見かけて裏表紙のうさぎ少年に惹かれて購入しました。

話の内容はあんまり期待していなかったのですが、
予想外に結構面白かったです。

記事のカテゴリーをボーイズラブにしてありますが、
話の内容的には、あまり男×男の要素が目立っていませんし、
ボーイズラブっぽさはほとんどなかったです。
Hっぽいシーンも全然ないですし、キャラクターの性格もイラストも
とてもかわいらしいので、全体的にほのぼのしています。なごみます。

男性でも普通に読める内容だと思います。

そして、主人公の生徒になる子供達は、
それぞれ捨てられた動物という設定なのですが、
皆で力を合わせて生きているかんじがほほえましい(○´ω`○)
読んでいると応援したくなります。

恋愛要素の薄いほのぼのした動物漫画を読みたい方にオススメ!
読んで損はないです!たぶん
―――――――――――――――――――――――――――――――
がっこうのせんせい 1 (1)
松本 花

4403660819
新書館 2003-12-29
おすすめ平均 star
ちょいエロ少女漫画「コスプレ★アニマル 5」です。
作者は栄羽弥(さこうわたり)さん。名前の読み方初めて知った…。

【ストーリー概要】
彼氏(ハジメ)の親友(アラタ)に告白されたリカ。
世にいうこれが「モテ期」なんだろうか…なんてひたれない!!
リカをめぐる三角関係はどうなるのか――!?

やっと発売されました第5巻!!!
今回のレビューはコスプレ★アニマルでつ!!

この漫画はストーリーがどうのよりも
ハジメとアラタの二人のイケメンに終始きゅんきゅんしてました!!
だってこの作者さんの描く男の子達がめっちゃ好みなんですもの。
アラタかっこいいよアラタ…ハァハァ…て、変態チックでごめんなさい。

真面目にレビューしますね。

この漫画の特徴とも言うべき主人公リカちゃんのコスプレですが、
弟5巻もバスガイドやナースやその他いろいろコスプレ盛りだくさんです。

ストーリー的には、ハジメとアラタの三角関係の行方もありますが、
リカちゃんのライバルが出現したり、ハジメとアラタの過去話があったりと
いろいろ飽きないかんじになっています。

巻末描きおろし漫画では、ナゾに包まれたオーナーの
誕生秘話
が描かれているのでオーナーファンも必見です♪

とにかく乙女はぜひ読んでみてo(>ω<)o
―――――――――――――――――――――――――――――――
コスプレ・アニマル 5 (5)
栄羽 弥

4063654133
講談社 2006-10-13
椎名軽穂(しいなかるほ)さんの漫画「君に届け」第2巻レビューです。

【ストーリー概要】
席替えで風早の隣になった爽子。
少しずつクラスの人と話せるようになってきた。
なかでも矢野と吉田は親しくしてくれて、爽子は初めての幸せでいっぱい
しかし爽子が流したという矢野と吉田の悪い噂が立ちはじめギクシャクする爽子達…

第2巻は、第1巻とは打って変わって友情がテーマっぽいです。
席が近くになった矢野と吉田(二人とも女子)との話を中心に進みます。
話の内容はありがちな展開ですが、うるっとくるシーンもあるかも。

この漫画、第1巻はとっても大好きなんですが、
第2巻はあまり好きになれませんでした…。
というか正直に言うと好きではないほうです。ファンの方すみません。

何故かと言うと、この第2巻は、私が昔から好きな作家
河原和音さんの作風にすごく似ているシーンやらコマ割やら
トーンの貼り方やらイラストやらがたくさん出てきていたので、
そっちの方が気になってしまい素直に楽しめませんでした。

もしかしたら、椎名軽穂さんは、河原和音さんのアシスタントだったのかもしれないですけど。

他のレビューサイトさんやamazon評価等では、かなり高評価なので
きっと普通に読んだらとっても面白い漫画なのだろうなぁとは思うのです。。。
うん。。。
私情抜きで読むと面白い漫画だとは思います。

私も第1巻がすごく面白かっただけに、河原和音っぽくなっていたのは非常に残念

「君に届け」はまだまだ続くようなので、今後に期待したいです。

第1巻のレビューはこちらをクリック
―――――――――――――――――――――――――――――――
君に届け 2 (2)
椎名 軽穂

4088460944
集英社 2006-09-25
おすすめ平均 star
この本は、先日、間違って2冊目を購入してしまったやつですね。
悔しいので第1巻と第2巻まとめてレビュー書いちゃいますよぅ。

さて、本題。

【ストーリー概要】
陰気な見た目のせいで怖がられたり謝られたりしちゃう爽子。
爽子に分けへだてなく接してくれる風早(女子に人気の爽やかイケメン)に憧れている。
風早の言葉をきっかけに変わっていけるみたい…。
夏休み前、爽子は肝試しでお化け役をやることに!?

わりとありがちなストーリーですが、爽子の性格・行動が面白いので
笑える場面が随所にあり、楽しく一気に読めました。

爽子は、クラスの人に避けられたり怖がられたりしていて、
席替えの時には「爽子の前後左右ナナメになりませんように」とか言われる始末。
でも、爽子の持ち前の前向きな性格が上手く表現されていて全然陰気臭くなってないです。
作者さんの描き方が上手なんだと思います。

あと、脇役のクラスメイト達もイイ味出してて
今後どう絡んでくるのかも楽しみなところ。

楽しく読める少女漫画を読みたい方には、すごくおすすめの1冊です♪
―――――――――――――――――――――――――――――――
君に届け 1 (1)
椎名 軽穂

4088460618
集英社 2006-05-25
おすすめ平均 star
表紙の絵が良かったので購入したBL本「鈴の音がきこえる」
作者は、佐々木久美子さんです。

【ストーリー概要】
ある日、獣医の霧島は、木の上から落ちてきた青年と遭遇する。
なぜか逃げまどう彼をそっと捕らえると、
猫の耳と尻尾が突然飛び出して――!?
異様なほど動物に好かれてしまう獣医と、
不思議な猫のハートフルラブストーリー。

表紙買いしただけあって、イラストがきれいです。
全体的にキャラクターの表情が硬いですが読める範囲。

ストーリーはありきたりなかんじで、
初期設定の異様なほど動物に好かれてしまう獣医の部分が、
あまりストーリーに絡んでこなかったのが残念。

もう一工夫あったら面白くなっていたかもしれん…。

表題作ではなく、同時収録されていた作品
「灯影 前編」「灯影 後編」
「こはく日記。」「トラブル・リトル・トラベラー」
以上4作品は、なかなか面白かったです。

「灯影」と「こはく日記。」は、元犬の女の子の話。
以前、飼われていた主人を一途に思う気持ちが伝わってきて
せつないかんじがなかなか良かった。
仕草もかわいくて良いですね!

「トラブル・リトル・トラベラー」は、
作者のデビュー作で、BLではなくちょいSFで少年漫画風です。
宇宙人と遭遇した少年の話なのですが、
全部で16ページながらよく出来てます。
―――――――――――――――――――――――――――――――
鈴の音がきこえる
佐々木 久美子

4344802942
幻冬舎 2003-09
おすすめ平均 star
森生まさみ(もりおまさみ)さんの最新刊「らぶ・ちょっぷ! 第1巻」です。

【ストーリー概要】
「何でもこい!」が教育理念の三ツ葉学園は、
地味めハーフや、フラレ続ける女、ワケありイケメン教師に、
腹黒美少女、ダークな生徒会長と個性溢れる人材の宝庫。
中でも新入生、柊まめの正体は癒し○○ッ○!
今日も三ツ葉学園では騒動が絶えず―!?

ストーリー、コマ割り、イラストなどは、
さすが森生さん!!!ってかんじの非常に
クオリティの高いものです。

「らぶ・ちょっぷ!」は、個性的なキャラクターがたくさん登場し、
オムニバス形式(各話ごとに主人公が変わる)で物語が進んでいきます。
そのため、ぽっぷんテケテケ漫画(おまけの小林クン)よりは
メッセージ性の強い漫画になっているようです。

イメージ的には、やまざき貴子さんの「っポイ!」が近いと思います。

少女漫画のオムニバス形式ってわりと珍しい気がするんですが、
この漫画はキャラクター個人個人の性格がとても活きていて、
上手く描かれている
ので、今後巻数が伸びるごとに、話に厚みが出て
さらに面白くなりそうです。

第1巻だけでは、この作品の雰囲気をつかめるぐらいで
読み終わってしまったのでちょっと残念。
早くもっと読みたいなぁ~~~。

今後に期待して、第1巻の評価は控えめに6点で

キャラクターの性格と三ツ葉学園の雰囲気は、
ぽっぷんテケテケ漫画に結構似ています。
もうちょっと違う雰囲気の作品だったら、もっと高評価を付けたかもしれない。


―――――――――――――――――――――――――――――――
らぶ・ちょっぷ!
森生 まさみ

459218436X
白泉社 2006-10-05
おすすめコミック第一弾は、WEBコミックの「多重夢」です。

ある日、男が目覚めたら、自分が寝ているはずの
ベッドの上に見知らぬ男性の死体があった。
「この男は誰だ?」
「誰が殺した?」
「何故ここに?」
事件の真相は一体どうなっているんだ…???

というかんじの内容です。
多重人格探偵サイコとか、サイコ系漫画が好きな人には
きっとたまらない漫画です。

サイコ系が好きではない方にも、
この漫画はたった21ページしかないので、
ためしに読んでみるのもいいかも。

私は事件の真相が分かった時に、鳥肌が立ってしまいました。

全部で21ページという少なさも、逆に
このストーリーの怖さが際立っていてぴったりです。
ストーリー、コマ割、構成等すべてがトップクラスのこの漫画
まだ読んだ事がない方は、ぜひ読んでみて下さいね!

ちなみに、この作者「筒井哲也」さんは、
商業誌でもデビューされていてコミックスも大好評発売中!!
今回紹介致しました多重夢は、スクウェア・エニックス刊
ダズハント」にもオールカラーで収録されています。

※漫画の中には、若干グロいイラストもありますので、苦手な方はご注意ください。

作者のサイトはこちらから↓


―――――――――――――――――――――――――――――――
ダズハント
筒井 哲也

4757514476
スクウェア・エニックス 2005-05-25
おすすめ平均 star
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。