「コミックス×ブログ」では読んだ漫画の感想を書いてます。ネタばれがある場合もありますのでご了承下さい。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■(イラスト集)ONE PIECE COLOR WALK 3/尾田栄一郎
《収録内容》
2001.4.16~2003.8.4までのONE PIECEカラーイラスト60点以上
尾田先生が語るイラスト集秘話
特別企画!! 天野喜孝氏×尾田先生スペシャル対談!!
尾田先生のデビュー前イラスト(初公開!!)

《感想》
ONE PIECEのイラスト集が素晴らしかったのでご紹介させていただきます。

このONE PIECEイラスト集シリーズは、今回で第3弾なのですが、
今回はアラバスタ編終盤のあの名シーン~空島編の終盤までを
ドーンと約100ページに渡ってカラーイラストと共に振り返ります。
巻末には尾田栄一郎さんと天野喜孝のスペシャル対談が4ページ掲載されてます。

私は単行本しか読んでいないので、
ジャンプ本誌に掲載されたカラーページを見る事がほとんどなく、
こうやってイラスト集にまとめてくれると非常に嬉しいですね。

しかも今回は私の大好きな空島編のカラーがたくさん収録されているっ!!!
イラストと一緒に漫画の印象的なシーンも載っているので、話が頭の中で蘇ります。
あと、空島編の構想段階のスケッチ?も載っていてそれによると、
人物のデザインが実際とは異なっていたりして、単行本と見比べると楽しいかも。

また、大きい本なので、細部までこだわって描かれているのが
じっくり見れるっていうのが、イラスト集の良いところだと思います。
1枚のイラストにもストーリー性があるので絵だけ見てても
十分楽しめたし大満足です。

ONE PIECEファンにはたまらない1冊。
空島編の構想スケッチが見れただけでもう大大大満足。

ONE PIECE COLOR WALK3~LION
尾田 栄一郎
4088595386
集英社 2006-01-05
おすすめ平均 star
スポンサーサイト
■HUNTER×HUNTER 第24巻/冨樫義博
《ストーリー》
宮殿内で王に異変!?コムギとの軍儀の対戦中、
軍儀への覚悟のなさから、王は自らの体を傷つける。
一方この機にノヴは宮殿内部へ「入り口」を作りに潜入!!
王とゴン達、互いの準備が進む中、選別の時が迫る!!
《感想》
前の23巻が発売してから約1年半ぶりの新刊。。。
本当に待った…待った…。
本屋に置いてあるのを見た時は心の中で冨樫と集英社に
ありがとう!!と叫びましたとも…!!!
しかも近所の本屋では発売日は山のようにこの本が積んであったけど、
2日ぐらい前にまた見に行ったら全部なくなってたさ。
100冊は置いてあったのに…冨樫の偉大さを再認識しました!!
さてさて前置きはこのぐらいにして本編の感想ですが、
やはり今回注目すべきは、王の変化ですよね。
コムギの存在が少しずつ王に影響を与えていて
絶対悪であるはずの王が、自分の存在に疑問を抱き始める。
ゴンの性格からするとこんな状態の王を殺せない気がしますが、
やはりカイトの件もあるし、何万人も死んでいるわけですから
それも考えるとこれからどうなるのか全然分からない…!!
続きは週刊少年ジャンプで10週連続連載で読みましょう。
あ、ジャンプと言えば、ハンターハンターの連載再開号が
センターカラーという扱いにちょっと不満が残りました。
連載再開という記念すべき号は巻頭カラーにして欲しかったなぁ。
点数=10点(サイコーです。ピトーの治療するやつが悪趣味で痺れました)
HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
4088744535
集英社 2007-10-04
売り上げランキング :
おすすめ平均 star
■メンズ校 第3巻/和泉かねよし
第8回~第11回、男子考、私の幻体験談、収録。
《感想》
1巻と2巻で少しだけ出てきた人達が再登場し、
今回はメインのキャラに絡んできたので話に厚みが出てきた。
1話ごとに話の中心人物が変わっていくけど
こういう風にいろいろ絡みはじめると一気に面白くなりますね。
個人的には保健の教師とメガネ男子との今後の展開が気になる~。
2人とも不器用ながらも一歩ずつ進んでるかんじが良いです。
点数=7点(一気に面白くなってきました。)
メンズ校 3 (3) (フラワーコミックス)
和泉 かねよし
4091311792
小学館 2007-08-24
売り上げランキング :
おすすめ平均 star


■ツイン・アタック/花咲依織
《収録内容》
ツイン・アタック/ツイン・アタック2
キスからはじまるエトセトラ/裸足のプリンセス/あとがき
《感想》
ティーンズラブコミックスです。表題作は3Pもの。
主人公が幼馴染の双子の美男子に迫られる…というシチュです。
ただ、3Pとは言っても、1対1もあり1対2もありというかんじです。
コマ割、書き込み量、絵柄どれも上手なのでこれはかなりオススメ。
表題作以外もストーリーを重視して描いてあるので読み応えあります。
点数=7点(かなりオススメ。3P読みたい女子はぜひ!)
ツイン・アタック (バンブー・コミックス 恋パラコレクション)
花咲 依織
4812467381
竹書房 2007-09-25
■PRESENT FOR ME石黒正数短編集/石黒正数
《収録作品》
「ススメ サイキック少年団」「Present for me」
「なげなわマン」「カウントダウン」「バーバラ」
「泰造のヘルメット」(未発表作品)「ヒーロー」(デビュー作品)
《感想》
「ススメ サイキック少年団」「Present for me」の2作品がツボ!!
「ススメ サイキック少年団」はSFとギャグを織り交ぜた話で、
思わず声を出して笑ってしまいました。ギャグの性質とか
セリフの“間”が冨樫義博さんの「レベルE」に似ているところがあって、
私にとっては妙にツボに入ってしまったのです。
読者を(良い意味で)裏切る演出が上手いです。
「Present for me」は、打って変わってシリアスな話。
人類滅亡間近の地球で、1人の少女とロボットが出会うのですが、
少女は一切言葉を発せず、ロボットだけが言葉を話しながら話が進みます。
作者曰く、その演出は全部、最後のオチを際立たせるためにやったとの事!
見事成功していたと思います。少なくとも私はハメられましたし。
この作品はIKKI系の作品が好きな人にもオススメ出来ると思います。
その他の作品はギャグ要素が強くてどれも面白いんですが、
「カウントダウン」なんかはアイデアが上手いなと感心しました。
点数=9点(「ススメ サイキック少年団」「Present for me」がツボだった)
PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数
478592828X
少年画報社 2007-08-03
おすすめ平均 star
■アイドルマスター/原作:バンダイナムコゲームス、漫画:稍日向
《収録話》
「アイドル候補生」「それぞれの思い」「決断の時」「初オーディション」
「デパート営業」「TV番組出演」「夢追う力」あとがき
《感想》
アイドルマスターというゲームの漫画版です。美希は出ていません。
10人いるアイドルの中でも春香が中心に描かれてあって出番が多いので
春香ファンには間違いなくオススメ。あとは、やよい、真、雪歩も出番が多かったです。
特に真がかっこよく描いてあって、大ゴマを使ったアクションシーンがあったりするので
真ファンには嬉しいと思います。
漫画オリジナルキャラは少しウザイ性格だったけど、それが良い味出してました。
点数=6点(春香、真ファンの人向け)
アイドルマスター (角川コミックス・エース 186-1)
バンダイナムコゲームス 稍 日向
4047139661
角川書店 2007-09-26
おすすめ平均 star


■狂想ヘヴン 第3巻(完結)/水波風南
《ストーリー》
乃亜の悪巧みにも負けず、ますます仲を深めていく水結と蒼以。
幸せいっぱいの二人だったのに、突然の別れの危機が…!
乃亜の番外編も収録。
《感想》
絵は綺麗なのに、話がワンパターンで本当にダメ。
作者に、きちんと考えたストーリーを描こうという気が感じられない。
いつも通り見所はエロシーンだけ。
点数=4点
狂想ヘヴン 3 (3) (フラワーコミックス)
水波 風南
4091311679
小学館 2007-08-24
おすすめ平均 star
■WIZARDS NATION 第1巻/相川有
《ストーリー》
古来より日本国土に根付く強大な力「ゆきどけ」。
150年に渡り封印されて来たこの力が、夏休み最後の夜、突如解放された。
大爆発とともに、東京郊外の芦原市に降り注ぐ「ゆきどけ」のかけら。
この夜を境に、芦原市に住む少年たちには異変が起きていた。
《感想》
まだ物語の序盤なので第1巻を読んだだけでは、面白いかどうかは分かりません。
話的には、「ゆきどけ」の力を手に入れて変な力を手に入れた少年達と、
「ゆきどけ」の力を回収しようとする七色衆の対立になっていくのかなぁ?と思います。
ただ、話を引っ張っていく主人公的なキャラクターがいなくて、いろんな人に
見せ場があるかんじなので、どうなっていくのかサッパリ分からない。
話の舞台が芦原市にだけ限定されているところが分かりやすくて良いです。
点数=6点(まだ序盤。面白くなりそうな話です。)
WIZARDS NATION 1 (1) (バーズコミックス)
相川 有
4344810848
幻冬舎コミックス 2007-09-22

■ビューティーハニー 第1巻/マツモトトモ
《ストーリー》
小日向二子は、近所で「慰謝料御殿」と噂の男運が悪い一家に育つ高校2年生。
家族の失敗例を見続けた結果、恋愛に心乱さず生きたいと願っている。
だがオシャレで気が利く、モテモテ美容師の馨に構われ、調子を狂わされて…。
《感想》
恋にウブで純情な女の子と、経験豊富でセクシーな年上男の話。
馨のキャラクターが、ちょっと現実離れしてて全体的に嘘っぽいのが気になりました。
それ以外は普通に面白かったです。ニコちゃんの反応がいちいち可愛くて。
サブキャラのニコの家族達が良い味出していると思うので、もっと出番増やして欲しいな。
点数=5点(この物語の主人公のような純情な少女向け)
ビューティーハニー 1 (1) (花とゆめCOMICS)
マツモト トモ
4592184815
白泉社 2007-09-05
おすすめ平均 star
■GOTH/原作:乙一、漫画:大岩ケンヂ
《ストーリー》(amazonより引用)
「殺人事件や拷問の方法など 人の冷たくデリケートな側面を渇望する 私たちのような人間は時に“GOTH”と呼ばれる」。この「GOTH」である「僕」と森野夜のふたりが、遭遇する猟奇的な事件を描く連作短編集。乙一による6話で構成される同名小説のなかから4話を選んで漫画化したもの。
「『小説のイメージどおりだ』という声がいくつも寄せられた」と原作者の乙一があとがきで書いているように、黒髪の美しい少女、森野夜のキャラクターに引かれる人も多いだろう。だがもうひとりの主人公、「僕」のキャラクターはさらに印象深い。いつも事件を解決に導く「僕」であるが、彼は決してヒーローになりたいわけではない。暗がりを見たいというその思いだけが、彼を突き動かし核心へと連れて行くのだ。
《収録話》
「リストカット事件」「暗黒系」「土」「記憶(前編)」「記憶(後編)」
《感想》
原作小説は読んだ事がないので、小説と漫画の違いについては分かりませんが、
サイコミステリー好きの私にとっては面白いと思える作品でした。
「僕」と「森野夜」が普通ではないのでどういう展開になるのか全く予想出来ず、
また良い感じに「裏切ってくれる」展開なので引き込まれました。
その中でも気に入った話は「土」かな。
人間を土の中に生きたまま埋めることに執着する男の話なのですが、
こういう人間の抑えられない衝動のようなものを感じるとゾクゾクします。
ただ、1冊の中に4話も詰め込まれているので、話はさくさく進みます。
読む人を選ぶ漫画なので点数は控えめに…↓
点数=6点(「多重人格探偵サイコ」系が好きな人にオススメ)
GOTH
乙一 大岩 ケンヂ
4047135534
角川書店 2003-06
おすすめ平均 star


■わたしの大好きなセンセー/若菜光流
《ストーリー》
香都美にとって、放課後の保健室は校医の宮城センセーと触れ合える唯一の場所。
先生と生徒、ヒミツの関係を楽しむゲームのはずが、いつしか心はセンセーでいっぱいに。
《収録話》
「アタシの好きなセンセー」「わたしのだいすきなセンセー」
「私のセンセーと一緒」「大好きなので」
《感想》
この作者の持ち味はむっちりした体系の女の子だと思うのですが、
第1話の「アタシの好きなセンセー」は2004年に描かれたものという事もあって
全然むちむちしていないです。まずそれに驚きました。
第1話以外はむちむちで香都美も宮城センセーも別人のように丸くなっています。笑。
話自体はよくある内容ですが、主役2人がラブラブなので読んでて微笑ましい。
ティーンズラブ漫画ですが、エロいシーンは意外と少ないので、
話をしっかり読みたくてエロ要素も少しはあった方が良いって方にオススメ。
点数=6点(画力もストーリーも安定して面白い作家さん)
わたしの大好きなセンセー (カルト・コミックス sweetセレクション)
若菜 光流
4773096349
笠倉出版社 2007-09-15
■オレたま 第1巻 ~オレが地球を救うって!?~/原作:原田重光、漫画:瀬口たかひろ
《ストーリー》
彼女なし&童貞のさえないフリーター・佐藤航太の大事なタマの恐怖の女王が封印された!?
女王を解放するため地上に降り立った小悪魔・エリスが航太に襲いかかる…!!
発射すれば人類は滅亡、エッチなシーン続出のドキドキコメディ。
《感想》
原作者はユリア100式と同じく“原田重光”さん。
ユリア100式はエロ要素よりもギャグ要素が勝っていたので、
女の私でも非常に読みやすく面白かったのですが、
この作品については、ギャグよりもエロを重視しているので、
女の人にとっては、そんなに面白い作品ではないかなと思いました。
さえない主人公が可愛い女の子にモテまくりエロいシチュエーションが
いっぱい訪れるっていうのが好きな人はハマりそう。
エロに関していえば、最初の方からかなり過激に描かれています。
女キャラは全員裸に近い格好になります!
点数=6点(男性向け。おバカなエロ漫画を読みたい方はぜひ)
オレたま 1―オレが地球を救うって!? (1) (ジェッツコミックス)
原田 重光 瀬口 たかひろ
4592144112
白泉社 2007-08-29
おすすめ平均 star


■Re:Life-リライフ- 第1巻/富田安紀子
《ストーリー》
物に込められた人の記憶を読み取る超能力をもつ少年、爽。
遺品整理会社「リライフ」で働くことになった爽は次々と遺品から
死者の記憶をたどっていく。
人を信じない孤独な少年、爽は生と死の狭間で何を思う?
1話完結タイプ。
《感想》
主人公の性格が悪すぎて、全く好きになれなかったー><!!
遺族に対してなんの配慮もせず暴言を吐くのは、いくら漫画でもダメかと。
人を信じない孤独な少年が主人公という設定にはなっているものの、
全然孤独に見えないし、人を信じる信じない以前に暴言は絶対ダメでしょう~。
物に込められた人の記憶を読み取るというのも、他の漫画ですでに
何回か使われている設定で目新しさがなかったし…。
画力は◎でした。
点数=4点(主人公の性格に問題あり)
Re:Life 1 (1) (ヤングキングコミックス)
富田 安紀子
4785928379
少年画報社 2007-08-20
おすすめ平均 star
■臨場 第1巻/原作:横山秀夫、作画:上農ヒロ昭
《ストーリー》
終身検視官“倉石義男”が死体に直面して事件の真相に迫る!!
臨場とは、警察組織において事件現場に臨み初動捜査に当たること。
収録話:第1話「赤い名刺」第2話「眼前の密室」第3話「鉢植えの女」
《感想》
倉石義男を中心としたオムニバス漫画。
死体を調べて自殺か事件性があるのか等を調べていくのですが、
ミステリー要素が強いので、ミステリーが好きな人には特にオススメです。
あとは、ドロドロした人間関係が好きな人にもオススメ。
死体と言ってもグロイ絵はほとんどないので、苦手な人も安心して下さい。
点数=7点(誰が読んでも面白いと思える作品)
臨場 1 (1) (芳文社コミックス)
横山 秀夫 上農 ヒロ昭
臨場 1 (1) (芳文社コミックス)
芳文社 2007-09-15

■怪談と踊ろうそしてあなたは階段で踊る/原作:竜騎士07、漫画:野沢ビーム
《ストーリー》
退屈な日常へのちょっとした反抗のつもりで、
僕らが作り出した新たな学校怪談「お骨サマの呪い」。
しかし、狸神社の賽銭箱に呪いの依頼が投じられてから、
僕らの日常は歪み始める――。
《感想》
竜騎士07さんらしいじわじわと忍び寄ってくる恐怖漫画。
軽い気持ちで広めた怪談話が、学校中に広がって
それが自分達にかえってくる…ってなんとも言えない嫌ぁな感じ!!
作品中雨が降っているシーンが多いのもそれに拍車をかけています。
点数=6点(じわじわ怖い漫画。面白いです。)
怪談と踊ろうそしてあなたは階段で踊る (シリウスコミックス)
野沢 ビーム 竜騎士07

4063730891
講談社 2007-09-21
■桜アイロニイ 第1巻/小藤まつ
《ストーリー》
中3の卒業式。千歩は大好きな染井先生に告白しようと決心。
だが、そこで再会した初恋の学ちゃんにはばまれてしまった!
二度と会いたくないヤツだったのに…。
《感想》
オーソドックスな少女漫画。
絵柄は見やすく可愛いらしいし、コマ割りも上手いのですが、
肝心のキャラクターとストーリーが普通で面白みがないかんじ。
ストーリーについては、千歩と学の恋愛話を描きたいのであれば、
染井先生の話は省いて2人に焦点を合わせた話にするか、また、
染井先生の話を入れるのであれば、千歩は先生の事を一途に
想っていて欲しかった…!!2年間先生の事を好きだったわりには、
気持ちの切り替えが早すぎてリアリティがなかったのが残念。
もう少し他の少女漫画と違う要素(「君に届け」の貞子みたいな奇抜なキャラとか、
「砂時計」「高校デビュー」のような変わった話)があれば、
一気にブレイクしそうな作家さんではありますが、現状では微妙。
点数=5点(十分面白いが、今ひとつ何かが足りない作品)
「3番目の彼氏/小藤まつ」の感想はこちら
桜アイロニイ 1 (1) (マーガレットコミックス)
小藤 まつ
4088462076
集英社 2007-08-24
■CHIMES 第1巻/渡辺静
《ストーリー》
いじめられっ子、雨宮一太郎に届いた1通のメール。
それは、ゲームオーバーが現実での死に繋がる
オンラインゲーム『CHIMES(チャイムズ)』への招待状だった!
《感想》
作者初の単行本らしいです。
オンラインゲーム+アクションゲーム+学園漫画の要素が混ざった贅沢な内容。
ちびで弱くてゲームだけが取柄の主人公は、オンラインゲームの中で勇者として
他のクラスメイトと力を合わせて戦っていきます。
話は正統派少年漫画ってかんじで普通に面白いのですが、
この漫画のダメなところは、最初から、主人公がゲーム超得意という設定なので、
優遇されてしまっている感じがあって、ピンチの場面でもいまいち緊張感が
感じられないところかと…。少年漫画だからと言われればそれまでですが(・ω・;)
それでも、冒頭で一人死人が出ているわけなので、もう少し緊張感・緊迫感に
気をつけて描いて欲しいなぁー。
点数=5点(「未来日記」のような漫画が好きな人にオススメ)
CHIMES 1 (1) (少年マガジンコミックス)
渡辺 静
4063638758
講談社 2007-08-17
おすすめ平均 star

■ライフ 第16巻/すえのぶけいこ
《感想》
少女漫画っていうよりホラー漫画になってますがな。
愛美もクラスメイトも皆怖いよ。。誰かとめようよ。。。
あそこまで極端な描き方をされるとリアリティがなくって
一気に冷めてしまった。(ホラー漫画としては面白いけど)
あと主人公は簡単に泣きすぎな気がするなぁ。
ちょっと良い事があったらすぐに泣いてしまうので
涙に重さを感じないし、これもリアリティが
なくなってる一つの要因かもしれません。
話が全然進展してないのも気になる。
点数=4点(話が全然進展してない)
ライフ 16 (16) (講談社コミックスフレンド B)
すえのぶ けいこ
4063415422
講談社 2007-09-13
おすすめ平均 star


■僕達は知ってしまった 第1巻/宮坂香帆
《ストーリー》
主人公・梶ことりは、家族以外で男と最後に口きいたのが
いつだったか思い出せないほど、男に慣れてない女の子。
高校入学後、同じ苗字の梶雪斗と席が近い事もあり何かと
話す機会が増えるが、梶雪斗は元ヤンで見た目も良いので目立つ存在。
そんな梶雪斗にドキドキさせられっぱなしのことり。
また、梶雪斗を狙う女子から地味な嫌がらせもあり…。
《感想》
話が上手い。少女漫画らしい漫画です。
イケメンの梶雪斗が、ことりに近づいたり離れたり、
読者を飽きさせません。恋愛話だけではなくて
ことりの女友達・クラスメイトとの微妙な関係も
これからギクシャクしていきそうで、そっちも気になる。
点数=7点(話も良いがキャラも魅力的で良い)
2007.09.17点数を8点→7点に修正
僕達は知ってしまった 1 (1) (フラワーコミックス)
宮坂 香帆
409131175X
小学館 2007-08-24
おすすめ平均 star
■ファイナルファンタジーXI おかえり 2 Welcome Back!/うず
《収録内容》
「負け犬のともしび」
「あかい記憶」
「コウモリ猫とうたうたい」
「こねこねた」
「つぎ会うときは」
「きみの手とぼくの手」
「あおい空のうた」※描き下ろし
《感想》
FFXIは10時間程しかプレイした事がない私。
FFXIで知ってる事と言えば、種族は4種類あるとか
国がいくつかあるらしいとかジョブが色々あるとかそれぐらい。
そんなシステムをよく知らない人でも面白く読めるのがこの漫画。
話の中心は、人と人の出会い・別れなど人間の気持ちです。
「コウモリ猫とうたうたい」は友情のもつれが中心の話で
女の人なら似たような経験をしている人が多いんじゃないかなぁ。
「きみの手とぼくの手」は一人ぼっちで過ごしてきた二人が
交流して次第に打ち解けていく様を描いてあって、これも良い話。
FFXIのアンソロ読みたいなぁ~って人にオススメ!!
作者のサイトはこちら
点数=7点(あたたかい話ばかり)
ファイナルファンタジーXI おかえり 2 Welcome Back! (BROS.COMICS EX)
うず
4757737025
エンターブレイン 2007-09-01

■吾輩は嫁である。/タアモ
《収録内容》
「吾輩は嫁である。」
「ラブメイト」
「こどもサラダ」
「ライラックの花言葉」
《感想》
少女漫画って基本的に全部ハッピーエンドなわけです。
ラストが分かっているのに読者は何を読んで楽しむかというと、
ハッピーエンドに至るまでの過程だと思うんです。
表題作の「吾輩は嫁である。」は序盤のツカミは良かった。
女子高生の旦那が作家。で、結婚している事を秘密にしている…と、
作家は忙しいですから女子高生は寂しい想いをしていて、
タイミング良くクラスのイケメン君が、女子高生に近づいてきます。
ここまでは良かったのですが、その後がユルイ!緩すぎます><
イケメン君はなんかぽやっとしてて陰が薄いし、女子高生は
寂しいと言いつつも、旦那以外興味がないってのが読んでて分かるし、
終始、キャラの心に変化が感じられなくてつまらなかった。
これが良いと言う人もいるんだろうけど、私には物足りませんでした。
「ライラックの花言葉」は主人公が変な子で面白かったかも。
点数=5点(ゆるいかんじの漫画を読みたい方はぜひ)
吾輩は嫁である。 (フラワーコミックス)
タアモ
4091311601
小学館 2007-07-26
おすすめ平均 star
■少年料理法/宮下キツネ
《収録内容》
「リンリン生活始めませんか」
「ちょっとずついこう」
「SWEET FEBRUARY」
「開花前線」
「メガネをはずすとき」
「ネコライフ」
「Twin Little Devils」
《感想》
バリバリのBL漫画です!!
話はともかく絵が魅力的だと思います。
エロはまぁまぁあるんですが、アレの形が
この状態で出版しても大丈夫なのかって心配するほど
全然修正してなくてハッキリ描いてあります。
「ネコライフ」がネコミミ&ショタ&3Pモノ。他は普通。
点数=5点(絵が良い。BL好き以外は読んじゃダメ)
少年料理法 (光彩コミックス)
宮下 キツネ
486093265X
光彩書房 2007-07-28

■きみにしか聞こえない/原作:乙一、漫画:清原紘
《ストーリー》
相原リョウは携帯電話を持っていない女子高生。
友達がいないから…。でも本当は憧れている。
彼女は、授業中も食事中も頭の中に理想の携帯電話を想像して遊んだ。
そのうち、それが存在しないものだとは思えないほどリアルに
脳細胞に刻み込まれた。
数日後、彼女の頭の中の携帯電話に着信音が鳴り響いた。
電話に出てみると、若い男の人の声が聞こえてきた。
それは世界のどこかで、私と同じ寂しさを抱える少年からのSOSだった。
《感想》
頭の中に妄想の携帯電話があってそれで遠く離れた人物と
通話出来るという設定に、どうしても入りきれなかった。
絵については、キレイなんだけど表情が固いのが気になった。
主人公の性格も暗いし全体的にクールな感じの漫画。
点数=4点(絵も話も微妙)
きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)
乙一 清原 紘
4047139386
角川書店 2007-06-26
■LEGAの13 第1巻/やまざき貴子
《ストーリー》
16世紀後半、ヴェネチア。
青年レガーレは、薬氏の父のもとで見習いとして働きながら、
ひそかに錬金術の研究をしていた。どんな金属でも“金”に変えるという
LEGA(合金)の13番目、“賢者の石”をさがし求める彼は、
ある日、占い師に「あなたは数奇な運命をたどる。今後4人の人に出会い、
その4人はあなたの人生を変える」と予言され…。
《収録内容》
I.浮かれた神父 前編・後編
II.きっつい女 前編・後編
III.堕・天使 前編・後編
《感想》
占い師の予言どおりに、青年レガーレは次々と人に
出会っていくわけですが、その出会った人との話を、
読切風にさくっとまとめてあるので、まず読みやすい。
あと、画面がいかにもヴェネチアっぽい華やかなかんじなのが良い。
やまざき貴子さんの作風と欧州って凄くあってるんですね。
舞台をヴェネチアにしたのは大正解だと思います♪
話は、読み進めるうちに、いろんな人物が関ってきて
徐々に世界観に引き込まれ面白くなってくる。
書き込みがたくさんあるので、読み応えあるのも嬉しいです。
2巻以降、主人公の運命がどんな風に変わっていくのか楽しみ。
点数=7点(読み応えあり。コマ割り上手。)
LEGAの13 1 (1) (フラワーコミックス)
やまざき 貴子
4091311660
小学館 2007-07-26
おすすめ平均 star


■影武者 徳川家康 完全版 第1巻/漫画:原哲夫、原作:隆慶一郎
《ストーリー》
徳川家康には影武者がいて、本物の徳川家康は
関ヶ原の戦いで暗殺されていたとしたら…。というお話。
《収録内容》
第一話:序説・陰との出会い
第二話:天下人の代償!の巻
第三話:家康死す!?の巻
第四話:家康の遺命!の巻
第五話:本陣動く!の巻
第六話:忠勝の涙!の巻
第七話:強運をくれ!の巻
第八話:内府討死にの報!の巻
第九話:破滅の美徳!の巻
第十話:三威の誤算!の巻
秘事各論『影武者 徳川家康』の世界
《感想》
家康が死ぬまでの話は、普通すぎてつまらなかったけど、
家康が死んで影武者がメインになるあたりからは緊迫してて面白かった。
1巻は面白くなってきたところでちょうど終わってしまったので2巻を早く読みたい。
あと、原哲夫さんのイラストが渋くてかっこいい!!!
この本のタイトルを見て「面白そう」と思った人は買って損はないかと。
点数=6点(しぶかっこいい)
影武者徳川家康 1 完全版 (1) (トクマコミックス)
原 哲夫 隆 慶一郎
4197804075
徳間書店 2007-07-30
おすすめ平均 star
■スパイシーピンク 第1巻/吉住渉
《ストーリー》
主人公の遠藤桜は26歳の少女漫画家。
ヒット作に恵まれず、ちょっと伸び悩んでいる感はあるけど、
好きな仕事に就けて、充実した毎日を過ごしていた。
ある日、友達の少女漫画家・上條美園に医者との合コンに誘われる。
「仕事に集中したいし、めんどくさいから」と最初は断るが、
今後のネタとツテのために、しぶしぶ了承する。
その合コンで出会った美容整形医の是枝行に最悪な印象を持つが、
後日バッタリ再会。しかも「おれと付き合わない?」と告白され…。
《感想》
恋愛より仕事が一番だった桜に、徐々に恋心が芽生える様を描く。
是枝行は過去に女性絡みで何か問題を抱えているみたいで、
桜の不安を煽る。桜の友達の上條美園の恋愛も少しずつ進展して
いっているのでそちらも面白いです。
あと何といってもイラストが良いです!!!(・∀・*)
作者の20年程前の作品「ハンサムな彼女」に似てるコト似てるコト…。
「ハンサムな彼女」は本が傷むほど何度も読み返した作品。
そんな思い出深い作品を思い出しながら、嬉しく懐かしい
気持ちになりました。
点数=6点(「ハンサムな彼女」が好きだった人にオススメ)
スパイシーピンク 1 (1) (クイーンズコミックス)
吉住 渉
4088654196
集英社 2007-08-17
おすすめ平均 star


■ひぐらしのなく頃に 宵越し編 第2巻/原作監修:竜騎士07、作画:みもり
《ストーリー》
雨は降り止まず、夜は更けていく。平成18年夏、雛見沢村。
古手神社集会所に何者かに導かれるがごとく集まった乙部、
十和田、荒川、そして園崎魅音。練炭自殺者、消失する車、
さらに十和田の同行者黒澤工の死体――次々に起こる怪異。
誰が、何を企んでいるのか?あるいは、20余年の時を経て
鬼隠しが再び…!?漫画だけのオリジナルストーリー完結。
《感想》
本格ミステリーになりきれず、「ひぐらし」らしくもなく
どっちつかずな中途半端なシナリオだったなぁという印象。
園崎魅音以外のキャラクターが普通っぽいだけに、
園崎魅音の特異なキャラが浮いてて、なんか変だった。
話自体はそれなりに楽しめたから良いけど…。
点数=5点(つまらなくはないけど、期待しすぎました)
ひぐらしのなく頃に 宵越し編 2 (ガンガンコミックス)
竜騎士07 みもり
4757520948
スクウェア・エニックス 2007-08-27
おすすめ平均 star
■えっちぃ放課後 第2巻/相川ヒロ
《収録内容》
「えっちぃ放課後-イジワルな王子様-」
「えっちぃ放課後-セフレ以上恋人未満-」
「えっちぃ放課後-先生と呼ばないで!-」
同時収録「あたしのご主人サマ」
《ストーリー》
「えっちぃ放課後-イジワルな王子様-」
 廃校舎にある天使像の前でキスした2人は永遠に結ばれるという
 伝説に憧れて、「優しい王子様のような人が現れないかな」
 そんな夢見る乙女“みるく”。しかし、そんな理想とは正反対の
 超いじわるな霜月くんに振り回されっぱなしの日々。
 すごく嫌な奴なのに、たまに見せる優しさに惹かれはじめて…。
「えっちぃ放課後-セフレ以上恋人未満-」
 中学の卒業を記念して幼馴染とHした“レイカ”。
 それから、会うたびHするようになったけど、これってセフレ!?
 よく考えれば分かったコトで、初Hは誰でも良かったわけじゃない。
 好きな人だから出来たんだ…。自分の気持ちに気づいた“レイカ”は、
 使いたいときだけ使われる事に傷つき距離をおこうとするが…?
 読者の体験を漫画化したリアルえっちぃ放課後!
「えっちぃ放課後-先生と呼ばないで!-」
 女子大生“観奈”が年下の彼氏の高校へ教育実習に。
 学校では先生。プライベートでは彼女。
 少しの間だけガマンすればいいと思ってたのに、
 学校で密着していたところを携帯カメラで撮られ…!?
「あたしのご主人サマ」
 なりゆきで憧れの先輩のペットになった“ミケ”。
 パシリに使われながらも一生懸命、奉仕するミケだけど、
 偶然、先輩が女の人といちゃついてる場面を見てしまい…。
《感想》
見やすい絵でストーリーが分かりやすいので、非常に読みやすいです。
Hっぽさはあるけど、濃厚な描写は一切ないので
小中学生の女の子が読むにはぴったりだと思います。
もちろん大人の人が読んでもそれなりに面白い内容です。
点数=6点(非常に読みやすい)
えっちぃ放課後 第1巻の感想はこちら

えっちぃ放課後 2 (2)
相川 ヒロ
4063414558
講談社 2005-11-11
■メテオド 第1巻/四位晴果
《ストーリー》
地球に巨大な隕石が墜落してから30年後の世界が舞台。
隕石に含まれていた放射線物質や細菌類にせいなのか
原因はさだかではないが、隕石付近を中心に不可思議な
動植物が異常発生し、地球の生態系は崩壊してしまった。
時には、人類に多大な害を成してしまうモノまで現れる始末…
そういった事態の中、隕石の公害を食い止めるため、
立ち上がった人間たちが出てきた。彼らの事をオブザーバーと呼ぶ。
主人公の十威(とおい)14歳もその1人。ただ、彼は隕石の
影響を受け進化した人間通称“メテオド”と呼ばれる新人類だった。
生態系の崩壊した地球で、果たして人間は生き残れるのか!?
《感想》
話も絵もストーリーも丁寧に描いてあったのが好感もてました。
人類の敵デブリについても一工夫してあって、凶暴で手に負えないデブリや
かわいくて人畜無害なデブリもいたり、デブリといっても
全部が悪者じゃないというのが少年漫画らしくて良いですね。
キャラクターは、どっかで読んだ事があるような性格の持ち主が多いので、
少し弱いかなという気はしますが、ストーリーでキレイにまとめてあるから
そんなに気にならなかったです。ところどころにギャグが散りばめてあり
全体的に明るい雰囲気で読みやすいのも良いと思います。
2巻以降どういう展開に発展していくのが楽しみです。
点数=6点(個人的には結構好き)
メテオド 1 (1) (少年サンデーコミックス)
四位 晴果
4091211658
小学館 2007-08-10
おすすめ平均 star


■約束の方舟/紫賀サヲリ
《ストーリー》
生計をたてるため、愛人として雇われている平沢のあ。
のあの両親は幼い頃に亡くなり、仲良しのあまねくんとの
約束を待ちながら、弟の累と2人で生きてきたのだったが…。
《感想》
ティーンズラブコミックスです。
Hなシーンは少なめで、話を中心に描かれています。
生活のために好きでもない人とHをしているのに感じてしまう…。
スケベな女の子が好きな人にはオススメだと思います。
第1巻という表記がないですが、以下続刊です。
点数=6点(女の子が可愛いくて良い)
約束の方舟 (Feelコミックスダーリン)
紫賀 サヲリ
4396780397
祥伝社 2007-08-24
■キスよりも早く 第1巻/田中メカ
《ストーリー》
主人公・梶文乃(かじふみの)は、正義感が強い女の子。
両親が亡くなったあと、まだ4歳の弟とともに親戚中をたらい回しにあい、
うんざりして路頭に迷っていたところ、高校の担任教師に助けられ、
なんと勢いでその担任教師を結婚する事になった。
《感想》
暴れん坊な女の子と教師との結婚生活を楽しく描くこの作品。
「上手い」の一言に尽きます。
田中メカさんはデビュー作からずっと読んでいますが、
表現力がどんどん上手くなっていますね。
結婚はしているがエロイ事は一切なしという健全なお付き合いで、
それを上手くコントとして使っていて誰でも読みやすくなっている。
主人公の弟くんもとても可愛らしく要所要所では大活躍し、
家族の絆を表現するのに一役買っていて、キレイに話が進んでいきます。
第1話のラストでは思わず涙ぐんでしまいました。
点数=8点(家族の絆も描くラブコメ)
キスよりも早く 1 (1) (花とゆめCOMICS)
田中 メカ
4592184718
白泉社 2007-07-05
おすすめ平均 star


■ミヨリの森/小田ひで次
《ストーリー》
母に捨てられた少女が預けられた先は、不思議な精霊たちが住む森の中だった…!?
森と少女と精霊たちを細緻に描くファンタジー。
《感想》
捻くれた性格の“ミヨリ”が森や精霊たちと交流することで
少しずつ変わっていく様を描く。
学校の図書室とかに置いてありそうな雰囲気の漫画です。
精霊たちはジブリアニメに出てきそうなかんじで、愛嬌があって可愛い。
特に小学生にオススメしたい作品です。
点数=6点(しっかりしたストーリー)
ミヨリの森
小田 ひで次
4253104665
秋田書店 2004-01
おすすめ平均 star
■アンラッキーヤングメン 第1巻、第2巻/藤原カムイ×大塚英志
《ストーリー》
1968年。盗んだ拳銃で4人を殺している連続射殺魔のN、
大学を中退して漫才をしながら映画監督を夢見るT、
薬学部の学生で革命に情熱を燃やすヨーコ。
3人は新宿のジャズ喫茶で運命的な出会いを果たした。
やがて彼らはTが書いたシナリオをもとに3億円を現金輸送車から
強奪する計画を実行にうつしたのだが…。
《感想》
ノンフィクションだけどフィクションみたいなストーリー。
自分の思い通りに事が運ばず、自暴自棄になってしまう若者達、
その先にあるものとは…?最後までオチが分からず面白かったです。
昭和を知らない人でも昭和の雰囲気を十分に味わえますし、
当時を知る人にとっては堪らないものがあるでしょう。
作画に関しては、繊細で落ち着いていながらもどこか危うい雰囲気のタッチで
描かれていて、作品に合っていてすごく良かったです。
全2巻でしっかりまとまっているのも嬉しいです。
点数=7点(間違いなく良作。ただし大人向け)
アンラッキーヤングメン 1 (1)
大塚 英志 藤原 カムイ
4048537245
角川書店 2007-07-26
おすすめ平均 star


■カボチャの冒険/五十嵐大介
農村で漫画を描き畑を耕しながら暮らす作者の飼い猫・カボチャの話。
絵がすごくリアルで上手いですね。
猫の筋肉の付き方を理解して描いておられるんだろうなと思いました。
内容的には、ネズミを捕獲して食べたり自然の中ではしゃいだり、
猫の野生的な部分を中心に描いてあります。
ただ、本の内容は良かったんですが、本の厚さが約106ページしかなく
税込690円なので少し値段設定が高いんじゃないかなとかんじました。
作者のファンかリアル猫ファンの人向けなのかな。
点数=6点(内容は良いが、値段が高い)
カボチャの冒険 (バンブー・コミックス)
五十嵐 大介
4812467217
竹書房 2007-07-30
おすすめ平均 star
■お茶にごす 第1巻/西森博之
《ストーリー》
強面な外見のせいでデビルと恐れられる主人公。
不良の修羅の道から足を洗い、静かな学園ライフを手に入れるため茶道部に入部する。
しかし、その体にどっぷり染み付いた不良魂は簡単には消えないもので…。
《感想》
この作者の漫画は「道士郎でござる」の第1巻しか読んだ事ないのですが、
「道士郎でござる」は笑いながら読めたけど、この作品は笑えませんでした。
話自体はすごく面白いんだけど、いまいち自分のツボに合わなかったというか。
他の方のレビュー記事を見ると、笑える!面白い!なんて言葉ばかり並んでいるので
これはもう好みの問題なのでしょうがないのかなぁ。
とはいえ、ストーリーがしっかりしているので次巻も買います。
点数=6点
お茶にごす 1 (1) (少年サンデーコミックス)
西森 博之
4091211682
小学館 2007-08-10
おすすめ平均 star


■海獣の子供 第1巻/五十嵐大介
《ストーリー》
とある夏休み、不思議なふたりの少年“海”と“空”と出会う主人公。
彼らは、ジュゴンに育てられたという奇妙な出生の秘密を持つ。
飛ぶように美しく泳ぐ姿に心奪われる主人公と同様、彼らに魅せられた
大人たちの想いは複雑に交錯してゆき…。
一方、世界各地では“魚が消える”不可思議な現象が起きていた。
《感想》
真夏の太陽、海、魚達…この世界観が心地良かったです。
海と空と主人公の3人のキャラクターが凄く魅力的に描かれていますね。
またストーリーもしっかりしていて、光る魚、それに群がる魚達、
死骸で見つかる多数の深海魚、世界各地で起きている不可思議な現象、
といろいろな謎が主人公達とどうやって繋がっていくのか非常に楽しみ!!
点数=7点(すごく気に入りました)
海獣の子供 1 (1) (IKKI COMICS)
五十嵐 大介
4091883680
小学館 2007-07-30
おすすめ平均 star


■彩恋(さいれん)/原作:飯塚健、作画:瓜生花子
《ストーリー》
高校3年生のナツ、ココ、マリネは仲良し三人組。
ある日、遠距離恋愛中のナツは、大学生の彼から一方的に別れを告げられる。
あきらめきれずに思い悩むナツの身に異変が…。
一方、ココの母とマリネの父が恋に落ち、頭を悩ませるココだが!?
《感想》
前編のナツ編と後編のココ編に分かれているのですが、大筋のストーリーは
違うものの、前編と後編に同じエピソードが出てくる場面がいくつかあり、
前編では分からなかったココの気持ちがココ編で描いてあったりして、
1つのエピソードをより深く読めるようになっていたのが面白かったと思います。
またそれが、むりやり帳尻を合わせたような演出ではなくて、
上手くシンクロしていて不自然じゃなかったのが凄いです。
周りの脇役キャラのマリネやビシバシも良い味を出していました。
点数=6点(全体的に完成度の高い少女漫画)
彩恋 (フラワーコミックス)
瓜生 花子
4091311652
小学館 2007-07-26
■eensy-weensyモンスター 第1巻/津田雅美
《ストーリー》
平凡だけど温厚なのが取柄の五月七花。
彼女の前に「ナルシスト王子」の常盤葉月が登場する。
彼の言動に七花がキレると心のプチモンスターが大暴走。
出会いが最悪だった2人ですが、だんだんと打ちとけて…。
《感想》
1話につき1月分ずつ話が進みます。全部で1年間分描くらしいので全12話。
単行本にすると全2巻で完結するみたいですねー。
この構成は買うほうにとっては、とてもハードルが低いので良いですね。
内容はすごくサッパリしています。重要なエピソードだけを
切り取って時系列に並べてあるので読みやすく分かりやすい。
「彼氏彼女の事情」の初期頃に似ていますが、あれよりほのぼのしているかんじ。
私はカレカノ後期のダークな話も好きだったので、少し物足りない
気もしましたが、これはこれで気楽に読めるので好きです。
登場人物が美形で天才肌っぽいのばっかりなんですが、
そういうのが大丈夫な人なら楽しんで読めると思います。
点数=6点(カレカノ初期のノリ)
eensy-weensyモンスター 1 (1) (花とゆめCOMICS)
津田 雅美
4592183711
白泉社 2007-07-05
おすすめ平均 star


《雑記:津田雅美のコマ割りについて》
津田雅美さんのコミックスは全巻持っている私ですが、
コマ割り好きな人間として思うところがあるので
ちょこっとここに書きたいと思います。
読み飛ばしていただいて全然okな内容です。

津田雅美さんの漫画にはよく大ゴマが登場します。
「eensy-weensyモンスター」をパラパラとめくってみた結果、
大体4ページ中1コマは、ページ半分以上を占める大ゴマだったりします。
しかも、津田雅美さんの場合は、その大ゴマが顔のアップに使われる事が多かったりします。
「顔アップの大ゴマ」というのは、1つあるだけで画面に連続性が失われて
時が止まってしまう印象を受けます。いわゆるキメ顔がジャーンてあるかんじ。

津田雅美さんの漫画は、この手法を頻繁に使っているのが
どうしても気になってしまいます。

もちろん「それが良い」という人も多数いらっしゃるとは思いますが、
たまには漫画でしか表現出来ない「キャラ・セリフ・背景・効果線が一体となった」
流れるようなコマ割りにも挑戦して欲しい気がします。

以上、津田雅美の一ファンの意見でした。
■かぶりもんスター☆/天野シロ
《ストーリー》
無職のひきこもり・加瀬英太朗は、密かに憧れている幼馴染みの
お姉さん・ちとせに誘われて遊園地でバイトすることに…。
そこで出会った恋敵のイケメン・一之江(いちのえ)とちとせが
着ぐるみの仕事をしていることを知った英太朗は自分も負けじと
着ぐるみを着るが、その着ぐるみには大きな秘密があった…。
SFあり!?ラブコメありの着ぐるみ漫画。
《感想》
作者の天野ヒロさんはキングダムハーツの漫画版を描かれている方!!
本物のディズニーキャラクターをたくさん描いている人だけあって、
着ぐるみがとても可愛いらしい!!見た目だけじゃなくて動きも可愛い。
そして肝心のストーリーも、ただ主人公が頑張って恋敵に勝つという話ではなく、
恋敵サイドの話もちゃんと書いてあったり、宇宙人も絡んできたりで
どうなるかは最後まで分からず完全にこの世界に引き込まれました!
構成力・キャラクターの魅力はもう文句なしで素晴らしい。
巻末・カバー裏にまで作者のこだわりが感じられたのも良かった。
ところどころにあるギャグも押し付けがましくなく、
さりげなくミッキーらしきキャラが出演しているなど芸が細かい。
点数=8点(万人ウケする良作だと思う)
かぶりもんスター☆ (ヤングキングコミックス)
天野 シロ
4785928247
少年画報社 2007-07-30
おすすめ平均 star
■悪魔とラブソング 第1巻/桃森ミヨシ
十塚学園は偏差値やや低めの今日学校。ある日、県でトップクラスの
聖カトリア女子を退学になったという転入生が…。彼女の名前は可愛マリア。
退学の原因は「教師への暴力事件」。飾り気なく真っ直ぐな言動のせいで、
マリアはクラスから孤立していき…。というストーリー。
思った事をそのまま真っ直ぐ言ってしまう女の子を主人公にするのは
良いと思うんですが、可愛マリアに可愛げがあまり感じられず、
顔がかわいいだけのキツイ子という印象でした。
また主人公の傍にいる2人の男子は、作者の前作「ハツカレ」に
出てきたハシモトとイブシに似ていて新連載なのに新鮮味が
なかったのもひっかかりました。
ストーリーも何が描きたいのか分からず全体的に微妙。
点数=3点(絵は良いんだけど…)
悪魔とラブソング 1 (1) (マーガレットコミックス)
桃森 ミヨシ
4088461932
集英社 2007-07-25
おすすめ平均 star


■ツレがうつになりまして。/細川貂々
旦那がうつになるところから回復するまでを描いたエッセイコミック。
かわいいキャラクターでとても読みやすく買ったその日にすぐ読み終わりました。
うつの人の思考を知れて良い勉強になります。
点数=7点(同じような経験者におすすめ)
ツレがうつになりまして。
細川 貂々
4344011430
幻冬舎 2006-03
おすすめ平均 star
■パズル 上巻/原作:山田悠介、作画:三部けい
超進学校の、さらにエリート中のエリートだけが選りすぐられたクラスが、
正体不明の武装集団に占拠された。人質とされた担任教師を救うには、
校舎にばらまかれた2000ピースのパズルを探し出し、48時間以内に
パズルを完成させるしかない―――。
と、ストーリーはすごく単純なのですが、主人公ら生徒の話・教師の話・
謎解きの部分・少しのエロなど飽きさせない工夫がされています。
作画・作風ともに「未来日記」に似ていてポップなかんじ。だけど、
そんなにオタクくさくなくて良いと思います。
点数=7点(意外と面白かった)
パズル 上 (1)
山田 悠介 三部 けい
パズル 上 (1)
角川書店 2007-06-26
おすすめ平均 star


■×ゲーム/原作:山田悠介、作画:横山仁
かつて、数々の「×ゲーム」を強要されいじめ抜かれたクラスメイトの女の子。
彼女の存在は、主人公らにとって、もはや遠い思い出しかなかった。
しかし、同窓会の夜を境に、彼らの日常は凄絶な痛みと恐怖に覆われる。
これは、あの「×ゲーム」の報いなのか――?
期待してたんですが、正直いまいちでした…。
最初の方の取っ掛かりの部分は面白くて「これは良いかも」と思ったんですが、
肝心のオチが突拍子もないもので消化不良といったかんじ。
ただ、作画は田島昭宇みたいでかっこ良かったです。
点数=4点(前半は良かった)
×ゲーム (バーズコミックススペシャル)
山田 悠介 横山 仁
4344809513
幻冬舎 2007-03-24
おすすめ平均 star
■潔く柔く 第5巻/いくえみ綾
結構面白かったです。何が面白いってコマ割りが素敵でした。
コマ割りって漫画にしかない表現方法なので、それを
見事にさらっとやってのけている人の漫画ってすごい好きです。
いろんな人間の想いが重なり合って変化してって
一つの物語になっていくかんじがよく表現されていたと思いますっ。
話自体はすごく暗いのに暗くなりすぎない描き方も良かったと思います。
点数=6点
潔く柔く 5 (5)
いくえみ 綾
潔く柔く 5 (5)
集英社 2007-06-25

■海街diary 第1巻 蝉時雨のやむ頃/吉田秋生
吉田秋生さんの漫画は初めて読みましたが、吉田さんって
クールなキャラを主人公にするんですね。(この漫画だけかもしれないけど)
自分は、三姉妹の中だったら次女みたいなタイプが主人公の方が
好きなので吉田さんの漫画はあまり合わないかもしれないなぁ…。
(というかこの作品は、私の過去と三姉妹が似たような境遇なので、
変に構えて読んでしまっていたのかもしれないです。)
吉田さんの他の漫画も読んでみたいな。
点数=6点
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
吉田 秋生
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
小学館 2007-04-26
おすすめ平均 star
star鎌倉は地名重視?
star新シリーズ
star久しぶり


■ワーキンガールH。 1/もんでんあきこ
働く女性のHな姿を描いた読切12話収録。
1話あたり15ページなので読みやすかったです。
エレベーターガール・女子アナ・婦人警官・バスガイド・秘書など
多種多様な職業の女性が登場するので、コスプレとか好きな人はハマるかも?
点数=7点(女性にもオススメ)
ワーキンガールH。 (1)
もんでん あきこ
ワーキンガールH。 (1)
集英社 2004-12-17
おすすめ平均 star
star祝単行本化
■ダブルハッピネス/寄田みゆき、原案:杉山文野
《収録作品》「ダブルハッピネス」「彼氏適正レベルE」
表題作「ダブルハッピネス」は、体は「女」だけど心は「男」な
性同一性障害のフミノさんの実話漫画です。
この漫画を読むまでは同性愛者と性同一性障害の人って同じだと
思っていたんですが、本質的なところは全然違うという事に気づきました。
同性愛者は、どんな相手を好きになるかという「自分対相手」の問題で、
性同一性障害のは、自分の体の性別と心の性別がかみあわないから「自分対自分」の問題。
体はある程度は、手術で変えられるかもしれないけど、
それは簡単な事ではないし完全に性転換するのは無理だし、
一生付き合っていかないといけない苦しい悩みなのですね。
深く考えた事がなくて実感として全然なかったけど、
今回この漫画を読んでてフミノと一緒に自分も泣いてしまいました。
こういう漫画は末永くいろんな人に読んで欲しいですねー。
同時収録の「彼氏適正レベルE」はごく普通の男女の恋愛漫画です。
点数=7点
ダブルハッピネス (デザートコミックス)
寄田 みゆき 杉山 文野
4063654605
講談社 2007-07-13

■不安の種+ 第1巻/中山昌亮
いわゆる理解しがたい霊に遭遇した恐怖・不安になる場面だけを切り取って
短い漫画にしたものの。1話あたり5ページぐらい。
ストーリーは全くなくてただひたすら恐怖シーンばかりが続きます。
私は、怖い漫画が超超超苦手なので、最初のカラーページを開いた時点で
この本を買った事を後悔しました。
でも買ったからにはレビューをしなくてはと思い頑張って読もうと思いましたが、
一番最初の「日課」という漫画で早くも心が折れました。
怖すぎて笑うぐらいめちゃくちゃびっくりしたよ!!!
結局、一人じゃ読めなかったので知り合いと一緒に二人で読んで
なんとか読み終えましたけど、もう絶対第2巻は買わないと思う。
窓の外に何かがいるかもしれない恐怖。
そこの暗闇から何かが覗いているかもしれない恐怖。
そんな和製ホラーが好きな人にはオススメだと思います。
点数=7点(和製ホラー好き・不安になりたい人にはオススメ)
不安の種+ 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
中山 昌亮
4253203876
秋田書店 2007-07-06
■誰かがカッコゥと啼く 第1巻/イダタツヒコ
舞台は子供の世界と大人の世界が存在する世界。
大人の世界というのは私達が普段過ごしている世界であり、
子供の世界というのは11歳以下の子供だけが行き来できる世界。
主人公は小学校教師。彼が受け持つクラスの5人の生徒の手によって、
分解、再生され、子供の世界では化け物の姿となる。
その生徒達は自分達の事を子供の世界を支配する魔王だという。
なぜ主人公が巻き込まれたのか?魔王は何と戦っているのか?
等々、結構変わった設定の漫画でしたー。
謎に対する解答は、ほとんど1巻の中に描かれています!
1巻の内容的にはこの世界の設定を紹介したりだとか、
キャラクターの紹介で終わっていますので、
2巻から本格的に物語が展開し始めるんでしょう。
作者が描きたいのは2巻以降だと思うので現時点での感想を書くのは難しい。
点数は無難な感じにしておきますΣ(・ω・ノ)ノ
点数=5点(可もなく不可もなく)
誰かがカッコゥと啼く 1 (1) (サンデーGXコミックス)
イダ タツヒコ
409157095X
小学館 2007-06-19
■浮世艶草紙 第1巻/八月薫、原作:篁千夏
このサイトでの評価を読んで買った本です。
《収録話》
第1話:和合指南(わごうしなん)、第2話:箱入男(はこいりおとこ)
第3話:介添女(かいぞえおんな)、第4話:石榴口(ざくろぐち)
第5話:不開間(あかずのま)、第6話:水揚げ(みずあげ)
第7話:夢芝居(ゆめしばい)、第8話:夜這い(よばい)
江戸の性文化を漫画化した作品です。
各話ごとに登場人物も役職も違うので江戸時代の様々な人々の
性文化を知ることができます。
その話の中でも共通しているのが性にたいして大っぴらってところかな。
なんと、当時は処女をありがたがる文化がなかったらしく
婚前交渉で複数の男性と関係してもOKだったとかっ!!
とにかく知らない事だらけなので非常に興味深く面白かったです。
絵柄が万人に受け入れられるようなかわいいかんじなので、
歴史物が苦手な人も全然苦にならないんじゃないかなぁ。
性描写は、肝心なところは消してあるのでエロくなかったです。
点数=8点(次巻の発売が待ち遠しい!)
浮世艶草紙 (1)
八月 薫 篁 千夏
4845835878
リイド社 2007-05-24
おすすめ平均 star


■キエナイ、オモイ。/吉岡李々子
作者初コミックス。短編集です。
《収録話》
「キエナイ、オモイ。」「ボクラノ、キモチ。」
「キミヲ、マッテル。」「ハツコイノ、ユクエ。」
好きになった人は親友の好きな人。
交際禁止の野球部で内緒で付き合っている2人。
などの話が描いてあります。
キエナイ~とボクラノ~は、話の作り方が稚拙で
主人公の気持ちの描き方が下手なかんじがありました。
逆に、キミヲ~とハツコイノ~は、どっちも良かったデスヨ!
特にハツコイノ~の方が私は好きです。
主人公の女の子は、仲の良い男の子がいるんだけど男として見てなくて
ヒドイ事を平気で言ってたんだけど、その男の子が自分以外の女の子と
仲良くしているのを見てから、だんだん自分の気持ちに気づいて、
最後は自分から告白するっていう割とありがちなストーリーなんですが、
最後2人の距離がぐっと近づくシーンがあってなかなか良いなと思いました!
点数=5点(悪くはないです)
キエナイ、オモイ。
吉岡 李々子
4063415139
講談社 2007-02-13
■バス走る。/佐原ミズ
◇バス走る。
「空曲がり停留所」
「さくら町停留所」
「忘れ名ヶ岡停留所」
「天気読み」
「ダドレアの路」(オールカラー)
◇ナナイロセカイ
「めがね泥棒」
「オトナの制服」
以上7作品収録。

このコミックスは、「バス走る。」(バスをテーマにした純愛オムニバス漫画)と、
「ナナイロセカイ」(1本の漫画を7つのパートに分けて描いた漫画)に分かれています。

「バス走る。」では、願いを叶える空の飛行機。桜の季節に交わした約束。
伝えられなかったひと言…。などの話が収録されていて、
どれも爽やかな話で佐原ミズさんの漫画らしく透明感があります。
透明感っていうのは中身がないっていう意味ではなく、
中身はしっかり描かれているんだけど透きとおってるかんじ。
「ダドレアの路」だけ絵本風になっていてこれだけファンタジーなんですが、
個人的にはこれが一番気になったかも。話に毒があって好きだな。

「ナナイロセカイ」では、「めがね泥棒」はポップでノリの良い話。
とても面白かったのでぜひ続きを描いて欲しい!!!
話もキャラもトーンの貼り方も明るいかんじで可愛いです。
この作品が好きな人は多そう。
特に、黒髪メガネ男子フェチの人は要チェックです。(笑)
「オトナの制服」はこの単行本の中で一番シリアスな雰囲気。
幼馴染の中学生の男女が主人公で、友達から異性へと
意識し始める思春期を描いています。
読んでるとこそばゆい感覚になりました。でも分かる気がする。

個人的に、オムニバス漫画や読みきり漫画が好きな形式であるのと、
佐原ミズさんのイラストがめちゃめちゃツボなのですごい満足出来ました。
価格が1200円と少し高いんですが、それ相応の価値は得られました(●´ω`●)
すごく良い漫画ばかりなので、いろんな人に読んで欲しいと思います。

以上、「バス走る。」の感想終わり!!

点数=9点(話・絵すべてがツボ)

バス走る。
佐原 ミズ
4107713369
新潮社 2007-06-08
おすすめ平均 star
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。